ピッチ走法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピッチ走法(ピッチそうほう)とは、身長や速度と比較して小さい歩幅で[1]脚の回転を速くする走法

足の着地時の足首付近にかかる衝撃がストライド走法よりも小さい走法であり、日本では、短身で脚の短い選手にも身体的負担が少なく[2]、ピッチを多く刻むことによりストライド走法よりもスピードが出る走法とされ[要出典][3]、この走法が主流になっている[要出典][4]。厳格にストライド走法と区別の出来ない選手も多い。

なお、競馬の世界においても、歩幅が狭く足の回転の速い走りをする馬についてピッチ走法であると言われる。一般には、ピッチ走法の馬はダートコース・小回りコース・短距離に強いと言われる。

ピッチ走法を使う選手[編集]

ピッチ走法の競走馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小野勝次『陸上競技の技術』講談社、1973年、81頁。ISBN 4-06-123640-7
  2. ^ 実際には、ストライド走法もピッチ走法も負荷のかかる部位に違いがあるだけで、身体的負担が大きくなると、走法に係わらず同じく故障するので、一概には言えない[要出典]
  3. ^ 実際には、日本と同じ華奢な体格で世界記録を出しているアフリカの強豪選手はストライド走法で走っている選手が多いため、一概には言えない[要出典]
  4. ^ 日本のピッチ走法優位説は俗説であり、選手の走法を無理やりピッチ走法に変えさせるのは必ずしも正解ではない[要出典]例えば昔、宗茂宗猛の双子マラソン選手がいたが、兄の宗茂がストライド走法、弟の宗猛がピッチ走法で走っていた。マラソン自己ベストタイムは、宗茂が2時間09分05秒6、宗猛が2時間08分55秒と、若干ながら弟の宗猛の方が速かったが、兄弟揃って出走したフルマラソン22回のうち、兄弟で先着した数は、宗茂が12回、宗猛が10回で兄の宗茂が先着数では上回っている。[独自研究?]また、兄弟で1・2位を占めたマラソンは4回あり、そのいずれも1位は兄の宗茂となっている。宗兄弟の例にもれず、ピッチ走法のストライド走法に対しての完全なる優位性は現在でも認められていない。走法は選手の個性であり、ベライン・デンシモのように個性的な走法でも世界記録を出す例もある。指導者は、選手の走法に必要以上に拘らず、選手個々の長所を伸ばし、短所を補い、走力を高めることが望ましいと言える[要出典]

関連項目[編集]