2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技・男子4×100mリレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2016年リオデジャネイロオリンピック
男子4×100mリレー
Bolt se aposenta com medalha de ouro no 4 x 100 metros 1039075-19.08.2016 frz-0955.jpg
ゴールへ疾走する決勝最終走者
会場エスタジオ・オリンピコ・ジョアン・アベランジェ
開催日8月18日19日
参加チーム数16
タイム37秒27
メダリスト
金メダル  ジャマイカ ジャマイカ
銀メダル  日本 日本
銅メダル  カナダ カナダ
« 20122020 »
2016年リオデジャネイロオリンピック
陸上競技
Athletics pictogram.svg
トラック競技
100 m   男子   女子
200 m 男子 女子
400 m 男子 女子
800 m 男子 女子
1500 m 男子 女子
5000 m 男子 女子
10000 m 男子 女子
100 mハードル 女子
110 mハードル 男子
400 mハードル 男子 女子
3000 m障害 男子 女子
4×100 mリレー 男子 女子
4×400 mリレー 男子 女子
ロード競技
マラソン 男子 女子
20 km競歩 男子 女子
50 km競歩 男子
フィールド競技
走幅跳 男子 女子
三段跳 男子 女子
走高跳 男子 女子
棒高跳 男子 女子
砲丸投 男子 女子
円盤投 男子 女子
やり投 男子 女子
ハンマー投 男子 女子
混成競技
七種競技 女子
十種競技 男子

2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技・男子4×100mリレー(2016ねんリオデジャネイロオリンピックのりくじょうきょうぎ・だんし4かける100メートルリレー)は、ブラジルリオデジャネイロエスタジオ・オリンピコ・ジョアン・アベランジェにおいて、2016年8月18日から8月19日にかけて実施された[1]ジャマイカチームが37秒27で優勝し、ウサイン・ボルト2016年リオデジャネイロオリンピックで3個目の金メダルを獲得した[2]。続いて日本チームがゴールし、銀メダルを獲得するとともにアジア新記録37秒60を樹立した[2]

2016年11月、同種目日本代表選手4名は情報誌GQ JAPANが選定する2016 GQ Men of the Yearを受賞[3]

ハイライト[編集]

ジャマイカチームは2012年ロンドンオリンピックで36秒84の世界記録オリンピック記録)を打ち立て、2015年世界選手権でも37秒36のタイムで優勝を飾るなど安定した強さを見せていた[4]。これに続く存在がアメリカチームで、ロンドンオリンピックと2015年世界選手権ではいずれもジャマイカに次ぐ2番目にゴールしながら、ロンドンオリンピックでは後にタイソン・ゲイドーピング違反が発覚し失格、2015年世界選手権はバトンパスの不正により失格となっていたが、2015年世界リレーではジャマイカを抑えて、37秒38のタイムで優勝していた。

当大会ではジャマイカとアメリカのほか、ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したトリニダード・トバゴ、同じく銅メダルフランス、2015年の世界選手権でメダルを獲得した中国(銀メダル)・カナダ(銅メダル)、2016年シーズンの最高記録(37秒78)をマークしていたイギリスが注目チームとして国際陸上競技連盟(IAAF)の公式サイトで紹介された[4]

予選1組では、中国が37秒82のアジア新記録を樹立したが[5][6]、続く予選2組に出場した日本が37秒68をマークし、更にアジア記録を更新した[5][6]。日本は予選をアメリカに次ぐ全体2位で通過したものの、アメリカやジャマイカは予選ではエースを温存しており、決勝でメダルを獲得できるかは不透明な情勢だった[5]

決勝の第1走者は、3レーンのマイク・ロジャース(アメリカ)と4レーンのアサファ・パウエル(ジャマイカ)の競り合いになると目され、実際に両者は好スタートを切った一方、日本の山縣亮太も彼らに食らい付き、他のチームをリードした。日本チームは山縣から飯塚翔太、飯塚から桐生祥秀へスムーズにバトンを継ぎ、ジャマイカとアメリカを射程圏内に収め、ボルト目当てに集まった観衆を大いに驚かせた[7]。中国がこれに続き、カナダ、イギリス、トリニダード・トバゴが追う展開となった。第4走者にはジャマイカのウサイン・ボルト、アメリカのトレイボン・ブロメル、日本のケンブリッジ飛鳥が控えていた[8]。ホームストレートでボルトは後続を突き放して快走し、ジャマイカに3大会連続の金メダルをもたらした[8]。ケンブリッジはブロメルの猛追を交わして2着でゴール、ブロメルが3着で、カナダのアンドレ・ドグラスが4着でゴールラインを切った[8][9]。ゴール後アキレス腱を痛めたブロメルは車椅子で競技場を後にした[8]

ジャマイカ、日本、アメリカの3チームは表彰式に臨むため女子5000mの表彰式の終了を待っていたが、競技場のスコアボードにアメリカの「DQ」(失格)が表示された[8]。第1走者から第2走者へのバトンパスの際に、第2走者のジャスティン・ガトリンが出遅れたことでロジャースとの距離が接近しすぎてしまい、テイクオーバーゾーンに入る前にガトリンの手にバトンが触れてしまったことが、失格の理由であった[8]。この結果、4位でゴールしたカナダが繰り上げで銅メダルを獲得した[8]。ジャマイカ、日本、カナダの3チームには、ウクライナ国際オリンピック委員会委員ワレリー・ボルゾフと中国のIAAFの評議員のDu Zhaocaiからメダルが授与された。なおこの決勝ではアメリカだけでなく、トリニダード・トバゴも失格となっている[2]

ジャマイカは3大会連続の金メダルを、ボルトは3大会連続3個の金メダルを獲得した[8]。ボルトは今回が最後のオリンピック出場であると表明している[8]。過去に何度も世界記録を打ち立てたジャマイカチームにとっては特別なものではなかったが、優勝記録37秒27[8]は、歴代4番目のタイム(当時)であった[10]。(2012年ロンドンオリンピック、2011年世界陸上2008年北京オリンピックでマークした記録に次ぐが、2008年北京オリンピックの記録は2017年にネスタ・カータードーピング違反発覚により抹消され、ジャマイカチームの金メダルも剥奪された[11]。)

日本は過去に2008年北京オリンピックで銅メダル(当時。後に銀メダルに繰り上げ)を獲得しているので、4×100mリレーで史上2個目のメダルを手にした[8]。オリンピックのトラック種目でのメダル獲得はこれが3個目。決勝記録37秒60は、予選でマークしたアジア記録を更新した[8]。この快挙は、得意としてきたアンダーハンドパスの改良と、バトンパスの際のスタートを切る距離の目安を4分の1足長(約7cm)伸ばすという決勝直前の判断が功を奏したと報じられた[12]AP通信は日本の銀メダルを「決勝で最も驚いた出来事の一つ」、またロイター通信も「9秒台の選手が1人もいないのに好成績を収めた」と日本の活躍を称賛した[13]

カナダは37秒64のカナダ新記録をマークし、同種目では20年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。3番手でゴールしながら走路違反による失格となった前回大会の雪辱を果たした[8]

記録[編集]

今大会までの各種記録は以下の通り。

世界記録 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ネスタ・カーターマイケル・フレイターヨハン・ブレークウサイン・ボルト
36秒84 イギリスの旗 イギリス ロンドン 2012年8月11日
オリンピック記録
2016年当季世界最高記録 イギリスの旗 イギリス
ジェームズ・ダサオルアダム・ジェミリ英語版ジェームズ・エリントン英語版シジンドゥ・ウジャ
37秒78 2016年7月23日

日程[編集]

時刻はすべてブラジル時間UTC-3JST-12)[1]

ラウンド
2016年8月18日 木曜日 11:40 予選
2016年8月19日 金曜日 22:35 決勝

結果[編集]

予選[編集]

通過条件:各組上位3着(Q)+記録上位2着(q)[14]

1組[編集]

順位 レーン 選手 記録 備考
1 3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 マイク・ロジャースクリスチャン・コールマンタイソン・ゲイジャリオン・ローソン 37.65 Q, SB
2 4 中国 中国 湯星強英語版謝震業蘇炳添張培萌 37.82 Q, AR
3 2 カナダ カナダ アキーム・ヘインズ英語版アーロン・ブラウンブレンドン・ロドニー英語版モボラデ・アジョマレ英語版 37.89 Q, SB
4 6 トルコ トルコ イゼット・サフェル(Izzet Safer)、ジャック・ハーヴェイエムレ・ザフェル・バーンズラミル・グリエフ 38.30 NR
5 7 フランス フランス マルヴィン・ルネフランス語版ステュアート・デュタンビー英語版ミカエル=メバ・ゼゼ英語版ジミー・ヴィコ 38.35 SB
6 8 アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダ Chavaughn Walshセジャー・グリーンジャレッド・ジャーヴィス英語版タヒル・ウォルシュ英語版 38.44 SB
7 5 セントクリストファー・ネイビス セントクリストファー・ネイビス ジェイソン・ロジャーズキム・コリンズアリスター・クラークフランス語版アントワーヌ・アダムス 39.81
1 ドミニカ共和国 ドミニカ共和国 マヨバネクス・デ・オレオ(Mayobanex de Oleo)、Yohandris Andújar, スタンリー・デル・カルメン英語版ヤンカルロス・マルティネス DQ R 162.7

2組[編集]

順位 レーン 選手 記録 備考
1 6 日本 日本 山縣亮太飯塚翔太桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥 37.68 Q, AR
2 3 ジャマイカ ジャマイカ ジェボーン・ミンジーアサファ・パウエルニッケル・アシュミードケマー・ベイリー=コール 37.94 Q, SB
3 7 トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ キーストン・ブレドマンロンデル・ソリロエマヌエル・カランダーリチャード・トンプソン 37.96 Q, SB
4 1 イギリス イギリス リチャード・キルティハリー・アイキネス=アリエティジェームズ・エリントン英語版シジンドゥ・ウジャ 38.06 q
5 8 ブラジル ブラジル リカルド・デ・ソウザ英語版ビトル・ウーゴ・ドス・サントス英語版ブルーノ・デ・バロスジョージ・ヴィデス英語版 38.19 q
6 4 ドイツ ドイツ ユリアン・ロイススヴェン・クニップファルツ英語版ロベルト・ヘリング英語版ルーカス・ヤクシェ英語版 38.26
7 5 キューバ キューバ セザール・ルイズ英語版ロベルト・スカイヤーズレイニエル・メナ英語版、ヤニエル・カレーロ(Yanier Carrero) 38.47
8 2 オランダ オランダ ソロモン・ボカリ英語版ヘンスリー・ポーリナ英語版リーマービン・ボネバチア、ジョヴァンニ・コドリントン(Giovani Codrington) 38.53

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

| Q 順位による通過 | q 記録による通過| DQ 失格| R 162.7 不正スタート| R 163.3a レーン侵害| R 170.7 テイクオーバーゾーン外でのバトンパス

決勝[編集]

出典:IAAF[15]

順位 レーン 選手 記録 備考
1位 4 ジャマイカ ジャマイカ アサファ・パウエルヨハン・ブレークニッケル・アシュミードウサイン・ボルト 37.27 SB
2位 5 日本 日本 山縣亮太飯塚翔太, 桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥 37.60 AR
3位 7 カナダ カナダ アキーム・ヘインズ英語版, アーロン・ブラウンブレンドン・ロドニー英語版アンドレ・ドグラス 37.64 NR
4 6 中国 中国 湯星強英語版謝震業蘇炳添張培萌 37.90
5 1 イギリス イギリス リチャード・キルティハリー・アイキネス=アリエティジェームズ・エリントン英語版アダム・ジェミリ英語版 37.98
6 2 ブラジル ブラジル リカルド・デ・ソウザ英語版ビトル・ウーゴ・ドス・サントス英語版ブルーノ・デ・バロスジョージ・ヴィデス英語版 38.41
8 トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ キーストン・ブレドマンロンデル・ソリロエマヌエル・カランダーリチャード・トンプソン DQ R 163.3a
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 マイク・ロジャースジャスティン・ガトリンタイソン・ゲイトレイボン・ブロメル DQ R 170.7

脚注[編集]

  1. ^ a b Timetable by discipline The XXXI Olympic Games BRAZIL Rio de Janeiro, BRAZIL”. IAAF. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c 陸上男子400mリレーで日本が銀メダル”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  3. ^ “菅田将暉、“お父さん”吉川晃司との授賞式に「運動会みたい」と声弾ませる”. 映画ナタリー. (2016年11月21日). https://natalie.mu/eiga/news/210194 2016年11月22日閲覧。 
  4. ^ a b Morse, Parker (2016年8月6日). “Preview: men’s 4x100m – Rio 2016 Olympic Games”. IAAF. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  5. ^ a b c 【陸上】男子400Mリレー、予選とは「別人」の米国、ジャマイカと勝負でメダル狙う”. スポーツ報知 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  6. ^ a b 日本は全体2位で決勝へ 陸上男子400リレー(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年9月19日閲覧。
  7. ^ 細野友司 (2016年8月21日). “【陸上】ボルトが認めた日本リレーチームを襲った1年半前の代表崩壊危機”. スポーツ報知. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m Morse, Parker (2016年8月19日). “Report: men's 4x100m final – Rio 2016 Olympic Games”. IAAF. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  9. ^ 男子400Mリレー「銀」の感動18・2% 瞬間最高は27・0%”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン (2016年8月22日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  10. ^ 4x100 Metres Relay - men - senior - outdoor”. www.worldathletics.org. 2020年9月19日閲覧。
  11. ^ 男子400リレーのジャマイカ失格=日本は銀に繰り上がり-北京五輪ドーピング再検:時事ドットコム”. web.archive.org (2017年2月2日). 2020年9月19日閲覧。
  12. ^ 益田一弘 (2016年8月21日). “桐生らリレー日本の銀呼んだ僅か7センチ差の変更”. 日刊スポーツ. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  13. ^ スポーツニッポン (2016年8月21日). “男子400mリレー海外メディアも日本絶賛!「決勝で最も驚いた出来事の一つ」”. 毎日新聞社. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  14. ^ 4x100 Metres Relay men”. IAAF. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  15. ^ 4x100 Metres Relay men”. IAAF. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。