谷口睦生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷口 睦生 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 関西大学
生年月日 (1913-03-05) 1913年3月5日
生誕地 熊本県八代郡鏡町(現在の八代市
没年月日 (1943-10-02) 1943年10月2日(30歳没)
死没地 ブーゲンビル島
自己ベスト
100m 10秒4(1935年)
200m 21秒2(1934年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

谷口 睦生(たにぐち むつお、1913年(大正2年)3月5日 - 1943年(昭和18年)10月2日[1])は、日本の陸上競技短距離走)選手[1]。昭和初期の日本陸上短距離界においては、吉岡隆徳とともに「双璧」と見なされた選手で、200m直走路で日本記録を更新、100mで日本学生記録タイをマークした。第二次世界大戦で戦死[2]

生涯[編集]

熊本県八代郡鏡町[3](現在の八代市[1])生まれ。宇土中学校(現在の熊本県立宇土中学校・高等学校)在学中より競技で頭角を現し[3]、九州選手権(100200メートル)の保持者であった[1]。同窓の戸上研之(三段跳、山鹿出身)とともに、関西大学に入学[1]

「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳と並び、昭和初期日本陸上短距離界の双璧と見なされた選手で[1][3]、1933年(昭和8年)には日比対抗東京大会で200メートル優勝[1]。1934年(昭和9年)9月9日には日米対抗大会で200m直走路を21秒2で走り日本記録[4](なお、200メートル競走では1968年以降曲走路の記録のみが公認記録となっているため、谷口は200m曲走路で最後の日本記録保持者となっている)。1935年(昭和10年)には第6回学生オリンピック大会200メートル(100メートルとも[3])で優勝[1]。1935年5月26日には日本陸上競技選手権大会(甲子園)の100メートルで10秒4を記録、これは吉岡隆徳と並ぶ日本学生記録タイであった[5](なお、1938年7月にも同じ10秒4を出している[5])。

1936年ベルリンオリンピックには日本代表として出場した[3]

1939年(昭和14年)、関西大学法学部卒業[1]日本製鉄八幡製鉄所(現在の日本製鉄)に入社した[1]。応召して熊本師団(都城歩兵第23連隊[3])から出征[1]。 中国戦線より南方に転戦し[1]ブーゲンビル島スロンバンダ方面で戦死した[3]ブーゲンビル島の戦い)。

記念[編集]

1964年東京オリンピック聖火リレーが鏡町を通過するのを記念して、谷口の銅像が制作された[3]。この銅像は2015年時点で、八代市鏡総合グラウンド正面に立地している[3]

郷里八代では、「谷口睦生杯八代陸上競技選手権大会」が開催されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 谷口睦生”. 関西大学年史編纂室. 2019年10月10日閲覧。
  2. ^ Olympians Who Were Killed or Missing in Action or Died as a Result of War”. Sports Reference. 2018年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 第19回 「谷口睦生」記念陸上記録会 開催要項”. 2019年10月10日閲覧。
  4. ^ 日本学生記録の変遷 男子200m”. 日本学生陸上競技連合. 2019年10月10日閲覧。
  5. ^ a b 日本学生記録の変遷 男子100m”. 日本学生陸上競技連合. 2019年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • 長尾三郎 - 同じ関西大学陸上部所属で、ベルリンオリンピックに代表として選出された選手(大会棄権)。1943年に戦死。