高瀬慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「髙瀬慧」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
高瀬 慧 Portal:陸上競技
2014 DécaNation - 100 m 34.jpg
選手情報
フルネーム 高瀬 慧
ラテン文字 Kei TAKASE
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走100m200m
所属 富士通陸上競技部
大学 順天堂大学
生年月日 (1988-11-25) 1988年11月25日(29歳)
出身地 静岡県静岡市駿河区
身長 179cm
体重 67.5kg
コーチ担当者 佐久間和彦
成績
オリンピック 200m:準決勝1組8着(2012年
4x400mR:予選2組6着(2012年)
世界選手権 100m:予選1組4着(2015年
200m:準決勝3組8着(2015年
4x100mR:6位(2013年)
4x400mR:予選1組7着(2011年
地域大会決勝 アジア大会
100m:3位(2014年
4x100mR:2位(2014年)
国内大会決勝 日本選手権
100m:優勝(2015年
200m:優勝(2012年
400m:5位(2010年)
4x100mR:優勝(2010年)
4x400mR:優勝(2009年)
自己ベスト
100m 10秒09(2015年)
200m 20秒14(2015年)
400m 46秒46(2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高瀬 慧(たかせ けい、1988年11月25日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の陸上選手

略歴[編集]

静岡市立長田東小学校静岡市立長田南中学校卒。小学校4年生の時から静岡市陸上教室で陸上を始める。静岡市立長田南中学校時代の記録は100mが11秒8、200mが24秒2で、県大会予選落ちのレベルだった[1]

静岡県立静岡西高等学校卒。高校時代の実績は200mと400mでいずれもインターハイ準決勝敗退というものだった。

順天堂大学に進み、2007年の日本ジュニア選手権400mで全国大会初入賞の5位。2009年の日本選手権リレー400mリレーで3位、1600mリレーで優勝。2010年の日本選手権リレー400mリレーで優勝、1600mリレーで2位。個人種目では第94回日本選手権において400mで5位の成績を残す。

2011年[編集]

  • 4月、富士通に入社[2]
  • 5月、東日本実業団選手権200mで世界陸上大邱200mの参加標準記録A(20秒60)を突破する20秒53(+0.9)の大会新記録で優勝した[3]
  • 6月、日本選手権200mで20秒76(0.0)の5位。
  • 7月、アジア選手権1600mリレーで2走を務め金メダルを獲得した。
  • 9月、世界陸上大邱1600mリレーで1走を務めたが、日本チームは2-3走間でバトンミスがあり、3分02秒64の予選敗退に終わった[4]
  • 同月、全日本実業団選手権200mで20秒62(+2.7)を記録し、高平慎士らを破り優勝した[5]

2012年[編集]

  • 5月のワールドチャレンジ大邱大会の1600mリレーで日本チームの1走を務め、日本歴代3位となる3分01秒04の記録で優勝した[6]
  • 同月の東日本実業団選手権200mを20秒80(-0.4)で制し2連覇を達成した[7]
  • 6月の日本選手権200mでロンドンオリンピックA標準(20秒55)突破の20秒42で初優勝[8]。この結果を受け200m、1600mリレーの2種目でロンドンオリンピック出場が決まった。
  • 7月の南部忠平記念100mに出場し、向かい風1.5m/sの中で自己ベストを0秒24更新する10秒43を記録した[9]
  • 8月、ロンドンオリンピック200m予選では20.72の7組2位で準決勝進出。準決勝では20.70の1組8位で決勝進出を逃した。男子1600mリレーでは日本チーム(高瀬慧-金丸祐三東佳弘中野弘幸)の第1走を務め、予選2組6位で敗退した。
  • 9月、全日本実業団選手権200mで20秒59(-0.4)を記録し、2位の高平慎士に0秒01差で競り勝ち2連覇を達成した[10]

2013年[編集]

  • 2013年からは100mにも本格的に参戦し、5月の東日本実業団選手権100mを10秒60(-2.9)で初優勝した[11]。200mは20秒78(0.0)で藤光謙司(20秒69)に破れ、100mとの2冠、200mの3連覇を逃した[12]
  • 6月の日本選手権では100m200mともに3位(200mは藤光謙司と同着)に入った。
  • 8月の世界陸上モスクワでは4x100mリレーで第3走を務め、日本チームを決勝進出に導いた。
  • 9月の全日本実業団選手権200mは3連覇がかかっていたが、藤光謙司(20秒60)、川面聡大(20秒80)に続く20秒89(-0.2)の3位に終わった。

2014年[編集]

  • 4月の織田記念100mでは、予選で追い風参考の+2.6m/sの条件下で10秒14、決勝で0.7m/sの追い風で10秒13を記録した。
  • 5月の静岡国際200m予選で日本歴代6位となる20秒34を記録し、4月の織田記念に続いて短距離2種目で自己ベストを更新した[13]
  • 同月の第1回世界リレーで3走を務めて5位に入り、来年の世界選手権の出場権獲得に貢献した[14]
  • 2連覇がかかっていた6月の日本選手権200mは、ゴール直前で原翔太にかわされて0秒01差の2位に終わった[15]
  • 9月のアジア大会には当初リレー種目だけの出場予定だったが、桐生祥秀が怪我で欠場したため急遽100mに出場することになった。100m準決勝では10秒13の自己ベストタイを記録[16]。決勝は10秒15を記録して、フェミ・オグノデ(9秒93)、蘇炳添(10秒10)に続く3位に入り銅メダルを獲得した[17]。400mリレーは決勝だけの出場になり、アンカーを務めて38秒49を記録するも、アジア初の37秒台を記録した中国に破れ銀メダル獲得に終わった[18]

2015年[編集]

  • 5月、10日のゴールデングランプリ川崎100mに出場し、自身初の10秒0台となる10秒09(-0.1)をマークして2位に入った。なお、これは向かい風の中で記録した日本人初の10秒0台だった[19]。17日の東日本実業団選手権200mでは日本歴代2位の記録となる20秒14(+1.0)をマークし、8月に開催される世界選手権の派遣設定記録(日本陸連が定めた20秒28)を突破した[20]
  • 6月27-28日、2003年大会の末續慎吾以来の100mと200mの2冠をかけて日本選手権に出場。200mは1位と0秒25差の2位で優勝を逃すも、100mでは初優勝を果たし、翌日に両種目での北京世界選手権日本代表入りが決定した。
  • 8月、世界選手権100m200mに出場。100mは予選で10秒15(-0.1)の組4着に終わり、着順で準決勝に進出できる組3着とは0秒06差、タイムで拾われるには0秒02届かなかった。200mでも予選で20秒33(-0.2)の組4着になり、着順で準決勝に進出できる組3着とは0秒04差だったが、今回はタイムで拾われて準決勝した。しかし、準決勝では右脚ハムストリングスに軽い肉離れを起こし、20秒64(+0.8)の組8着(全体最下位)で敗退した。また、この影響により、当初は1走として出場予定だった4×100mリレー予選のメンバーから外れた[21]

2016年[編集]

3月の沖縄合宿で左膝の骨が欠ける故障を発生し、4月には2週間ほど歩けない日々を送ったが、5月下旬の東日本実業団選手権でシーズン初戦を迎えると、6月下旬の日本選手権200mでは20秒31(+1.8)で2位に入り、リオデジャネイロオリンピック日本代表の座を掴んだ[22]。しかし、8月のリオデジャネイロオリンピック200m予選では「身体が全く動かなかった」と20秒71(+0.6)の組6着に終わり、2大会連続の準決勝に進出することはできなかった[23]4×100mリレーは補欠として出番なしに終わったが、事前合宿のタイムトライアルでは高瀬が入るBパターン(山縣亮太飯塚翔太、高瀬、桐生祥秀)のほうがAパターン(山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥)よりも好タイムをマークしていた。しかし、最終的に日本チームはAパターンで臨み、アジア新記録を樹立しての銀メダル獲得という快挙を達成した[24]

記録[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
100m 10秒09 (-0.1) 2015年5月10日 日本の旗 川崎市
200m 20秒14 (+1.0) 2015年5月17日 日本の旗 熊谷市 日本歴代4位
20秒09w (+4.5) 2015年3月28日 アメリカ合衆国の旗 オースティン 追い風参考記録
300m 32秒39 2014年4月20日 日本の旗 出雲市
400m 46秒46 2010年6月6日 日本の旗 丸亀市
4x400mR 3分01秒04 (1走) 2012年5月16日 大韓民国の旗 大邱市 日本歴代3位

主な成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 アジア選手権 日本の旗 神戸 4x400mR 優勝 3分04秒72 (2走)
世界選手権 大韓民国の旗 大邱 4x400mR 予選1組7着 3分02秒64 (1走) 全体13位
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 準決勝1組8着 20秒70 (-0.5) 全体18位
4x400mR 予選2組6着 3分03秒86 (1走) 全体12位
2013 アジア選手権 インドの旗 プネー 200m 3位 20秒92 (+0.7)
4x100mR 2位 39秒11 (3走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 200m 予選3組5着 20秒96 (0.0) 全体33位
4x100mR 6位 38秒39 (3走)
2014 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 5位 38秒40 (2走)
アジア大会 大韓民国の旗 仁川 100m 3位 10秒15 (+0.4) 準決勝10秒13 (+0.2):自己ベストタイ
4x100mR 2位 38秒49 (4走)
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選1組4着 10秒15 (-0.1) 全体25位
200m 準決勝3組8着 20秒64 (+0.8) 全体24位
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選9組6着 20秒71 (+0.6) 全体55位

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 第93回 横浜市 4x100mR 3位 39秒80 (3走)
4x400mR 優勝 3分09秒37 (4走)
2010 第94回 丸亀市 400m 5位 46秒46
横浜市 4x100mR 優勝 39秒28 (2走)
4x400mR 2位 3分09秒21 (3走)
2011 第95回 熊谷市 200m 5位 20秒76 (0.0)
400m 予選棄権 DNS
2012 第96回 大阪市 200m 優勝 20秒42 (0.0) 日本歴代8位タイ
2013 第97回 調布市 100m 3位 10秒28 (+0.7)
200m 3位 20秒48 (+0.9) 同着
2014 第98回 福島市 200m 2位 20秒63 (+0.9)
2015 第99回 新潟市 100m 優勝 10秒28 (-0.9)
200m 2位 20秒57 (+0.8) 同着
2016 第100回 名古屋市 200m 2位 20秒31 (+1.8)
2017 第101回 大阪市 100m 準決勝棄権 DNS 予選10秒43 (-0.9)
200m 8位 20秒99 (+0.3)
2018 第102回 山口市 100m 3位(h) 10秒48 (+0.3)

その他[編集]

  • 主要大会を記載
大会 場所 種目 結果 記録 備考
高校生時代
2006 インターハイ 大阪市 200m 準決勝1組4着 21秒76 (-0.4)
400m 準決勝2組5着 48秒61
大学生時代
2007 関東インカレ 東京都 4x400mR 予選1組4着 3分10秒62 (2走) 決勝進出[注 1]
日本学生チャンピオンシップ 平塚市 400m 予選4組5着 50秒63
日本ジュニア選手権 大分市 400m 5位 48秒54
2008 関東インカレ 東京都 200m 準決勝2組7着 21秒76 (+1.2)
4x400mR 予選2組3着 3分09秒42 (3走) 決勝進出[注 2]
日本インカレ 東京都 200m 準決勝1組5着 21秒36 (+0.8)
4x100mR 予選失格 DQ (3走)
4x400mR 4位 3分07秒63 (3走)
2009 関東インカレ 東京都 200m 準決勝棄権 DNS 予選21秒42 (-0.1)
4x100mR 予選1組2着 40秒11 (3走) 決勝進出[注 3]
日本インカレ 東京都 200m 4位 21秒16 (+0.4)
4x100mR 予選4組1着 39秒91 (3走) 決勝進出[注 4]
4x400mR 8位 3分15秒29 (3走)
2010 関東インカレ 東京都 200m 4位 21秒15 (-0.5)
400m 優勝 46秒83
4x100mR 予選1組6着 40秒44 (2走)
4x400mR 6位 3分12秒76 (4走)
日本インカレ 東京都 200m 3位 20秒74 (+3.8)
400m 2位 46秒59
4x100mR 優勝 39秒32 (2走)
4x400mR 8位 3分11秒72 (4走)
国民体育大会 千葉市 400m 4位 46秒47
4x100mR 優勝 39秒83 (2走)
社会人時代
2011 静岡国際 袋井市 400m 5位 45秒58
東日本実業団選手権 熊谷市 200m 優勝 20秒53 (+0.9) 大会記録
全日本実業団選手権 鳴門市 200m 優勝 20秒62 (+2.7)
4x100mR 決勝途中棄権 DNF (4走)
4x400mR 優勝 3分07秒74 (2走)
国民体育大会 山口市 400m 3位 46秒52
2012 出雲陸上 出雲市 300m 優勝 32秒67
静岡国際 袋井市 200m 2位 20秒68 (-0.3)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 4x400mR 優勝 3分04秒15 (3走)
ワールドチャレンジ大邱 大邱 4x400mR 優勝 3分01秒04 (1走) 日本歴代3位
東日本実業団選手権 熊谷市 200m 優勝 20秒80 (-0.4)
オセアニア選手権 ケアンズ 4x400mR オープン参加 3分06秒90 (1走)
南部記念 札幌市 100m 優勝 10秒43 (-1.5) 自己ベスト
全日本実業団選手権 福岡市 200m 優勝 20秒59 (-0.4)
4x100mR 決勝棄権 DNS 予選39秒77 (2走)
国民体育大会 岐阜市 400m 3位 46秒48
4x100mR 優勝 39秒70 (2走)
2013 マウント・サック・リレー ウォルナット 200m 5位 20秒82 (+1.6)
4x400mR 優勝 3分06秒00 (2走)
織田記念 広島市 100m 6位 10秒35 (+2.7)
静岡国際 袋井市 200m 4位 20秒55 (+1.4)
ゴールデングランプリ東京 東京都 200m 3位 20秒87 (-0.3) 同着
東日本実業団選手権 那珂市 100m 優勝 10秒60 (-2.9)
200m 2位 20秒78 (0.0)
全日本実業団選手権 熊谷市 200m 3位 20秒89 (-0.2)
4x100mR 2位 39秒48 (3走)
4x400mR 優勝 3分09秒56 (2走)
国民体育大会 調布市 100m 4位 10秒51 (-1.7)
4x100mR 2位 39秒91 (2走)
2014 テキサスリレー オースティン 200m 4位 20秒75 (+1.2)
4x100mR 2位 38秒71 (1走)
出雲陸上 出雲市 300m 2位 32秒39
織田記念 広島市 100m 優勝 10秒13 (+0.7) 日本歴代9位タイ
静岡国際 袋井市 200m 2位 20秒45 (+0.8) 予選20秒34 (+1.7):日本歴代6位
ゴールデングランプリ東京 東京都 200m 3位 20秒75 (-1.2)
Reunion Internacional
De Atletismo Villa De Bilbao
ビルバオ 100m 優勝 10秒39 (+1.3)
フォルクサム・グランプリ ストックホルム 200m 6位 21秒13 (+1.0)
スロベニア・グランプリ ヴェレニエ 200m 5位 20秒96 (+0.4)
南部記念 札幌市 100m 優勝 10秒55 (-1.4)
フォルクサム・チャレンジ ウプサラ 100m 3位 10秒32 (+3.8)
デカネーション アンジェ 100m 6位 10秒53 (+0.9)
全日本実業団選手権 山口市 4x400mR 予選2組1着 3分15秒75 (3走) 決勝進出[注 5]
国民体育大会 諫早市 100m 2位 10秒18 (0.0)
4x100mR 3位 39秒73 (4走)
2015 テキサスリレー オースティン 200m 2位 20秒09 (+4.5)
4x100mR 2位 38秒84 (2走)
織田記念 広島市 100m 決勝棄権 DNS 予選10秒44 (-0.5)
200m 決勝途中棄権 DNF 予選20秒34 (+2.9)
静岡国際 袋井市 200m 優勝 20秒67 (+0.2) ノングランプリ
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 100m 2位 10秒09 (-0.1) 日本歴代7位タイ
東日本実業団選手権 熊谷市 100m 準決勝棄権 DNS 予選10秒39 (+0.2)
200m 優勝 20秒14 (+1.0) 大会記録、日本歴代2位
Meeting Internazionale
di Atletica Leggera
リニャーノ
サッビアドーロ
100m B組4位 10秒55 (-0.6)
ミーティング・マドリード マドリード 100m 予選3組3着 10秒27 (+1.5)
Spitzen Leichtathletik ルツェルン 100m B組4位 10秒27 (+0.8)
200m A組6位 20秒67 (+0.5)
全日本実業団選手権 岐阜市 200m 決勝棄権 DNS 予選20秒98 (+1.7)
4x100mR 2位 40秒68 (2走)
国民体育大会 和歌山市 100m 3位 10秒34 (-1.1)
4x100mR 優勝 39秒79 (2走)
2016 東日本実業団選手権 熊谷市 100m 決勝棄権 DNS 準決勝10秒28 (+2.2)
200m 2位 20秒99 (0.0)
布勢スプリント 鳥取市 100m 3位 10秒25 (-0.5)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 8位 10秒66 (+0.5)
200m 4位 20秒96 (0.0)
4x100mR 決勝途中棄権 DNF (1走)
2017 出雲陸上 出雲市 100m 2位 10秒41 (-0.5)
織田記念 広島市 100m 5位 10秒40 (-0.3)
静岡国際 袋井市 200m 7位 23秒02 (+0.2)
布勢スプリント 鳥取市 100m 8位 10秒39 (+1.9)
全日本実業団選手権 大阪市 200m B決勝棄権 DNS 予選21秒41 (-0.2)
4x100mR 4位 39秒93 (2走)
4x400mR 予選1組5着 3分33秒37 (3走)
2018 静岡国際 袋井市 200m 予選2組7着 21秒37 (+1.1)
東日本実業団選手権 熊谷市 200m 3位 21秒37 (-0.9)
全日本実業団選手権 大阪市 200m 7位 21秒88 (+0.1)
4x100mR 予選1組1着 39秒65 (1走) 決勝進出[注 6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 予選のみ出場。決勝の順天堂大学は3分09秒72の4位
  2. ^ 予選のみ出場。決勝の順天堂大学は3分08秒73の5位
  3. ^ 予選のみ出場。決勝の順天堂大学は39秒75の4位
  4. ^ 予選のみ出場。決勝の順天堂大学は39秒76の3位
  5. ^ 予選のみ出場。決勝の富士通は3分08秒38の2位
  6. ^ 予選のみ出場。決勝の富士通は40秒20の3位

出典[編集]

  1. ^ 小森貞子「2015 SPECIAL FEATURES 高瀬慧」、『月刊陸上競技』第49巻第4号、講談社、2015年3月号、 10-13頁。
  2. ^ 陸上競技部 平成23年度新加入選手のお知らせ”. 富士通 (2011年4月1日). 2014年10月17日閲覧。
  3. ^ 高瀬が大会新で初V!高平は棄権/陸上”. 日刊スポーツ (2011年5月22日). 2014年10月17日閲覧。
  4. ^ 日本1600リレーでバトンミス/世界陸上”. 日刊スポーツ (2011年9月1日). 2014年10月17日閲覧。
  5. ^ 久保倉 女子400メートル障害で大会新V”. スポーツニッポン (2011年9月24日). 2014年10月17日閲覧。
  6. ^ 日本が1600メートルRで優勝”. スポーツニッポン (2012年5月16日). 2014年10月17日閲覧。
  7. ^ 男子200は高瀬が2連覇/陸上”. 日刊スポーツ (2012年5月20日). 2014年10月17日閲覧。
  8. ^ 高瀬 自己ベスト更新 五輪切符に「無我夢中だった」”. スポーツニッポン (2012年6月11日). 2014年10月17日閲覧。
  9. ^ 男100、自己新で高瀬が優勝/陸上”. 日刊スポーツ (2012年7月8日). 2014年10月17日閲覧。
  10. ^ 高瀬 0秒01差で高平かわし200メートル連覇”. スポーツニッポン (2012年9月23日). 2014年10月17日閲覧。
  11. ^ 福島が女子200メートルでV/東日本実業団陸上”. スポーツニッポン (2013年5月18日). 2014年10月17日閲覧。
  12. ^ 陸上:400障害、笛木が連覇 東日本実業団”. 毎日新聞 (2013年5月19日). 2014年10月17日閲覧。
  13. ^ 高瀬2戦連続自己ベストも「悪い癖出た」”. 日刊スポーツ (2014年5月3日). 2014年10月17日閲覧。
  14. ^ 男子400で日本5位、世陸出場権獲得 第1回世界リレー最終日”. スポーツニッポン (2014年5月26日). 2014年10月17日閲覧。
  15. ^ 高瀬2連覇ならず「硬くなっていた」”. 日刊スポーツ (2014年6月7日). 2014年10月17日閲覧。
  16. ^ 山県、高瀬100m決勝進出 陸上”. 日刊スポーツ (2014年9月28日). 2014年10月17日閲覧。
  17. ^ 高瀬100mで銅、うれしさと悔しさ半々”. 日刊スポーツ (2014年9月28日). 2014年10月17日閲覧。
  18. ^ 日本男子400リレー銀も中国37秒台で金”. 日刊スポーツ (2014年10月2日). 2014年10月17日閲覧。
  19. ^ 高瀬も自己ベスト更新し、10秒0秒台に突入 桐生に「負けるつもりはない」”. 産経ニュース(産経新聞) (2015年5月10日). 2015年5月10日閲覧。
  20. ^ 高瀬が200Mで日本歴代2位! 世界選手権出場に前進/陸上”. サンケイスポーツ (2015年5月17日). 2015年5月17日閲覧。
  21. ^ 「TEAM JAPANの熱戦譜」、『月刊陸上競技』第49巻第11号、講談社、2015年10月号、 73-74,76。
  22. ^ 「五輪代表Close-up 男子短距離 藤光謙司(ゼンリン)&高瀬慧(富士通)」、『月刊陸上競技』第50巻第10号、講談社、2016年9月号、 140頁。
  23. ^ 「チームジャパン Close-up」、『月刊陸上競技』第50巻第11号、講談社、2016年10月号、 128 - 129頁。
  24. ^ 伝説の五輪4×100mリレーの陰で……。高瀬慧、五輪メダルなきリスタート。(1/3)”. Number Web (2017年4月27日). 2017年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]