和田伸也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
和田伸也
2017 London Marathon - Shinya Wada (2).jpg
ガイドランナーと走る和田伸也選手(左)
個人情報
生誕 (1977-07-09) 1977年7月9日(40歳)
大阪府寝屋川市
身長 176cm
体重 62kg2017年
スポーツ
競技 パラ陸上競技男子
障害 視覚障害
障害クラス T11
種目 1500m T11
5000m T11
マラソン T11
クラブ 賀茂川パートナーズ
成績・タイトル
パラリンピック
決勝
2012年ロンドン
5000m T11 –
マラソン T11/12 – 5位
2016年リオ
1500m T11 – 6位
5000m T11 – 6位
マラソン T11/12 – 5位
自己ベスト 800m:2分07秒12
2017年、T11 NR
1500m:4分15秒62
2016年、T11 NR
5000m:15分50秒87
2015年、T11 NR
10000m:34分21秒89
2011年、T11 NR
マラソン:2時間32分11秒
(2016年、T11 NR

和田 伸也(わだ しんや、1977年7月9日 - )は、視覚障害陸上競技マラソン選手。 IPC 陸上競技クラス T11 [注 1]大阪府出身、賀茂川パートナーズ所属、身長 176cm体重 62kg [1][2]

2012年ロンドン・パラリンピック5000m銅メダルを獲得。2013年IPC 陸上競技世界選手権大会マラソン銀メダル2014年アジアパラ競技大会 800m1500m 、 5000m 金メダルの三冠、2017年、世界パラ陸上競技マラソン・ワールド・カップ金メダル等で活躍。クラス T11 の 800m 、 5000m 、 10000m 、マラソンのアジア記録、日本記録を樹立、 1500m の日本記録を樹立した。全盲ランナーとしては日本で初めて健常者のエリートマラソンに出場。自己ベスト2時間32分11秒は T11 の世界記録にあと12秒と迫った。

経歴[編集]

1977年7月9日大阪府寝屋川市に生まれる。小学校3年生まで堺市で育ち、松原市に転居した。幼い頃から視力が少し低く必要に応じてメガネを使用していたが、スポーツが好きで「野球は無理でも、少し大きめのボールなら」と中学校ラグビーを始めた。生野高等学校ラグビー部に所属したものの、視覚の衰えが徐々に日常生活や運動に支障をきたし、2年生の時に網膜色素変性症と診断されラグビー部を退部。関西大学入学後、学業だけは続けたいと点字白杖歩行の訓練を受けた。大学3年生の頃には視力がゼロとなったが、習得した点字での読み書きで2002年3月、関西大学大学院社会学研究科博士前期課程を修了した。専門学校での点字の非常勤講師や、大阪市内の障害者自立生活センターでピアカウンセラーとしての勤務を経て、2004年12月、大阪府視覚障害者福祉協会に就職、2005年1月、点字図書館に配属され点字製作の担当になった。[3][4][5]

2006年3月、10年以上スポーツから遠ざかっていたため、運動不足の解消にと知人の紹介で京都視覚障害者のランニング・クラブ賀茂川パートナーズの練習会に参加した。ランニングの楽しさから、やがて大阪の長居わーわーずの練習にも参加。練習を重ねるごとに走る距離や時間を伸ばしていった。2007年、全日本盲人マラソン選手権の福知山マラソンで初のフルマラソン完走。2008年、2度目のフルマラソンとなる同じ福知山マラソンで3時間切りをするサブスリーを達成し、日本盲人マラソン協会(現:日本ブラインドマラソン協会[注 2])の2009年度の強化指定選手に選ばれた。[5][6][7]

2010年秋、腓骨疲労骨折で故障があったが、12月には回復し、初出場の国際大会であるアジアパラ競技大会 5000m で4位に入賞した。2011年1月、IPC 陸上競技世界選手権大会マラソンを自己ベストで銅メダルを獲得。2012年ロンドン・パラリンピック 5000m では、直前までの自己ベスト16分10秒26の記録を15秒縮め、アジア新記録の15分55秒26で銅メダルを獲得した。2013年、 IPC 陸上競技世界選手権大会マラソン銀メダル2014年韓国仁川で行われたアジアパラ競技大会では 800m1500m 、 5000m の出場全種目金メダルを獲得し三冠を達成した。[7][8][9]

2016年9月、リオ・パラリンピックでは 1500m で自身の持つ日本記録を予選と決勝で更新し6位、 5000m で6位、マラソンで5位と3種目全てで入賞。12月、クラス T11 の全盲ランナーとしては日本で初めて健常者のエリートマラソンである福岡国際マラソン選手権大会に出場。自己ベスト2時間32分11秒で日本記録を更新、世界記録にあと12秒と迫った。2017年4月、ロンドン・マラソン共催世界パラ陸上競技マラソン・ワールド・カップでは、マラソンの国際大会では自身初となる金メダルを獲得した。7月、世界パラ陸上競技選手権大会の 5000m で銅メダルを獲得した。[10][11][12][13][14]

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 大会 備考
800m T11 2分07秒12 2017年9月24日 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 アジア記録 日本記録 [15][16]
1500m T11 4分15秒62 2016年9月13日 リオパラリンピック 日本記録 [16][17]
5000m T11 15分50秒87 2015年12月6日 2015年度第9回京都陸協記録会 日本記録 [16][17]
10000m T11 34分21秒89 2011年1月23日 2011 IPC 陸上競技世界選手権大会 アジア記録 日本記録 [16][17]
10km 33分08秒 2017年3月5日 第39回千葉県民マラソン [18]
ハーフマラソン 1時間11分37秒 2017年1月29日 2017 大阪ハーフマラソン [19][20]
マラソン T11 2時間32分11秒 2016年12月4日 第70回福岡国際マラソン選手権大会 日本記録 [17]
太字は2017年9月25日現在保持する記録

選手としての特徴[編集]

2010年からパートナーを組んでいる中田崇志は、高橋勇市2004年アテネ・パラリンピックマラソン金メダルを獲得した時にも貢献したガイドランナーで、次のように述べている。「初めて和田さんと会った日に、短いダッシュをしてもらいました。そのとき、彼なら5000メートルに出場すればメダルを獲れるかもしれないと思い、ひとり興奮しました。和田さん本人は、ジョギングから始めたランナーで、その時点ではトラックを走ったことはほとんどありません。自身はマラソンで活躍してお世話になった人々に恩返しがしたい、という思いを強く持っていました。それを理解したうえで 『5000メートルに強い適性があります。マラソンは弱視との勝負になりますが、5000メートルは全盲のみです。メダルを獲得するために5000メートルで勝負したいです』と私は提案しました。」また、それぞれの伴走ロープの違いについて次のように述べている。「ランナーによって特徴があって、高橋さんの場合は、転倒の危険を避けることを重視するため選手と伴走者のの甲がくっつくほどに短いロープを使っています。逆にスプリント能力が高い和田さんの場合は、ダッシュを妨げることがないように練習時から長めのものを使っています。」関東関西に離れている二人は、「会うのは月に1回か2回、年間で15回くらいでしょうか。しかし和田さんとはGPSウォッチを活用し、ふだんの練習状況をアプリで共有しています。練習時の天候気温風向き、コース状況、ランニングのスピードやピッチ、上下動、心拍数、左右ののバランスなど全てが記録されたデータが送信されてきますから、生で練習を見ている以上の状況把握が可能になっています。」と述べている。[21]

写真[編集]

主な成績[編集]

国際大会[編集]

年月 大会 開催地 結果 種目 記録 ガイド 備考
2010年12月 2010 アジアパラ競技大会 中国広州市 4位 5000m T12 17分18秒18 木村悟/土田政志 [17][22]
10000m T12 39分56秒94 角正真之/木之下仁 NM 種目[17][22]
2011年1月 2011 IPC 陸上競技世界選手権大会 ニュージーランドクライストチャーチ 4位 10000m T11 34分21秒89 中田崇志 AR NR [16][17][23][24]
3位 マラソン T11 2時間43分26秒 二見隆亮/中田崇志 [17][23][24]
2012年8月・9月 第14回パラリンピック イギリスロンドン 予選 1500m T11 4分18秒71 中田崇志 NR [16][17][25][26]
3位 5000m T11 15分55秒26 中田崇志 AR NR [7][17][25][26]
5位 マラソン T11/12 2時間40分08秒 志田淳/中田崇志 [17][25][26]
2013年7月 2013 IPC 陸上競技世界選手権大会 フランスリヨン 予選 1500m T11 DNF [27]
4位 5000m T11 16分20秒91 [27]
2位 マラソン T11 2時間45分34秒 志田淳/中田崇志 [17][27]
2014年10月 2014 アジアパラ競技大会 韓国仁川 1位 800m T11 2分08秒97 今木一充 GR [9][28]
1位 1500m T11 4分20秒45 今木一充 [9][29]
1位 5000m T11 16分20秒48 今木一充 GR [9][30]
2015年5月 第5回 IBSA 世界競技大会 韓国ソウル 予選 1500m T11 4分42秒78 [31]
2位 5000m T11 16分18秒21 中田崇志 [17]
2015年10月 2015 IPC 陸上競技世界選手権大会 カタールドーハ 3位 5000m T11 16分31秒04 中田崇志 [32]
2016年9月 第15回パラリンピック ブラジルリオデジャネイロ 予選 1500m T11 4分16秒12 中田崇志 NR [33][34]
6位 1500m T11 4分15秒62 中田崇志 NR [33][35][36]
6位 5000m T11 16分02秒97 中田崇志 [33][37][38]
5位 マラソン T11/12 2時間39分52秒 行場竹彦/中田崇志 [33][39][40]
2017年4月 2017 ロンドン・マラソン共催
世界パラ陸上競技マラソン・ワールド・カップ
イギリス・ロンドン 1位 マラソン T11/12 2時間34分59秒 [41][42]
2017年7月 2017 世界パラ陸上競技選手権大会 イギリス・ロンドン 予選 1500m T11 4分22秒12 箕輪廣太朗 [43][44]
3位 5000m T11 15分54秒29 箕輪廣太朗 [43][45]
2018年4月 2018 ロンドン・マラソン共催
世界パラ陸上競技マラソン・ワールド・カップ
イギリス・ロンドン 5位 マラソン T11/12 2時間42分18秒 中田崇志/村上康則 [46][47]
AR エリア(アジア)記録 | GR 大会記録 | NR 日本記録

国内大会[編集]

トラック[編集]

年月日 大会 開催地 結果 種目 記録 ガイド 備考
2011年7月9日・10日 第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪府堺市 1位 1500m T11 4分27秒69 NR GR [48]
1位 5000m T11 16分52秒15 二見隆亮/西原由高 GR [49]
2011年9月24日・25日 2011 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 大分市 1位 1500m T11 4分27秒18 NR GR [50]
1位 10000m T11 35分01秒79 GR [50]
2011年10月10日 第16回関東身体障害者陸上競技選手権大会 埼玉県上尾市 1位 5000m T11 16分10秒26 NR GR [51]
2012年6月2日・3日 2012 ジャパンパラ陸上競技大会
兼第23回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪市 1位 1500m T11 4分19秒94 NR GR [52]
1位 5000m T11 16分12秒72 GR [52]
2013年4月13日 平成25年度第2回大阪陸上競技記録会 大阪市 43位 5000m 一般・高校 15分51秒94 [53] T11 NR [17][54]
2013年6月8日・9日 第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪市 1位 800m T11 2分11秒05 NR GR [55][56]
1位 1500m T11 4分22秒11 [55]
2013年9月7日・8日 2013 ジャパンパラ陸上競技大会 山口市 1位 800m T11 2分11秒03 NR GR [57]
1位 10000m T11 34分42秒02 GR [57][58]
2014年6月7日・8日 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪市 1位 1500m T11 4分23秒10 今木一充 [59]
1位 5000m T11 16分33秒93 今木一充 [59]
2014年9月6日・7日 2014 ジャパンパラ陸上競技大会 山口市 1位 800m T11 2分08秒27 中田崇志 NR GR [58]
1位 1500m T11 4分22秒43 中田崇志 [58]
2015年7月4日・5日 第20回関東身体障害者陸上競技選手権大会 東京都町田市 1位 1500m T11 4分20秒85 中田崇志 GR [60]
2015年7月18日・19日 第26回日本パラ陸上競技選手権大会 大阪市 1位 1500m T11 4分21秒70 太西浩之 [56]
2015年12月6日 2015年度第9回京都陸協記録会 京都市 5000m 15分50秒87 今木一充 T11 NR [17]
2016年4月30日・5月1日 第27回日本パラ陸上競技選手権大会 鳥取市 失格 1500m T11 DQ 行場竹彦 [61][62]
1位 5000m T11 16分07秒07 GR [63]
2016年6月4日・5日 2016 ジャパンパラ陸上競技大会 新潟市 1位 1500m T11 4分23秒31 中田崇志 [64]
2017年6月10日・11日 第28回日本パラ陸上競技選手権大会 東京都 1位 1500m T11 4分18秒31 中田崇志 GR [65]
2017年9月23日・24日 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 福島市 1位 800m T11 2分07秒12 村上康則 AR NR GR [15]
1位 1500m T11 4分19秒60 村上康則 GR [15]
AR エリア(アジア)記録 | GR 大会記録 | NR 日本記録

マラソン[編集]

年月 大会 開催地 部門 結果 記録 ガイド 備考
2007年11月23日 第17回福知山マラソン
第8回全日本盲人マラソン選手権
京都府福知山市 視覚障害者 8位 3時間7分21秒 [66]
2008年11月23日 第18回福知山マラソン
第9回全日本盲人マラソン選手権
京都府福知山市 視覚障害者 4位 2時間56分55秒 二見隆亮/菊地貴優 [67][68]
2010年4月18日 第20回かすみがうらマラソン
兼第16回国際盲人マラソンかすみがうら大会
茨城県土浦市かすみがうら市 B1 1位 2時間44分00秒 [69]
2011年11月23日 第21回福知山マラソン
第12回全日本盲人マラソン選手権
京都府福知山市 T11 1位 2時間38分59秒 中田崇志/志田淳 総合17位 [70]
2012年11月23日 第22回福知山マラソン
第13回全日本盲人マラソン選手権
京都府福知山市 T11 39歳以下 1位 2時間36分32秒 二見隆亮/志田淳 NR [17][71]
2013年12月8日 第27回青島太平洋マラソン
第22回視覚障害者マラソン宮崎大会
宮崎市 B2 1位 2時間58分56秒 総合139位 [72]
2014年12月21日 第45回防府読売マラソン大会 山口県防府市 一般 48位 2時間35分39秒 中田崇志/行場竹彦 T11 NR [17][73]
2016年2月7日 第65回別府大分毎日マラソン大会
兼2016年リオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害者マラソン代表選手最終選考会
大分県大分市別府市 視覚障害者 2位 2時間33分46秒 行場竹彦/中田崇志 T11 NR [17][74]
2016年12月4日 第70回福岡国際マラソン選手権大会 福岡市 日本陸連登録 129位 2時間32分11秒 行場竹彦/今木一充 T11 NR [17][75]
2017年12月3日 第71回福岡国際マラソン選手権大会 福岡市 日本陸連登録 DNS [76]
2018年2月4日 第67回別府大分毎日マラソン大会
兼第18回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会
大分県大分市・別府市 視覚障害者 3位 2時間35分12秒 今木一充/衣斐俊彦 T11 AR [77][78][79][80]
AR エリア(アジア)記録 | GR 大会記録 | NR 日本記録

30km[編集]

年月 大会 開催地 結果 クラス 記録 ガイド 備考
2014年11月30日 大阪ロードレース 大阪市 4位 一般 1時間48分52秒 今木 [81][82]

ハーフマラソン[編集]

年月 大会 開催地 部門 結果 記録 ガイド 備考
2006年11月5日 第10回大阪・淀川市民マラソン 大阪府 1時間35分52秒 [83][84]
2010年1月31日 2010 大阪ハーフマラソン 大阪市 日本陸連登録 55位 1時間18分35秒 [85]
2012年7月1日 第55回札幌国際ハーフマラソン大会 札幌市 134位 1時間14分29秒 [86]
2015年1月25日 2015 大阪ハーフマラソン 大阪市 日本陸連登録 61位 1時間14分43秒 宮本 [82][87]
2017年1月29日 2017 大阪ハーフマラソン 大阪市 日本陸連登録 62位 1時間11分37秒 [19]
2018年1月28日 2018 大阪ハーフマラソン 大阪市 日本陸連登録 296位 1時間17分33秒 [88]

10マイル[編集]

年月 大会 開催地 部門 結果 記録 ガイド 備考
2014年4月20日 第24回かすみがうらマラソン
兼第20回国際盲人マラソンかすみがうら大会
茨城県土浦市かすみがうら市 1位 56分16秒

10km[編集]

年月日 大会 開催地 部門 結果 記録 ガイド 備考
2007年1月8日 第30回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 40分47秒 GR [89]
2008年1月14日 第31回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 38分02秒 GR [90]
2008年3月2日 第25回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 37分25秒 GR [91]
2009年1月12日 第32回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 39分56秒 [92]
2009年3月1日 第26回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 36分08秒 GR [93]
2010年1月11日 第33回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 38分02秒 =GR [94]
2010年3月7日 第27回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 38分17秒 小山陽平 [95]
2011年1月10日 第34回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 35分59秒 GR [96]
2011年3月6日 第28回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 35分40秒 山本伸弘 GR [97]
2012年1月9日 第35回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 34分34秒 GR [98]
2012年3月4日 第29回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 34分49秒 久保佑介 [99]
2012年12月9日 第30回 JBMA 神宮外苑ロードレース 東京都 39歳以下伴走要 1位 34分50秒 志田淳 [71]
2013年1月14日 第36回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 34分28秒 GR [100]
2013年3月3日 第30回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 34分27秒 GR [101]
2014年1月13日 第37回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 34分24秒 [102]
2014年3月2日 第31回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 34分45秒 [103]
2015年1月12日 第38回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 大阪府枚方市 視覚障害者 1位 34分23秒 今木 GR [82][104]
2015年2月8日 第32回視覚障害者京都マラソン大会 京都市 全盲 1位 34分44秒 片渕恵太 [105]
2015年3月1日 第37回千葉県民マラソン 千葉県富津市 33分33秒 [5]
2017年3月5日 第39回千葉県民マラソン 千葉県富津市 JBMA 所属 2位 33分08秒 福光 [18][106]
GR 大会記録

受賞[編集]

出演[編集]

イベント[編集]

テレビ番組[編集]

コマーシャル[編集]

その他[編集]

浅生鴨小説『伴走者』(講談社2018年)の単行本表紙カバーのデザインに和田とガイドランナーの中田崇志の伴走ロープでつながれた手の写真が使用された。また浅生自身が二人を撮影して制作したプロモーション映像が公開された。YouTube 配信 [137]

香川まさひと原作・若狭星作画の漫画『ましろ日』第3集(小学館、2018年)に、「中途失明後にマラソンに出会った点で、『ましろ日』の主人公・山崎と私は、全く同じ。この作品でブラインドマラソンランナーのことを知ってほしい。」との推薦コメントを寄せている。[138]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クラス分け説明表 2015年度版 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2015年8月5日). 2015年8月25日閲覧。 “障害種別:視覚障害、クラス: T11 、クラス説明:視力がLogMar2.6(0.0025)未満。競技中は不透明なゴーグルまたは両目を不透明なもので覆う(両目義眼使用者を除く)”(原文は表)
  2. ^ 「日本ブラインドマラソン協会」 協会名称の変更について”. 日本ブラインドマラソン協会 (2017年8月15日). 2018年1月6日閲覧。 “6月に開催された平成29年度定例総会において協会名称を日本ブラインドマラソン協会に変更することが承認され、定款変更の認証と新名称の登記の手続きが、8月3日に完了いたしました。”

出典[編集]

  1. ^ リオ2016パラリンピック競技大会 日本代表選手団名簿”. 日本パラリンピック委員会 (2016年8月2日). 2016年8月16日閲覧。
  2. ^ 和田伸也”. 日本財団パラリンピックサポートセンター (2017年). 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ 2012パラリンピックロンドン大会 選手名鑑 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 30 (2012年8月13日). 2015年8月25日閲覧。
  4. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、pp. 104-119。
  5. ^ a b c 和田伸也プロフィール”. 和田伸也さんを応援する会 (2016年). 2016年7月2日閲覧。
  6. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、pp. 117-128。
  7. ^ a b c 関西大学ニューズレター『Reed』No. 31、11月号(2012年)、p. 15。
  8. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、pp. 132-145。
  9. ^ a b c d 今木一充「走り続けて得た大切な出逢い」(2015年)、pp. 5-6。
  10. ^ 和田選手2種目6位入賞、日本新記録更新!”. 日本盲人マラソン協会 (2016年9月14日). 2016年9月25日閲覧。
  11. ^ 平野紘揮 (2016年9月23日). “リオ パラリンピック 男女マラソン(広報インターン記事)”. 日本盲人マラソン協会. 2016年9月25日閲覧。
  12. ^ Kyoko Hoshino (2017年4月27日). “ロンドンマラソン兼ワールドカップ、男子の和田と女子の道下が初の栄冠!男女でメダル4個の「チームジャパン」がその強さを世界に強烈アピール”. 日本財団パラリンピックサポートセンター. 2018年4月24日閲覧。
  13. ^ 和田伸也が5000mで銅メダル 世界パラ陸上”. 日刊スポーツ (2017年7月16日). 2017年11月18日閲覧。
  14. ^ a b 第118回2017年1月14日放送”. あすリート バックナンバー. 読売テレビ (2017年1月). 2018年1月6日閲覧。
  15. ^ a b c 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 記録集 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2017年). 2017年11月18日閲覧。
  16. ^ a b c d e f トラック競技 日本記録(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2017年9月25日). 2017年11月15日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 和田伸也 選手プロフィール”. 日本盲人マラソン協会 (2017年). 2017年7月30日閲覧。
  18. ^ a b 第39回千葉県民マラソン 大会結果”. 日本盲人マラソン協会 (2017年3月5日). 2017年7月31日閲覧。
  19. ^ a b 2017年大会記録検索”. 大阪ハーフマラソン (2017年). 2017年7月25日閲覧。
  20. ^ メディア掲載情報 和田伸也選手 産経新聞”. JBMAニュース. 日本盲人マラソン協会 (2017年1月31日). 2017年7月30日閲覧。
  21. ^ 連合東京『パラアスリート紹介特集号』No.1、(2017年)、pp. 1-4。
  22. ^ a b 2010アジアパラゲームズ広州大会 総合 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 4 (2010年12月20日). 2015年9月2日閲覧。
  23. ^ a b Results Book from 2011 IPC Athletics World Championships (PDF)” (英語). 国際パラリンピック委員会 (2011年). 2016年7月2日閲覧。
  24. ^ a b 2011世界選手権大会の成績一覧表 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 2 (2011年2月3日). 2015年8月25日閲覧。
  25. ^ a b c ロンドン2012パラリンピック競技大会 日本選手総合結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 2 (2012年9月10日). 2015年9月2日閲覧。
  26. ^ a b c ロンドン2012パラリンピック 日本代表選手団リザルト (PDF)”. 日本パラリンピック委員会. p. 1 (2012年11月14日). 2015年9月2日閲覧。
  27. ^ a b c 2013IPC世界選手権選手別総合結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 2 (2013年7月31日). 2015年8月25日閲覧。
  28. ^ 2014アジアパラ競技大会(2日目)結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年10月24日). 2015年9月2日閲覧。
  29. ^ 2014アジアパラ競技大会(5日目)結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年10月24日). 2015年8月31日閲覧。
  30. ^ 2014アジアパラ競技大会(1日目)結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年10月20日). 2015年8月31日閲覧。
  31. ^ IBSA世界大会ソウル2015 大会1日目(5月11日) 結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2015年5月12日). 2015年9月3日閲覧。
  32. ^ IPC Athletics World Championships Doha 2015 Official Results Book (PDF)” (英語). 国際パラリンピック委員会 (2015年10月31日). 2015年12月5日閲覧。
  33. ^ a b c d リオ2016パラリンピック競技大会 日本選手団【陸上競技】チーム・個人成績 一覧 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 2 (2016年9月). 2016年9月23日閲覧。
  34. ^ 陸上男子 1500m - T11(視覚)予選”. Rio 2016 パラリンピック. NHK (2016年9月). 2016年9月25日閲覧。
  35. ^ 陸上男子 1500m - T11(視覚)決勝”. Rio 2016 パラリンピック. NHK (2016年9月). 2016年9月25日閲覧。
  36. ^ 【和田伸也、自己新で6位 陸上1500m視覚障害”. 朝日新聞 DIGITAL (2016年9月14日). 2016年9月25日閲覧。
  37. ^ 陸上男子 5000m - T11(視覚)決勝”. Rio 2016 パラリンピック. NHK (2016年9月). 2016年9月25日閲覧。
  38. ^ 【パラ陸上】嵐の船出!メダル期待の男子5000メートル・和田が6位”. スポーツ報知 (2016年9月9日). 2016年9月25日閲覧。
  39. ^ 陸上男子 マラソン - T11/12(視覚)”. Rio 2016 パラリンピック. NHK (2016年9月). 2016年9月25日閲覧。
  40. ^ 男子マラソン目に障害のあるクラス 岡村が銅メダル”. NHK NEWS WEB (2016年9月16日). 2016年9月25日閲覧。
  41. ^ Virgin Money London Marathon Tracking & Results 2017” (英語). virginmoneylondonmarathon.com (2017年). 2017年7月29日閲覧。
  42. ^ 2017 World Para Athletics Marathon World Cup Result”. 大会・イベント 結果レポート. 日本ブラインドマラソン協会 (2017年4月24日). 2018年4月28日閲覧。
  43. ^ a b World Para Athletics Championships London 2017 - Results Book (PDF)” (英語). 国際パラリンピック委員会 (2017年7月). 2017年7月29日閲覧。
  44. ^ 世界パラ陸上競技選手権大会ロンドン2017 日本代表選手リザルト 7月18日(5日目) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2017年7月). 2017年7月29日閲覧。
  45. ^ 世界パラ陸上競技選手権大会ロンドン2017 日本代表選手リザルト 7月15日(2日目) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2017年7月). 2017年7月29日閲覧。
  46. ^ Virgin Money London Marathon Tracking & Results 2018” (英語). virginmoneylondonmarathon.com (2018年4月). 2018年4月28日閲覧。
  47. ^ 2018 WPA Marathon World Cup:リザルト”. 大会・イベント 結果レポート. 日本ブラインドマラソン協会 (2018年4月23日). 2018年4月28日閲覧。
  48. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 1500m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月11日). 2015年9月11日閲覧。
  49. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 5000m・10000m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月11日). 2015年9月11日閲覧。
  50. ^ a b 「2011ジャパンパラリンピック陸上競技大会」記録について トラック種目 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年9月28日). 2015年9月11日閲覧。
  51. ^ 「第16回関東身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧 トラック種目 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年10月15日). 2015年9月6日閲覧。
  52. ^ a b Japan Para Championships 2012 陸上競技大会記録 ( Game Result ) (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2012年). 2015年9月11日閲覧。
  53. ^ 男子一般・高校 5000m タイムレース総合結果”. 大阪陸上競技協会 (2013年). 2015年9月21日閲覧。
  54. ^ トラック競技 日本記録(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2015年3月10日). 2015年8月27日閲覧。
  55. ^ a b 第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会記録集 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2013年6月12日). 2015年9月6日閲覧。
  56. ^ a b 第26回日本パラ陸上競技競技選手権大会 大会結果 差し替え (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2015年7月24日). 2015年9月6日閲覧。
  57. ^ a b 2013ジャパンパラ陸上競技大会ー記録集 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2013年9月9日). 2015年9月6日閲覧。
  58. ^ a b c 2014ジャパンパラ陸上競技大会結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年9月11日). 2015年9月6日閲覧。
  59. ^ a b 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大会結果表の訂正 (変更)大会結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年6月17日). 2015年9月6日閲覧。
  60. ^ 第20回関東身体障害者陸上競技競技選手権大会 大会結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2015年7月16日). 2015年9月6日閲覧。
  61. ^ T11男子1500m”. 鳥取県障がい者スポーツ協会 (2016年). 2017年7月30日閲覧。
  62. ^ 全盲メダリスト和田伸也まさかの失格 伴走者がミス”. 日刊スポーツ (2016年4月30日). 2017年7月30日閲覧。
  63. ^ T11男子5000m”. 鳥取県障がい者スポーツ協会 (2016年). 2017年7月30日閲覧。
  64. ^ 2016 ジャパンパラ陸上競技大会 記録集 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会. p. 17 (2016年6月21日). 2017年7月28日閲覧。
  65. ^ 第27回日本パラ陸上競技競技選手権大会 結果詳細 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 21 (2015年6月12日). 2017年7月28日閲覧。
  66. ^ 第17回福知山マラソン 第8回全日本盲人マラソン選手権”. 大会結果. 福知山マラソン実行委員会 (2007年). 2018年4月1日閲覧。
  67. ^ 第18回福知山マラソン 第9回全日本盲人マラソン選手権”. 大会結果. 福知山マラソン実行委員会 (2008年). 2018年4月1日閲覧。
  68. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、p. 128。
  69. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、p. 133。
  70. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、p. 98。
  71. ^ a b 2012年の大会・イベント報告”. 日本盲人マラソン協会 (2013年1月10日). 2016年7月4日閲覧。
  72. ^ 第27回青島太平洋マラソン2013”. RUNNET 大会結果. アールビーズ (2013年). 2018年3月31日閲覧。
  73. ^ 第45回防府読売マラソン大会 男子 マラソン (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 3 (2012年7月1日). 2015年9月12日閲覧。
  74. ^ マラソンもあきらめない トラックと両面作戦 別大視覚障害男子2位・和田伸也(38)”. 毎日新聞 (2016年2月10日). 2016年2月19日閲覧。
  75. ^ 大会結果・記録”. 福岡国際マラソン選手権大会. 朝日新聞社 (2017年). 2017年7月25日閲覧。
  76. ^ 第71回福岡国際マラソン選手権大会 (PDF)”. 大会情報. 日本陸上競技連盟 (2017年12月). 2018年3月30日閲覧。
  77. ^ 完走者記録速報”. 別府大分毎日マラソン大会. 毎日新聞社 (2018年). 2018年3月30日閲覧。
  78. ^ 第67回別府大分毎日マラソン大会第18回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会:選手コメント”. 大会・イベント情報. 日本ブラインドマラソン協会 (2018年2月6日). 2018年3月30日閲覧。
  79. ^ 第67回別府大分毎日マラソン大会第18回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会:エントリーリスト”. 大会・イベント情報. 日本ブラインドマラソン協会 (2018年1月18日). 2018年3月30日閲覧。
  80. ^ T11&T13男子マラソン:アジア記録認定”. 大会・イベント情報. 日本ブラインドマラソン協会 (2018年2月21日). 2018年3月31日閲覧。
  81. ^ 大阪ロードレース記録集 (PDF)”. 大阪陸上競技協会. p. 2 (2014年). 2015年9月21日閲覧。
  82. ^ a b c 『和田伸也さんを応援する会通信』第4号(2015年)、p. 3。
  83. ^ 星野恭子『いっしょに走ろっ!』(2012年)、p. 126。
  84. ^ 第6回 インタビュー 和田 伸也(わだ しんや)さん”. 大阪府障がい者スポーツ振興協会 (2007年). 2018年3月25日閲覧。
  85. ^ 2010大阪ハーフマラソン 日本陸連登録の部 男子 (PDF)”. 大阪ハーフマラソン. p. 3 (2010年). 2018年3月25日閲覧。
  86. ^ 第55回札幌国際ハーフマラソン大会 記録表(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 6 (2012年7月1日). 2015年9月12日閲覧。
  87. ^ 2015大阪ハーフマラソン 日本陸連登録の部 男子 (PDF)”. 大阪ハーフマラソン. p. 2 (2015年). 2018年3月25日閲覧。
  88. ^ 日本陸連登録の部 男子 (PDF)”. 2018 大会記録結果. 大阪ハーフマラソン. p. 6 (2018年). 2018年3月25日閲覧。
  89. ^ 第30回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2007年1月). 2017年7月31日閲覧。
  90. ^ 第31回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2008年1月). 2017年7月31日閲覧。
  91. ^ 第25回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2008年3月). 2017年7月31日閲覧。
  92. ^ 第32回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2009年1月). 2017年7月31日閲覧。
  93. ^ 第26回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2009年3月). 2017年7月31日閲覧。
  94. ^ 第33回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2010年1月). 2017年7月31日閲覧。
  95. ^ 第27回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2010年3月). 2017年7月31日閲覧。
  96. ^ 第34回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2011年1月). 2017年7月31日閲覧。
  97. ^ 第28回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2011年3月). 2017年7月31日閲覧。
  98. ^ 第35回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2012年1月). 2017年7月31日閲覧。
  99. ^ 第29回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2012年3月). 2017年7月31日閲覧。
  100. ^ 第36回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2013年1月). 2017年7月31日閲覧。
  101. ^ 第30回視覚障害者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2013年3月). 2017年7月31日閲覧。
  102. ^ 第37回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-各種目総合成績表(ハーフ以外)”. 枚方体育協会 (2014年1月). 2017年7月31日閲覧。
  103. ^ 第31回視覚障がい者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2014年3月). 2017年7月31日閲覧。
  104. ^ 第38回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-入賞者一覧表 (PDF)”. 枚方体育協会. p. 1 (2015年1月12日). 2017年7月31日閲覧。
  105. ^ 第32回視覚障がい者京都マラソン大会 (PDF)”. ブルーベリーリボン. 株式会社わかさ生活 (2015年2月). 2017年7月31日閲覧。
  106. ^ 第39回千葉県民マラソン”. RUNNET. 株式会社アールビーズ (2017年3月). 2017年7月31日閲覧。
  107. ^ 平成21年京都府スポーツ賞(定時表彰)受賞者一覧”. 京都府文化スポーツ部 (2009年). 2018年1月6日閲覧。
  108. ^ 平成22年京都府スポーツ賞(定時表彰)受賞者一覧”. 京都府文化スポーツ部 (2010年). 2018年1月6日閲覧。
  109. ^ 平成23年京都府スポーツ賞(定時表彰)受賞者一覧”. 京都府文化スポーツ部 (2011年). 2018年1月6日閲覧。
  110. ^ 平成25年京都府スポーツ賞(定時表彰)受賞者一覧”. 京都府文化スポーツ部 (2013年). 2018年1月6日閲覧。
  111. ^ 平成28年京都府スポーツ賞(定時表彰)受賞者一覧 (PDF)”. 京都府文化スポーツ部 (2016年). 2018年1月6日閲覧。
  112. ^ 京都府体協時報 No. 107 (PDF)”. 京都府体育協会. p. 2 (2011年9月28日). 2018年1月6日閲覧。
  113. ^ ロンドン2012パラリンピック競技大会日本代表選手団 賜杯伝達式・日本パラリンピック委員会特別表彰式 ”. 挑戦者たち. STAND (2012年12月12日). 2018年1月6日閲覧。
  114. ^ 平成24年度大阪スポーツ賞受賞者名簿 (PDF)”. 大阪府. p. 1 (2012年). 2018年1月6日閲覧。
  115. ^ ロンドン2012パラリンピック入賞選手 京都府スポーツ賞表彰式”. 京都府 (2012年12月26日). 2018年1月6日閲覧。
  116. ^ 大阪府 パラリンピック銀の中村・銅の和田に感動大賞 ”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2012年9月27日). 2018年1月6日閲覧。
  117. ^ a b 平成24年11月28日 ロンドンパラリンピック全盲のメダリスト 和田伸也さんに市長賞詞”. 東大阪市市長公室広報広聴室 (2012年12月28日). 2018年1月6日閲覧。
  118. ^ 平成27年度大阪スポーツ賞受賞者名簿 (PDF)”. 大阪府. p. 4 (2015年). 2017年7月30日閲覧。
  119. ^ 平成28年度大阪スポーツ賞受賞者名簿 (PDF)”. 大阪府教育庁教育振興室保健体育課. p. 4 (2016年9月16日). 2018年1月6日閲覧。
  120. ^ 平成29年度大阪スポーツ賞受賞者名簿 (PDF)”. 大阪府教育庁教育振興室保健体育課. p. 12 (2017年10月17日). 2018年1月6日閲覧。
  121. ^ パラリンピック競技大会 文部科学大臣顕彰・表彰式”. 文部科学省 (2016年10月7日). 2018年1月6日閲覧。
  122. ^ 浪速区にゆかりのある「リオデジャネイロオリンピック、パラリンピック」成績優秀者への市長表彰、市長特別表彰”. 大阪市浪速区 (2017年2月28日). 2017年7月30日閲覧。
  123. ^ 10月19日 リオデジャネイロパラリンピックで活躍した和田伸也選手にキラリいばらき大賞を贈呈”. 大阪府茨木市 (2016年12月27日). 2018年1月6日閲覧。
  124. ^ リオデジャネイロパラリンピック 陸上競技男子マラソンT11 第5位入賞,男子5000mT11及び男子1500mT11 第6位入賞の和田伸也選手が京都市スポーツ栄誉賞を受賞!!”. 京都市 (2016年11月8日). 2018年1月6日閲覧。
  125. ^ 2016 RUNNERS AWARD 第29回ランナーズ賞”. RUNNET. 株式会社アールビーズ (2016年). 2018年1月6日閲覧。
  126. ^ 社会学部創設50周年記念式典を開催しました。”. トピックス(詳細). 関西大学 (2017年11月2日). 2018年1月6日閲覧。
  127. ^ 社会学部創設50周年記念式典が開催されました。”. 関西大学社会学部・大学院社会学研究科 (2017年10月31日). 2018年1月6日閲覧。
  128. ^ 第2回大阪マラソン チャリティ事業 実施報告 (PDF)”. 大阪マラソン組織委員会 (2012年). 2018年3月25日閲覧。
  129. ^ ジャパンウォーク(2017秋)”. 朝日新聞デジタル (2017年). 2018年1月6日閲覧。
  130. ^ Road to Rio vol.50 限界、その先へ「ドーハ障害者陸上世界選手権」・11月28日(土)放送”. ハートネット. NHK (2015年11月18日). 2018年1月6日閲覧。
  131. ^ 第66回2016年1月16日(土)放送”. あすリート バックナンバー. 読売テレビ (2016年1月). 2018年1月6日閲覧。
  132. ^ 第94回2016年7月30日放送”. あすリート バックナンバー. 読売テレビ (2016年7月). 2018年1月6日閲覧。
  133. ^ グラジオラスの轍”. フジテレビ (2016年). 2018年1月6日閲覧。
  134. ^ 第30回 リオパラ特別篇 柔道・廣瀬誠選手 陸上・和田伸也選手”. ストロングポイント. BS日テレ (2016年). 2018年1月6日閲覧。
  135. ^ 2017年12月21日 和田伸也 パラ陸上”. みらいのつくりかた バックナンバー. テレビ東京 (2017年12月). 2018年1月6日閲覧。
  136. ^ 天才アスリート 受け継ぐ言葉〜みらいのつくりかた新春SP〜”. テレビ東京 (2017年). 2018年1月6日閲覧。
  137. ^ 糸井重里さん絶賛!元祖「NHK_PR1号」が描く『伴走者』”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社 (2017年). 2018年3月25日閲覧。
  138. ^ 小学館 ビッグコミック連載中『ましろ日』:第3集発売「絶望を希望に変える、伴走マラソン漫画!!」”. JBMA ニュース. 日本ブラインドマラソン協会 (2018年3月29日). 2018年4月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]