山内健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山内健次 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム やまうち けんじ
ラテン文字 Kenji Yamauchi
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走
大学 日本大学文理学部体育学科(1983‐1987)
生年月日 (1964-08-10) 1964年8月10日(55歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 178cm
体重 68kg
引退 1992年
コーチ 中学:山脇正紀 高校:太田嗣夫、渡辺裕巳 大学:田副尚、澤村博神野正英
成績
オリンピック 200m 2次予選1組5着 (1988年
4x100mR 準決勝1組5着 (88年)
4x400mR 準決勝2組6着 (88年)
世界選手権 4x400mR 準決勝1組7着 (87年
地域大会決勝 アジア大会
4x400mR 優勝 (1986年
国内大会決勝 日本選手権
100m7位(1981,82,83年)
100m4位(1988年)
200m 優勝 (1981,87,88年)
200m 3位 (1983,85,86年)
200m 4位 (1982年)
400m 3位 (1986,87年)
400m 7位 (1991年)
自己ベスト
100m 10秒1 (1988年)
200m 20秒74 (1987年)
400m 46秒21 (1987年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

山内 健次(やまうち けんじ、1964年8月10日 - )は、兵庫県神戸市東灘区生まれの日本の男子陸上競技選手100m(手動計時)、200m4×100mリレー4×200mリレー4×400mリレー種目の元日本記録保持者。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。2016年3月まで佐野短期大学総合キャリア教育学科教授、2016年4月より東京福祉大学短期大学部こども学科教授。

経歴[編集]

神戸市立御影中学校に入学すると短距離走を専門とした。神戸市立赤塚山高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)に進学し、高校2年生のとき日本選手権200mに全国高校新記録で、同種目大会最年少優勝を果たした。その後は日本大学文理学部、(株)日本健康増進研究会、(株)ゼンリンへと進み日本代表として活躍した。1987年ローマ世界選手権1988年ソウルオリンピック日本代表。

主要大会成績[編集]

  • 1982年(高校3年生)
    • 兵庫リレーカーニバル 4×400mR 2位 (3分24秒3 2走)
    • 兵庫県高校総体 100m 1位(10秒4 +1.3m)全国高校タイ記録
    • 兵庫県高校総体 200m 1位(21秒0 ±0.0m)全国高校新記録
    • 兵庫県高校総体 4×100mR 1位(42秒4 4走)
    • ケルン国際陸上 200m 1位(21秒13 ±0.0m)全国高校新記録
    • 日本選手権 100m 7位 (10秒93 -0.6m)
    • 日本選手権 200m 4位 (21秒29 -0.2m)
    • 島根国体 100m 5位 (10秒96 -0.9m)
  • 1986年
    • 日本選手権 200m 3位 (21秒65 -1.7)
    • アジア大会 4×400mR 優勝 (3分02秒33 2走) アジア新
  • 1987年
    • 日本選手権 200m 優勝 (20秒95 -1.7)
    • 世界選手権 4×400mR 準決勝1組7着 (3分04秒86 2走)
  • 1988年
    • 日本選手権 200m 優勝 (21秒13 -2.3)
    • オリンピック 200m 2次予選1組5着 (20秒94 +1.7)
    • オリンピック 4×100mR 準決勝1組5着 (38秒90 2走) 日本新
    • オリンピック 4×400mR 準決勝2組6着 (3分03秒80 2走)
  • 1991年
    • 日本選手権 400m 7位 (46秒85)

『日本陸上競技連盟七十年史』(1995年)参考

著作[編集]


外部リンク[編集]