帖佐寛章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帖佐 寛章(ちょうさ ひろあき、1930年6月7日[1] - )は、陸上競技の元選手で中長距離選手の指導者。香川県小豆郡土庄町豊島出身。

来歴[編集]

香川県立三本松高等学校卒業後、東京教育大学に入学。

東京教育大学在学中の1953年日本陸上競技選手権大会800m1500mで優勝。

卒業後、野口源三郎・久内武の勧めで順天堂大学で教鞭をとり[2]山田宏臣小出義雄澤木啓祐らを育てた。

その後、日本陸上競技連盟理事・強化委員長、日本陸上競技連盟専務理事、日本陸上競技連盟副会長、日本体育協会副会長などを歴任。現在、順天堂大学名誉教授。

神戸で行われた1985年夏季ユニバーシアードの日本選手団団長を務めた。

2010年、東京マラソン財団理事長に就任し、2012年6月に退任後、同年12月、名誉顧問に就任。

著書[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.577
  2. ^ 帖佐寛章「心の支柱」『陸上競技マガジン』第17巻第6号、ベースボール・マガジン社、1967年5月、 24頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]