阿武巌夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿武巌夫 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Izuo Anno
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技短距離走
種目 100m, 200m
大学 慶應義塾大学
生年月日 1909年12月2日
出身地 山口県
没年月日 (1939-12-18) 1939年12月18日(30歳没)
死没地 中華民国広西省
身長 169cm
体重 63kg
成績
オリンピック 100m 2次予選4組5着 (1932年
4×100mリレー5位
編集 テンプレートのヘルプを表示する

阿武 巌夫(あんの いずお、1909年12月2日 - 1939年12月18日[1])は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走山口県出身。

経歴[編集]

1909年、山口県阿武郡大井村(現・萩市)に、大井八幡宮宮司の子息として生まれる[2]。山口県立萩中学校(現・山口県立萩高等学校)に進学するが、1927年山口市の私立鴻城中学校(現・山口県鴻城高等学校)に転学した[2]1928年京都市で開催された全国中学校大会では100m200mに優勝した[2]

1929年慶應義塾大学に進学[2]日本陸上競技選手権大会の200mでは1931年1932年に連覇を達成している。ベストタイムは100mが10秒7、200mが21秒9であった[2]

在学中の1932年、ロサンゼルスオリンピックに、短距離走の代表として吉岡隆徳らとともに選ばれる。100mは二次予選5位に終わった(レースの詳細は1932年ロサンゼルスオリンピックの陸上競技・男子100mを参照)が、吉岡・南部忠平・中島亥太郎とチームを組んだ4×100mリレーでは第三走者となり、5位入賞を果たした[2][3]

1939年、兵士として出征した日中戦争南寧作戦中、広西省南寧東北方九塘付近の戦闘(崑崙関の戦いも参照)において中国軍迫撃砲攻撃により戦死した[1]

出身地である萩市大井地区では、地元の小中学生が参加する「阿武巌夫記念大井地区子ども駅伝大会」が開催されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京朝日新聞』1940年1月16日、朝刊8頁。
  2. ^ a b c d e f 山口県最初のオリンピック選手 - 萩ネットワーク第35号(2000年9月、pp.8 - 9を参照)
  3. ^ オリンピック入賞者 第8回~第11回 - 日本陸上競技連盟
  4. ^ 阿武厳夫記念第41回大井地区子ども駅伝大会開催 - 萩市立大井中学校

外部リンク[編集]

関連項目[編集]