伊東浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東浩司 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Koji Ito
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 富士通 (1992年 - 2001年)
大学 東海大学 (1988年 - 1992年)
生年月日 1970年1月29日(46歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 180cm
成績
オリンピック 100m 準決勝1組7着 (2000年
200m 準決勝2組6着 (1996年
4x100mR 6位 (2000年)
4x400mR 5位 (1996年)
世界選手権 100m 2次予選5組7着 (1999年
200m 準決勝1組6着 (1999年)
4x100mR 5位 (1995年
4x400mR 準決勝1組4着 (91年
地域大会決勝 アジア大会
100m 優勝 (1998年
200m 優勝 (1998年)
4x100mR 優勝 (1994, 98年)
国内大会決勝 日本選手権
100m 優勝 (1998年)
200m 優勝 (1995, 96年)
400m 3位 (1993年)
自己ベスト
100m 10秒00 (1998年)
200m 20秒16 (1998年)
400m 46秒11 (1996年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

伊東 浩司(いとう こうじ、1970年1月29日 - )は、兵庫県神戸市出身の日本陸上競技短距離走元選手、現指導者100mの現日本記録保持者。現在は甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター教授左利き

多くの日本人選手が短距離界で活躍するネグロイドに合った走り方をしていた中、一人日本人に適した走り方を求め当時タブーとされていた「腕を軽く振る」「足をあまり上げない」「少し前傾姿勢」といった走法を取り入れた選手であった。

経歴[編集]

神戸市立鵯台中学校報徳学園高等学校東海大学政治経済学部経済学科→富士通株式会社・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。

鵯(ひよどり)台中時代、100mと200mで当時の中学記録を上回る10秒7、21秒8で走る。全日本中学100m5位・200m3位 ジュニアオリンピック100m3位・400m1位

報徳学園高校1年時、鳥取国体少年B400m1位。3年時、沖縄国体の少年A男子400mで当時の高校記録となる46秒52をマーク。その年のインターハイ8位の雪辱を果たした。

1998年、日本選手権で100m10秒08・200m20秒16の日本新記録(当時。100mは朝原宣治に並ぶタイ記録)を樹立する。

1998年12月13日に開かれたバンコクアジア大会の男子100mにおいて、準決勝で当時のアジア記録ともなる日本新記録の10秒00を出した(速報タイムでは9秒99で、アジア人・非ネグロイド初の9秒台かと思われた。準決勝だったため最後は流している。直後のインタビューでは最後流したことに対する後悔の発言を残している。この記録は2016年7月現在も日本記録である。100m決勝レースでは10秒05で優勝。男子200m(20秒25)と男子400mリレー(38秒91・アンカー)でも優勝を果たして合計3個の金メダルを獲得、バンコクアジア大会のMVPも獲得した。

アフリカ系選手で当時の最高記録となる10秒00をマークしたのは、1984年のポーランドマリアン・ヴォロニンに続き2人目であった[1]。その年の年末、紅白歌合戦にゲスト出演するまでに知名度が上がり「アジアの風」と呼ばれた。

また1999年6月16日には、平塚陸上競技場で行われた東海大-日大対校戦の男子100mで、手動計時ながら9秒9(追い風1.6m)を記録した[2]

夫人は学年が1年上の、世界陸上アテネ大会女子マラソンで優勝・金メダリストとなった鈴木博美である。

現在はスポーツ解説者としてオリンピックや世界陸上などに多数出演。よしもと大運動会の解説にも呼ばれている。

2009年3月30日より、神戸市教育委員会の教育委員を務めている。

2011年4月より、関西学生陸上競技連盟のヘッドコーチを務めている。

2011年11月より、日本陸上競技連盟強化委員会短距離部長を務めている。

成長過程[編集]

ジュニア時代の伊東は、当時、中学・高校生に本格的なウエイトトレーニングを課す指導者も多い中、筋力アップを目的としたトレーニングをほとんど行っていなかった。中学時代の伊東の走りはアゴは上がる、肩は大きくぶれる、腕の振りはメチャクチャといったものであった。しかし記録的には前述の通り優秀で、動きそのものはしなやかであった。当時の指導者は伊東の将来を考え、長所であるそのしなやかな動きが失われないように配慮し、ウエイトトレーニングを行ったとしても軽い負荷に限定していた(成長期に行う過剰なウエイトトレーニングは、身長の伸びや筋力・関節の柔軟性に悪影響を及ぼす事もあるとされている[3])。

大学でも同様に走りこみと跳躍系の練習が中心であり、本格的にトレーニングを始めたのは社会人になってからであった。しかしその間もメデイシンボールやスピードバウンデイングでのトレーニングを欠かさず行い、筋肉・関節の硬化が起きないよう配慮していた。

中学・高校時代から追い込めばもっと早くからさらなる好結果を得ていたかもしれないが、本人も指導者も我慢を重ね、着実に階段を上っていった成功例のひとつだとされている[4]

走法[編集]

ナンバ』の動きを取り入れたとされるが、右足(左足)と右腕(左腕)を同時に同方向へ動かしているわけではない。実際に伊東が取り組んだ走法は、例えば右足が前に出るとき同じ側の胸を脚の上に乗り込ませるようにするもので、その時に自然と右腕は後ろに引かれるが内旋動作がはいるために大きく振ることはできない(意識的に腕を振らないと思われがちだが結果的に大きく動かないだけである)。脚と腕が同方向へ同時に動けば人体構造上、走ることはもちろん歩くことも不自然かつ困難であり所謂『ナンバ走り』ではない[5]。また肩の動きを抑えていると言われる事もあるが、実際には上記の理由により例えば朝原宣治などの走り方と比べれば結果的に大きく前後に動かないだけであるが、逆に上下には大きく動いており、しかも正面から見た場合には頭から足まで波打つように大きく揺れている[6]。 脚を高く上げない走法でも知られるが、これはネグロイドに比べ骨盤が後傾しがちな東洋人には不向きであるとの理由であるとされる[7]

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1991 世界選手権 東京 4x400mR 予選 3分01秒26 (4走) アジア記録、1組4着
1991 アジア選手権 クアラルンプール 400m 3位 46秒64
4x100mR 3位 39秒74 (3走)
4x400mR 優勝 3分05秒22 (4走)
1992 ワールドカップ ハバナ 4x400mR 6位 3分05秒30 (3走) アジア選抜[8]
1993 東アジア大会 上海 200m 3位 21秒19 (+3.0)
1993 世界選手権 シュトゥットガルト 200m 2次予選 21秒04 (+1.2) 1組6着
4x100mR 準決勝 39秒01 (4走) 1組7着
1993 アジア選手権 マニラ 400m 3位 46秒63
4x400mR 優勝 3分09秒03 (1走)
1994 アジア大会 広島 200m 2位 20秒70 (+1.7)
4x100mR 優勝 39秒37 (4走)
1995 世界室内選手権 バルセロナ 200m 準決勝 21秒77 日本人初の準決勝進出、3組5着
1995 世界選手権 イェーテボリ 200m 2次予選 20秒80 (+0.8) 3組6着
4x100mR 5位 39秒33 (2走) 準決勝で38秒67のアジア記録
日本初の決勝進出
1996 オリンピック アトランタ 200m 準決勝 20秒45 (+0.1) 日本人初の準決勝進出
日本人最高成績(準決勝2組6着)[9]
4x100mR 予選 DQ (2走)
4x400mR 5位 3分00秒76 (2走)
1997 世界室内選手 パリ 60m 予選 6秒71 8組3着
200m 予選 21秒68 3組4着
1997 東アジア大会 釜山 200m 優勝 20秒98 (+0.5)
4x100mR 優勝 39秒32 (2走)
1997 世界選手権 アテネ 100m 1次予選 10秒46 (-0.6) 5組4着
200m 1次予選 20秒82 (-0.2) 3組4着
4x100mR 準決勝 38秒31 (2走) アジア記録、2組5着
1998 アジア選手権 福岡 200m 優勝 20秒70 (-0.6)
4x100mR 2位 39秒30 (4走)
1998 ワールドカップ ヨハネスブルグ 200m 4位 20秒40 (+1.3) 3位と同タイム着差あり
1998 アジア大会 バンコク 100m 優勝 10秒05 (+1.6) 準決勝で10秒00のアジア記録
200m 優勝 20秒25 (-0.4) 大会記録
4x100mR 優勝 38秒91 (4走) 大会記録
1999 世界室内選手権 前橋 60m 準決勝 6秒62 日本人最高成績(準決勝1組4着)
200m 5位 20秒95 予選で20秒76、準決勝で20秒63のアジア記録
日本人初の決勝進出
日本人最高成績
1999 世界選手権 セビリア 100m 2次予選 10秒40 (-0.2) 5組7着
200m 準決勝 20秒51 (+1.6) 日本人初の準決勝進出、1組6着
4x400mR 予選 3分02秒50 (2走) 1組4着
2000 オリンピック シドニー 100m 準決勝 10秒39 (+0.4) 1組7着
200m 準決勝 20秒67 (+0.3) 2組7着
4x100mR 6位 38秒66 (2走) 準決勝で38秒31のアジア記録タイ

記録[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒00 (+1.9m/s) 1998年12月13日 タイ王国の旗 バンコク 日本記録アジア歴代4位タイ
200m 20秒16 (+1.9m/s) 1998年10月2日 日本の旗 熊本 日本歴代4位アジア歴代5位
400m 46秒11 1996年4月21日 アメリカ合衆国の旗 ウォルナット
4×100mR 38秒31 (2走) 1997年8月9日
2000年9月29日
ギリシャの旗 アテネ
アメリカ合衆国の旗 アトランタ
4×400mR 3分00秒76 (2走) 1996年8月3日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ アジア記録
室内
60m 6秒61 1997年2月19日 中華人民共和国の旗 北京
200m 20秒63 1999年3月5日 日本の旗 前橋 アジア記録
  • 男子400mリレー上記の記録(井上悟・伊東・土江寛裕・朝原、1997年8月9日、アテネ世界陸上準決勝)は最もカーブがきつく、記録が出にくい1レーンで出された世界最高記録とも言われていた。
  • 2000年9月30日、シドニーオリンピック準決勝でも川畑伸吾・伊東・末續・朝原のオーダーで38秒31のアジアタイ記録(当時)をマークしている。
  • 男子1600mリレー 3分00秒76(苅部俊二・伊東浩司・小坂田淳大森盛一、1996年8月5日、アトランタオリンピック決勝)

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後、2003年に白人とアボリジニのハーフである、オーストラリアパトリック・ジョンソンが9秒93をマークした。
  2. ^ 朝日新聞東京本社版、1999年6月16日付夕刊1面
  3. ^ 小山裕史『新トレーニング革命』講談社1994年
  4. ^ 財団法人日本中学校体育連盟陸上競技部『中学生のための陸上競技』18頁
  5. ^ 小山裕史『奇跡のトレーニング』2004年講談社ISBN 4-06-212217-0
  6. ^ 高岡英夫の2003年7月公開論文
  7. ^ 小山裕史『野球トレーニング革命』1999年ベースボールマガジン社ISBN 4-583-03620-5 
  8. ^ 4走のイブラヒム・イスマイル以外は全員日本人
  9. ^ 2012年大会終了時点で、高平慎士(2012年大会で準決勝3組6着)と並び

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
日本の旗 朝原宣治
(10秒08)
男子100mアジア記録保持者
(10秒08 - 10秒00)

1998/10/4 - 2007/7/26
次代:
カタールの旗 サミュエル・フランシス
(9秒99)
先代:
韓国の旗 張在根
(20秒41)
男子200mアジア記録保持者
(20秒29 - 20秒16)

1996/6/6 - 2003/6/7
次代:
日本の旗 末續慎吾
(20秒03)
先代:
朝原宣治
(10秒08)
男子100m日本記録保持者
(10秒08 - 10秒00)

1998/10/4 -
次代:
未定
先代:
高橋和裕
(20秒57)
男子200m日本記録保持者
(20秒44 - 20秒16)

1994/10/23 - 2003/6/7
次代:
末續慎吾
(20秒03)
先代:
朝原宣治
(6秒64)
男子室内60m日本記録保持者
(6秒63 - 6秒61)

1997/2/8 - 1997/3/1
次代:
朝原宣治
(6秒55)