村上康則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村上 康則 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 中距離走長距離走
所属 富士通陸上競技部2006年-2016年3月)
大学 順天堂大学
生年月日 (1983-12-30) 1983年12月30日(34歳)
出身地 福島県
身長 178cm
体重 64kg
引退 2016年3月
自己ベスト
1500m 3分38秒9 (日本歴代6位)
3000m 7分58秒28
5000m 13分44秒30
10000m 29分08秒3
ハーフマラソン 1時間03分54秒
マラソン 2時間19分30秒
 
獲得メダル
男子 陸上競技
日本の旗 日本
東アジア競技大会
2009 香港 1500m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

村上 康則(むらかみ やすのり、1983年12月30日 - )は、日本陸上競技選手。長距離種目専門。福島県いわき市出身。順天堂大学卒業、元富士通陸上競技部所属、身長 178cm、体重 64kg [1][2]

1500m で、2005年アジア選手権4位、2009年東アジア競技大会金メダル2010年日本選手権優勝等で活躍、日本歴代6位の記録を残した。また、2006年箱根駅伝順天堂大学往路優勝時の4区区間賞など駅伝でも活躍。2016年3月、現役引退。

経歴[編集]

1983年12月30日生まれ、福島県出身。中学校1年生の時、バスケットボール部に所属していたが、その足の速さと持久力の才能に目をつけた陸上競技部の先生から駅伝に誘われ、当時福島県でトップだった選手に迫る好記録を残し、その後3年間に県大会2位、東北大会にも出場した。3年生の時、陸上競技部の友達から駅伝の強豪校である田村高等学校に誘われた。厳しい練習をこなしながら、徐々に長距離ランナーとして力をつけ、高校1年生時には平凡だった記録も、2年生のには部内でも上位の選手となる。この頃、周囲から勧められ中距離にも挑戦。練習でも短い距離のほうが得意だったため、3年生の先から 5000m1500m も走るようになりインターハイ 1500m 入賞の成績を残したが駅伝も続け、「箱根駅伝を走りたい」と順天堂大学へ進学した。[2][3]

箱根駅伝には4年連続出場[3]2006年1月、4年生時の第82回箱根駅伝では、この年から距離が短縮され唯一20kmを下回る区間となった4区を走り区間賞を獲得。4区短縮の背景には「中距離で活躍する選手にも箱根に出場する機会を与えたい」という関東学連の意向があり、村上の区間賞獲得はその意向に沿う形となった[4]。タスキをつないだ5区の今井正人の快走もあり、この年順天堂大学は往路優勝をした。

駅伝のために当初は 5000m や 10000m に出場していたが、大学2年生の時たまたま出た順天堂大学記録会の 1500m では、関東インカレの標準記録を切り[3]、3・4年生時には日本インカレ 1500m を制した。4年生の時に日本選手権に初出場し2位、富士通陸上競技部所属1年目の日本選手権でも2位と日本一も時間の問題と思われていたものの、2年目は怪我のために痛み止めを打って無理やり走る状態だった。2009年の日本選手権は、世界選手権出場がかかっていたが、気負い過ぎて練習をやり過ぎてしまい調整に失敗して5位に終わった。こうした失敗を教訓に調整に注意し、2009年12月、東アジア競技大会で、上野裕一郎エスビー食品)に勝ち優勝したことを自信に、1年間は駅伝も走らず翌年の日本選手権に集中した。[3]

2010年6月、第94回日本陸上競技選手権大会 1500m 決勝は、上野の他、小林史和(NTN)、井野洋(富士通)らと争い優勝した。日本トップクラスの中距離ランナーとして日本選手権に出場し続けた6年間にわたるチャレンジの末に勝ち取った悲願の初優勝だった。[3] その結果から広州アジア大会に 1500m 日本代表として出場した。

2016年3月末、現役を引退。引き続き富士通に勤務。[5]

2017年9月、福島市で開催されたジャパンパラ陸上競技大会で、視覚障害和田伸也が予定していたガイドランナーの故障により、急遽、村上が代役の依頼を受け 800m と 1500m に伴走者として出場。 800m で和田はクラス T11 のアジア記録・日本記録を更新した[6]

選手としての特徴[編集]

2006年の日本選手権 1500m 決勝を分析した門野洋介(当時:筑波大学大学院人間総合科学研究科)他の研究報告によると、ピッチ走法である村上のこの時のピッチは、「最大で 0~100m 区間の 3.70 steps/s 、次いで 1300~1400m 区間の 3.61 steps/s 」。またこの時優勝した小林史和との比較で、次のように報告されている。「800~900m 区間において、村上選手はストライドを増大させることで走スピードを増大し、一方小林選手はピッチを増大させることで村上選手の走スピード増大に対応していた。走スピードの増大に対して、村上選手はストライドの増大で、一方小林選手はピッチの増大で対応していた。」、「両選手のストライドとピッチを比較すると、小林選手は村上選手に比べてストライドが大きく、一方村上選手は小林選手に比べてピッチが大きい。」。[7]

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 大会 備考
1500m 3分38秒9 2008年7月26日 第17回 Putbos Memorial Léon Buyle Meeting 日本歴代6位[1][2]
3000m 7分58秒28 [2]
5000m 13分44秒30 2012年5月 第23回ゴールデンゲームズ in のべおか [1][2]
10000m
ハーフマラソン
マラソン 2時間19分30秒 2015年 長井マラソン

主な成績[編集]

国際大会[編集]

年月 大会 開催地 種目 順位 記録 備考
2005年8月 第23回ユニバーシアード競技大会 トルコイズミル 1500m 予選 3分46秒27 [8]
5000m 18位 14分41秒48 [8]
2005年9月 第16回アジア陸上競技選手権大会 韓国仁川 1500m 4位 3分46秒80 [9]
2008年7月 第17回 Putbos Memorial Léon Buyle Meeting ベルギー・オーデゲム 1500m 3分38秒9 PB 日本歴代6位 [2][10]
2009年12月 第5回東アジア競技大会 中国香港 1500m 1位 3分46秒24 GR [11]
2010年11月 第16回アジア競技大会 中国広州市 1500m 予選 3分46秒72 [12]
9位 3分46秒14 [12]
GR 大会記録 | PB 自己ベスト

国内大会[編集]

トラック[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2004 関東インカレ 1部 1500m 1位 3分49秒52
2004 日本インカレ 1500m 1位 3分44秒74
2005 日本選手権 1500m 2位 3分40秒59
2005 日本インカレ 1500m 1位 3分44秒08
2006 日本選手権 1500m 2位 3分42秒37
2007 日本選手権 1500m 12位 [1]
2008 織田記念国際 1500m 2位 3分46秒57 [13]
2008 日本選手権 1500m 3位 3分50秒22
2009 織田記念国際 1500m
2009 日本選手権 1500m 5位 [1]
2010 日本選手権 1500m 1位 3分45秒76
2011 日本選手権 1500m 8位 3分49秒89 [14]
2012 ゴールデンゲームズ in のべおか 5000m 13分44秒30 PB [1][2]
2012 日本選手権 1500m 欠場 [15]
2013 兵庫リレーカーニバル 1500m 6位 3分51秒44 [16]
2013 日本選手権 5000m 12位 14分01秒77 [17]
2014 日本選手権 5000m 22位 14分00秒32 [18]
PB 自己ベスト

マラソン[編集]

大会 順位 記録 備考
2015 びわ湖毎日マラソン 127位 2時間33分43秒 [19]
2015 長井マラソン 1位 2時間19分30秒 [20]
PB 自己ベスト

その他[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2012 千葉国際クロスカントリー大会 一般4km 1位 11分54秒 [21]
PB 自己ベスト

駅伝[編集]

大会 チーム 区間 距離 区間順位 記録 備考
2001 全国男子駅伝 福島県 5区 15位 25分51秒 [22]
2002 全国男子駅伝 福島県 1区 18位 20分36秒 [22]
2003 箱根駅伝 順天堂大学 1区 19位 1時間05分26秒 [23]
2004 箱根駅伝 順天堂大学 1区 18位 1時間05分38秒 [24]
2004 出雲駅伝 順天堂大学 2区 5.8km 区間賞 16分35秒 [25]
2004 全日本大学駅伝 順天堂大学 2区 13.2km 11位 [26]
2005 箱根駅伝 順天堂大学 1区 5位 1時間03分19秒 [27]
2005 出雲駅伝 順天堂大学 2区 8位 17分10秒 [28]
2006 箱根駅伝 順天堂大学 4区 区間賞 55分20秒 往路優勝[29][30]
2013 全国男子駅伝 千葉県 3区 8.5km 31位 24分46秒 [22]
2014 ふくしま駅伝 いわき市 4区 7.3km 区間賞 21分12秒 区間新 総合優勝[31]
2015 ニューイヤー駅伝 富士通 6区 12.5km 3位 38分08秒 [32]
2017 ふくしま駅伝 いわき市 4区 7.3km 区間賞 総合優勝[33]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 村上 康則”. 日本陸上競技連盟 (2016年2月4日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 村上 康則”. 陸上競技部:富士通 選手・スタッフ紹介. 富士通 (2016年). 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e FIELD EYE vol.3 村上 康則「悲願の日本一へ。そして、大いなる自身へ」”. 陸上競技部. 富士通 (2010年). 2017年12月14日閲覧。
  4. ^ [1]箱根駅伝公式Webサイト
  5. ^ 陸上競技部 平成28年度新加入選手のお知らせ 2015年度引退選手のお知らせ”. 富士通 (2016年4月1日). 2017年11月30日閲覧。
  6. ^ 河原レイカ (2017年10月4日). “【2017ジャパンパラ陸上競技大会】2日前に出会った二人で、アジア新記録”. パラスポ!. 2017年11月30日閲覧。
  7. ^ 門野洋介『2006 年度国内主要競技会における中距離走種目のレース分析』(2007年)
  8. ^ a b 日本選手団 成績一覧(競技別) 陸上競技”. 第23回ユニバーシアード競技大会(2005/イズミル). 日本オリンピック委員会 (2005年). 2017年12月17日閲覧。
  9. ^ Asian Athletics Championship 2005 (PDF)” (英語). アジア陸上競技連盟. p. 1 (2005年). 2017年12月17日閲覧。
  10. ^ 17de Memorial Buyle L - 26 juli 2008 - Oordegem (PDF)” (英語). Putbos Memorial Léon Buyle Meeting. Vlierzele Sportief. p. 11 (2008年). 2017年12月17日閲覧。
  11. ^ 日本代表選手団 成績一覧 (PDF)”. 第5回東アジア競技大会(2009/香港). 日本オリンピック委員会. p. 1 (2009年). 2017年12月17日閲覧。
  12. ^ a b 日本選手団 結果・記録 陸上競技”. 第16回アジア競技大会(2010/広州). 日本オリンピック委員会 (2010年). 2017年12月16日閲覧。
  13. ^ 第42回織田幹雄記念国際陸上競技大会 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. p. 1 (2008年). 2017年12月24日閲覧。
  14. ^ 決勝一覧表 (PDF)”. 第95回日本陸上競技選手権大会. 日本陸上競技連盟. p. 1 (2011年). 2017年12月25日閲覧。
  15. ^ 男子 1500m 予選2組”. 第96回日本陸上競技選手権大会. 日本陸上競技連盟 (2012年). 2017年12月25日閲覧。
  16. ^ 第61回 兵庫リレーカーニバル (PDF)”. 日本陸上競技連盟. p. 1 (2013年). 2017年12月25日閲覧。
  17. ^ 男子 5000m 決勝”. 第97回 日本陸上競技選手権大会. 日本陸上競技連盟 (2013年). 2017年12月24日閲覧。
  18. ^ 男子 5000m 決勝”. 第98回 日本陸上競技選手権大会. 日本陸上競技連盟 (2014年). 2017年12月24日閲覧。
  19. ^ 記録表 (PDF)”. 第70回びわ湖毎日マラソン大会. 日本陸上競技連盟. p. 6 (2015年3月). 2017年12月26日閲覧。
  20. ^ 第29回 長井マラソン大会 区分別結果 (PDF)”. 長井市. p. 1 (2015年). 2017年12月26日閲覧。
  21. ^ 一般男子4km (PDF)”. 第47回千葉国際クロスカントリー大会. 日本陸上競技連盟. p. 1 (2012年2月13日). 2017年12月24日閲覧。
  22. ^ a b c 村上康則”. 選手別データ 大会記録. 天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会事務局 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  23. ^ 順天堂大学”. 大学別選手一覧 第79回大会 2003年(平成15年). 関東学生陸上競技連盟 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  24. ^ 順天堂大学”. 大学別選手一覧 第80回大会 2004年(平成16年). 関東学生陸上競技連盟 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  25. ^ 総合結果”. 第16回出雲全日本大学選抜駅伝競走. 出雲市 (2004年). 2017年12月20日閲覧。
  26. ^ 全日本大学駅伝総合5位!”. 順天堂大学スポーツ健康科学部 (2004年). 2017年12月20日閲覧。
  27. ^ 順天堂大学”. 大学別選手一覧 第81回大会 2005年(平成17年). 関東学生陸上競技連盟 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  28. ^ 総合結果”. 第17回出雲全日本大学選抜駅伝競走. 出雲市 (2005年). 2017年12月20日閲覧。
  29. ^ 順天堂大学”. 大学別選手一覧 第82回大会 2006年(平成18年). 関東学生陸上競技連盟 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  30. ^ 箱根駅伝歴代優勝校”. 箱根駅伝公式Webサイト. 関東学生陸上競技連盟 (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  31. ^ 第26回市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会 記録一覧 (PDF)”. 福島陸上競技協会 (2014年11月). 2017年12月18日閲覧。
  32. ^ 第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会 記録集 (PDF)”. 福島陸上競技協会 (2015年1月). 2017年12月18日閲覧。
  33. ^ ふくしま駅伝 2017”. 福島民報. 福島民報社 (2017年11月). 2017年12月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]