廣道純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
男子 陸上
日本の旗 日本
夏季パラリンピック
2000 男子 800m
2004 男子 800m

廣道 純(ひろみち じゅん、1973年12月21日[1] - )は、大阪府堺市出身のプロ車いすアスリート。

シドニーパラリンピックの800mで銀メダル、アテネパラリンピックの800mで銅メダルを獲得した。

また、3つの部門で日本記録を保持している。

  • 400m:50秒94(2007年 日本選手権)
  • 800m:1分38秒84(2004年 アテネパラリンピック)
  • 5000m:10分05秒49(2004年 アトランタトラックレース)

長渕剛のファン[1]

略歴[編集]

高校1年の時、バイクに乗って事故を起こし、脊髄損傷により車椅子生活となる。退院後、即車椅子レースの世界へ。1994年、当時の車いすマラソン世界記録保持者ジム・クナープの元へ弟子入りを志願。彼の元でホームステイし、レース前のメンタルトレーニングや勝ち方、練習方法など多くのことを学び、アスリートとしての素質を開花させる。

1994年ボストンマラソンを皮切りに世界各国のレースに出場。1996年大分国際車いすマラソンでは、日本人初の総合2位を果たす。2000年シドニーパラリンピック800mで銀メダル、 04年3月には日本人初のプロ車いすアスリートとして独立。 その年に行われたアテネパラリンピック800mで銅メダルを獲得。08年北京パラリンピックは大会前までの世界記録を上回る記録で8位入賞。ロンドンパラリンピック800mでは6位入賞と、4大会連続入賞を達成。43歳で迎えるリオデジャネイロパラリンピックでは、3度目の表彰台を目指す。

プロのアスリートになってからは、年間25~30回のレースに出場する傍ら、テレビ・ラジオ出演、講演などもおこなっている。また、選手育成や車いすレース普及の為、大会運営にも取り組み、健常者マラソンと車いすレースの融合できる大会を目指して活動中。

著書[編集]

出演番組[編集]

  • 廣道純のNever GiveUP!!(OBSラジオ) - パーソナリティ

脚注[編集]

  1. ^ a b 廣道純のプロフィール|Ameba (アメーバ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]