梅津富浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梅津 富浩(うめつ とみひろ、1968年2月2日 - )は、長崎県出身の日本の陸上競技選手。専門は長距離種目長崎県立国見高等学校日本大学長崎県立諫早農業高等学校愛知製鋼、現在創成館高等学校の教員で陸上部監督。身長179cm体重60kg。血液型O型。

略歴・人物[編集]

日本大学時代は東京箱根間往復大学駅伝競走大会に1年(1989年)から4年(1992年)まで4年連続出場した。1年時3区(21.4km)、2年時7区(21.3km)、3年時3区(21.4km)、4年時1区(21.3km)にエントリーされ、2年時と4年時は準優勝に貢献した。また出雲全日本大学選抜駅伝競走に第1回大会で優勝し、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で初優勝した。卒業後は地元の長崎県立諫早農業高等学校で保健体育の教員に採用され陸上競技を続けた。教員3年目に日本陸上競技選手権大会の1500mで第2位に入賞した。翌年(1989年)に愛知製鋼へ入社し、第80回日本陸上競技選手権大会の1500m で優勝した。その他、世界クロスカントリー選手権アジア選手権の日本代表に選出された。

主な戦績[編集]

記録[編集]

自己ベスト

脚注[編集]