横田真人 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横田 真人
Masato YOKOTA
Portal:陸上競技
Masato Yokota - Flickr - Kentaro Iemoto@Tokyo (1).jpg
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 中距離走
所属 富士通
生年月日 (1987-11-19) 1987年11月19日(31歳)
生誕地 日本の旗 日本東京都
身長 177cm
体重 62kg
自己ベスト
800m 1分46秒16(2009年10月18日)
1500m 3分45秒63(2012年4月7日)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

横田 真人(よこた まさと、1987年11月19日 - )は日本の元陸上競技選手東京都出身。専門は中距離種目日本女子大学附属豊明幼稚園立教池袋高等学校慶應義塾大学総合政策学部卒業。富士通所属。男子800メートル競走元日本記録保持者。現在はNIKE TOKYO TCのヘッドコーチを務めている。

経歴[編集]

日本選手権男子800mにおいて6度の優勝を誇る、日本のトップアスリートである。2005年立教池袋高等学校3年時、千葉インターハイ800mで優勝、岡山国体少年A800mでは1分49秒81の大会新記録で優勝を飾る。

2006年、慶大総合政策学部入学の後、関東インカレ800m2位、日本インカレ800m優勝、そして日本選手権800m優勝と好成績を重ねる。7月に中国マカオで開催されたアジアジュニア800m日本代表に選出され、ここでも優勝を飾った。8月に北京で開催された世界ジュニア800m日本代表にも選出されたが、準決勝2組4着で決勝進出はならなかった。2007年関東インカレ800m4位の後、日本インカレ800mは転倒し準決勝敗退となったが、日本選手権800mでは2年連続優勝を飾った。この後大阪で開催された世界陸上競技選手権大会大阪大会の800m日本代表に選出された。この大阪大会では1次予選7着となり準決勝進出はならなかったが、この時の1分47秒16の記録は北京オリンピックの800m参加標準記録B(1分47秒60)を満たすものであった。

2008年カタールで開催されたアジア室内選手権800mでは3位となった。3連覇を目指した日本選手権800mでは口野武史日本体育大学)と僅差の2位となり、北京オリンピック日本代表入りはならなかった。2009年度は慶應義塾大学競走部主将を務めた。関東インカレ800mではギタウ・ダニエルに敗れたものの、日本選手権800mでは3度目の優勝を果たした。続くベオグラードで開催された第25回ユニバーシアードでは800m決勝で4位となった。2009年10月18日、日本体育大学最終フィールド競技会800mにおいて1分46秒16を記録し、小野友誠が保持していた日本記録を15年ぶりに0秒02更新した。同年11月、中国・広州で開催されたアジア選手権800m決勝では5位の成績を残した。

2010年富士通に入社後、5月第52回東日本実業団陸上競技選手権大会800mで大会新記録を樹立し優勝。6月日本選手権800mではラスト300mから抜け出し後続を突き放すレースを見せ、連覇を飾った。2012年、大邱国際陸上にて1分46秒18を記録しロンドンオリンピック参加標準を突破、その後、日本選手権にて4連覇、自身6度目の優勝を飾り、同種目日本人として44年ぶりのオリンピック代表選手となる。ロンドンオリンピックでは、予選5組4着で予選敗退となった。

その後、拠点をアメリカ合衆国・カリフォルニア州・ロサンゼルスに移し、かつてカール・ルイスが所属したサンタモニカトラッククラブにて2年間トレーニングをした。2015年米国公認会計士試験に合格。

2016年の岩手国体を最後に現役を引退。2017年春に富士通を退社。NIKE TOKYO TCのヘッドコーチに就任した。

主な戦績[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2003 第56回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 800m 準決勝
2004 第57回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 800m 8位
2005 第60回国民体育大会 800m 優勝 1分49秒81 少年A 大会新記録
2005 第58回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 800m 優勝 1分50秒53
2006 第85回関東学生陸上競技対校選手権大会 800m 2位 1分48秒58
2006 第75回日本学生陸上競技対校選手権大会 800m 優勝 1分50秒43
2006 第90回日本陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分48秒42
2006 第12回アジアジュニア陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分51秒34
2006 第11回世界ジュニア陸上競技選手権大会 800m 準決勝 1分48秒98
2007 第86回関東学生陸上競技対校選手権大会 800m 4位 1分51秒99
2007 第76回日本学生陸上競技対校選手権大会 800m 準決勝
2007 第91回日本陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分49秒51
2007 第11回世界陸上競技選手権大会 800m 予選5組7着 1分47秒16
2008 第3回アジア室内陸上競技選手権大会 800m 3位 1分49秒30
2008 第87回関東学生陸上競技対校選手権大会 800m 優勝 1分49秒04
2008 第92回日本陸上競技選手権大会 800m 2位 1分48秒95
2009 第88回関東学生陸上競技対校選手権大会 800m 2位 1分48秒61
2009 第93回日本陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分48秒53
2009 第25回ユニバーシアード競技大会 800m 4位 1分48秒08
2009 第18回アジア陸上競技選手権大会 800m 5位 1分50秒35
2010 国際グランプリ大阪大会 800m 優勝 1分47秒23
2010 第52回東日本実業団陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分49秒14 大会新記録
2010 第94回日本陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分47秒25
2010 ナイトオブアスレチックス 800m 優勝 1分46秒63 23歳以下
2010 第58回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分48秒58 大会新記録
2010 第16回アジア競技大会 800m 4位 1分46秒48
2011 第53回東日本実業団陸上競技選手権大会 400m 3位 47秒67
2011 第95回日本陸上競技選手権大会 800m 優勝 1分47秒24
2011 第19回アジア陸上競技選手権大会 800m 4位 1分47秒05
2011 第13回世界陸上競技選手権大会 800m 予選2組6着 1分47秒60

自己ベスト[編集]

  • 100m 11秒48(2009年)
  • 200m 22秒64(2007年)
  • 400m 47秒67(2011年)
  • 800m 1分46秒16(2009年)
  • 1500m 3分45秒63(2012年)
  • 5000m 15分37秒75(2011年)
  • 10000m 33分28秒(2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
小野友誠
男子800m競走日本記録保持者
2009.10.18 - 2014.5.11
次代:
川元奨