藤原新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原 新 Portal:陸上競技
Arata Fujiwara - 2012 Olympic Marathon.jpg
2012年、ロンドン五輪での藤原
選手情報
フルネーム 藤原 新
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 ミキハウス
生年月日 1981年9月12日(34歳)
生誕地 長崎県諫早市
身長 167㎝
体重 54㎏
自己ベスト
1500m 3分52秒42 (2007年)
5000m 13分41秒35 (2006年)
10000m 28分41秒05 (2009年)
ハーフマラソン 1時間1分34秒 (2012年)
マラソン 2時間7分48秒 (2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

藤原 新(ふじわら あらた、1981年9月12日 - )は、日本陸上競技長距離走マラソン選手プロランナー)。所属はJR東日本→フリー→レモシステム→フリー(東京陸上競技協会)→ミキハウス2012年ロンドンオリンピック2009年世界陸上ベルリン大会各男子マラソン日本代表。

来歴[編集]

長崎県諫早市(旧・西彼杵郡多良見町)出身。1997年3月、諫早市立琴海中学校(旧・多良町立琴海中学校)卒業。1997年4月、長崎県の駅伝強豪校である県立諫早高等学校に入学し陸上競技部に入部するも、高校在学中に全国高校駅伝競走大会への出場は一度も果たせなかった[1]

諫早高校卒業後の2000年4月、拓殖大学商学部に入学。拓殖大時代も陸上競技部に所属し、箱根駅伝には第77回(1区10位)と第79回(4区4位)の2回出場している[2]2004年3月、拓殖大学を卒業。

北京オリンピックは補欠代表[編集]

2004年4月、同じ拓殖大陸上部所属だった高田千春らと共に東日本旅客鉄道(JR東日本)に入社。八王子支社総務部総務課に勤務しながら、前年創設されたばかりのJR東日本ランニングチームに所属[注 1]し、競技活動を行う。5000m走10000m走などで実績を積むとともに、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)にはチーム初出場の第49回大会(2005年)で1区を任され[3]、その後エース区間に起用されるなどの活躍を見せる。

2007年3月4日の第62回びわ湖毎日マラソンが初マラソン。しかしこのときはレース中に腹痛と足のマメに悩まされて、2時間38分37秒の85位と完走がやっとであった。

2008年2月17日東京マラソン2008の選考会の部(北京オリンピック男子マラソン日本代表選考レース)に一般参加で2回目のマラソン出場。このときはフルマラソン記録での参加資格(2時間30分以内)を満たさずハーフマラソンの記録で何とか参加資格を得たが、本人曰く「とにかく先頭についていけるところまで行こうと思った」[4]というレース運びでくらいつく。レース終盤で脹ら脛痙攣するアクシデントに何度も見舞われながら、優勝したビクトル・ロスリンスイスの旗 スイス)に次ぐ日本人トップの第2位でフィニッシュ。自己記録を約30分も更新する、2時間8分40秒のタイムをマークし、一躍北京オリンピックの代表候補に名乗り出た。結果的に世界陸上大阪大会男子マラソンで5位入賞した尾方剛と3番目の争いに破れ、補欠となりオリンピック出場はならなかった[注 2]

世界陸上ベルリン大会出場[編集]

シカゴマラソン出場(16位)を経て、2008年12月7日の第62回福岡国際マラソン世界陸上ベルリン大会選考レース)に出場。ツェガエ・ケベデエチオピアの旗 エチオピア)、入船敏カネボウ)に次ぐ3位に入った。この記録が2度目の「サブテン」(2時間10分未満)だったことが評価され、2009年の世界陸上ベルリン大会男子マラソン代表5選手の一人に初めて選出された。本大会では序盤は上位集団に食らいつくも、レース中盤以降で大幅にペースダウンしてしまい、61位の惨敗に終わった[6]

2010年2月の東京マラソン2010に出場。藤原正和との「藤原」対決に敗れはしたが、2年ぶり2度目の2位でフィニッシュ。同年3月31日を以てJR東日本ランニングチームを退部(JR東日本を退社)、フリーとなる。

同年5月オタワマラソンに出場。残り1km付近でスパートをかけて抜け出し、そのまま先頭でフィニッシュ、自身念願のマラソン初優勝を大会新記録・コースレコードで飾った[7]。その後、2010年7月1日付で健康食品の製造・販売事業を展開するレモシステムとのスポンサー契約(3年契約)を結ぶ。

2011年10月、7歳年上の一般女性と結婚。妻は富山県の産婦人科医師[8]。同年末、第1子(長女)が誕生したことをきっかけに富山県富山市に住民登録を行う[9]。同年10月31日付で諸事情によりレモシステムとの契約を中途解除。東京陸上競技協会所属として、国立スポーツ科学センターを拠点に母校拓殖大学陸上競技部の練習に参加していた。

ロンドンオリンピック代表選出・出場[編集]

2012年2月5日香川丸亀国際ハーフマラソン男子の部では総合6位・日本人で2着(日本人首位は高林祐介の5位・1時間01分31秒)ながらも、1時間01分34秒の自己記録をマークした。同年2月26日ロンドンオリンピックへの切符を賭け、10度目のマラソンとなる東京マラソン2012に出場。レース中盤から徐々にペースを上げ日本男子トップ争いの先頭に立ち、終盤で前世界記録保持者のハイレ・ゲブレシラシエエチオピアの旗 エチオピア)を抜き、2時間7分48秒の自己ベスト記録で2位(日本人1位)でゴールインした。この成績により、同年3月12日ロンドン五輪男子マラソン日本代表に正式選出され、3月17日には日本陸上競技連盟A指定選手となった。なお3月31日には、ロンドン五輪代表選考に落選した「日本最速市民(公務員)ランナー」の川内優輝と共に、荒川土手で合同トレーニングを披露している[10]。 

2012年8月12日に行われたロンドン五輪男子マラソン本番では、30Km過ぎ辺り迄は8位以内の入賞を狙える好位置についていた。だが、それまでのペースの上げ下げでスタミナ切れ・ガス欠状態を引き起こし、さらに32Km付近で両足ふくらはぎを痙攣させるアクシデントも響き、又してもレース終盤で極端に大きく失速してしまう。なんとか完走こそはしたものの、結局日本人最下位[注 3]の45位に終わった[11][12]

ロンドンオリンピック以降[編集]

ロンドン五輪の惨敗から3か月半後の12月2日の第66回福岡国際マラソン(世界陸上モスクワ大会選考レース)に急遽エントリー。35Km過ぎで再び両ふくらはぎがつる影響によりペースダウン、日本人では堀端宏行に次ぐ2着の4位に甘んじた[13]。翌2013年2月、香川丸亀国際ハーフマラソン及び東京マラソン2013に出場予定だったが、同年1月のトレーニング中に左太もも裏を痛めてしまい、両レース共に欠場となった[14]

2013年9月15日グレートノースラン(ハーフマラソン・イギリスの旗 イギリス)で福岡国際マラソン以来9か月ぶりの公式レースに出場、1時間2分44秒で日本男子トップの4位に。同年9月29日函館ハーフマラソン男子の部では、ライバル・川内優輝らと競り合う中残り1.5Kmで後続を振り切り、1時間4分19秒で同大会初優勝を果たした。同年12月1日、1年ぶりフル挑戦の第67回福岡国際マラソンに再び川内らと出場、レース前の記者会見では藤原・川内の舌戦バトルが繰り広げられる[15]。しかし16Km付近で先頭集団から遅れ始めた後、20Km手前で歩いてしまい、再び走り出そうとするも20Km過ぎの地点で途中棄権に終わった[16]

2014年2月23日の東京マラソン2014では、事前にインフルエンザによる練習不足が響き、27Km地点辺りで急激に失速。ゴール手前では日本女子トップで7位の伊藤舞にも追い抜かれるなど、結局76位の成績不振だった。同年5月11日仙台国際ハーフマラソンでは川内優輝(4位)に遠く及ばず1時間5分42秒の19位、翌週5月18日高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンでも川内(11位)から大きく引き離され、1時間10分42秒の53位に終わった。同年7月6日ゴールドコーストマラソンも川内(3位)と共に出走したが、結果15位に留まった。

2015年2月1日の香川丸亀国際ハーフマラソンは1時間3分46秒の57位[17]、同年2月22日の東京マラソン2015も20Km過ぎで集団からズルズル後退し37位[18]と、依然レースで好結果を残せない状況が続いていた。

リオオリンピック代表選出は絶望[編集]

一般参加で出場した同年8月30日開催の北海道マラソンでは、ゴール手前までサイラス・ジュイケニアの旗 ケニア出身・埼玉陸協)と激しく競り合う中、ゴールタイムは2時間16分台ながら自身5年ぶり2回目のマラソン優勝を達成した[19][20]。続く11月1日の第1回富山マラソンでも、2時間17分台で通算3回目の優勝を果たし、初代王者となった[21]。さらに自身初出場の防府読売マラソンでは、34Km付近で自らロングスパートで2位の川内優輝らを引き離し、2時間11分台で通算4回目の優勝を達成、フルマラソン3連覇を成し遂げた[22]

2016年2月7日、香川丸亀国際ハーフマラソン男子の部では総合36位に留まったが、1時間02分57秒のゴールタイムで藤原曰く「75点の出来」と評価[23]。同年8月開催のリオデジャネイロオリンピックへ2大会連続五輪日本代表入りを目指し、2月28日の東京マラソン2016に出場[24]。その東京マラソン本番は29Km地点で第二集団の先頭に立つ場面も有ったが、35km地点を過ぎた後で大失速。結局44位に終わってしまい、リオ五輪の男子マラソン代表選出は絶望となった[25][26][27]

その他[編集]

ロンドン五輪男子マラソン・日本代表選出後の2012年4月9日、自身のマネジメント会社となる『株式会社藤原新』を設立、動画共有サイトニコニコ動画』を通じて個人スポンサーを募り、最終的に1050万円の活動資金を得る[28]5月9日にはミキハウスと所属契約を締結。契約期間は2012年5月~2013年4月までの1年間[29]。他多数のスポンサーから多くの資金を集めるも、この行動に対し一部のタブロイド紙などでは「五輪本番で結果を出さないと引っ込みがつかなくなるのでは[30]」「実業団や陸連は内心では快く思っていないはず[31]」等と、藤原の姿勢を揶揄したり疑問視するものがいた。尚現在、メールマガジン及び会員制モバイルサイトを有料にて発信中である。

同年6月29日にロンドン五輪本番に向けて、公式応援歌「風雅~新たなる道へ~」を自身がファンだという→Pia-no-jaC←によって作成された[32]

ほか、2016年現在の藤原は「プロランナー」の肩書きで、マラソン・オリンピック関連のマスメディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等)に、特別ゲストで登場などでも活動中。

自己記録[編集]

マラソン全成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2007年3月4日 びわ湖毎日マラソン 85位 2時間38分37秒 初マラソン・世界陸上大阪大会選考レース
2008年2月17日 東京マラソン 2位 2時間08分40秒 北京オリンピック選考レース
2008年10月12日 シカゴマラソン 16位 2時間23分10秒
2008年12月7日 福岡国際マラソン 3位 2時間09分47秒 世界陸上ベルリン大会選考レース
2009年8月22日 世界陸上ベルリン大会 61位 2時間31分06秒 団体戦日本男子代表銅メダル獲得
2010年2月28日 東京マラソン 2位 2時間12分34秒
2010年5月30日 オタワマラソン英語版 優勝 2時間09分34秒 大会新記録・コースレコード・マラソン初優勝
2010年11月7日 ニューヨークシティマラソン DNF 途中棄権 37Km付近でリタイア
2011年2月27日 東京マラソン 57位 2時間29分21秒 世界陸上大邱大会選考レース
2012年2月26日 東京マラソン 2位 2時間07分48秒 ロンドンオリンピック選考レース・自己ベスト記録
2012年8月12日 ロンドンオリンピック 45位 2時間19分11秒 日本男子選手では最下位
2012年12月2日 福岡国際マラソン 4位 2時間09分31秒 世界陸上モスクワ大会選考レース
2013年12月1日 福岡国際マラソン DNF 途中棄権 仁川アジア競技大会選考レース・20Km過ぎでリタイア
2014年2月23日 東京マラソン 76位 2時間30分58秒 仁川アジア競技大会選考レース
2014年7月6日 ゴールドコーストマラソン 15位 2時間25分11秒
2015年2月22日 東京マラソン 37位 2時間19分40秒 世界陸上北京大会選考レース
2015年8月30日 北海道マラソン 優勝 2時間16分49秒 マラソン2回目の優勝
2015年11月1日 富山マラソン 優勝 2時間17分05秒 マラソン3回目の優勝
2015年12月20日 防府読売マラソン 優勝 2時間11分50秒 マラソン4回目の優勝
2016年2月28日 東京マラソン 44位 2時間20分23秒 リオデジャネイロオリンピック選考レース

藤原新のマラソン全成績は好不調の落差が余りにも大きく、藤原本人曰く「野球で例えるならホームラン三振か」のパターンが延々続いている[33]。特にレース後半以降で上位争いから脱落すると、完全に諦めて急失速してしまうケースが多い。

東京マラソン2011の本番前、招待選手らの記者会見で瀬古利彦は直接藤原に対して「マラソンでは良い結果と悪い結果が交互に来るけど、それは一体何故なの?」と質問。すると藤原は「20キロあたりで楽になる瞬間が有ります。それが来れば最後までいけるが、来ないともうゲームオーバーですね」とその理由を回答する。その後、瀬古が呆れた口調で「藤原君、その自分自身で決めつける考え方が悪いんだよ!今度1回飲んでオレが教えてやるから」 と指摘されると、当の藤原を初め周囲の報道陣らも思わず失笑。瀬古の苦言に対して藤原は「珠玉のような、ありがたいお言葉です」と恐縮しきりだった[34]

2015年には北海道・富山・防府読売でフルマラソン3大会連続優勝を達成。但しゴールタイムはいずれも2時間10分未満の記録に至らず、近年サブテンをマークしたのは2012年の福岡国際マラソンが最後となっている。

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ JR東日本ランニングチームは八王子市に拠点を置いており、メンバーの大半は八王子支社勤務の社員である。
  2. ^ 北京オリンピック本番前日の2008年8月23日大崎悟史が故障により出場辞退を表明した[5]が、既に同年7月30日日本陸連が補欠登録を解除しており、藤原の補欠繰上での出場はならなかった。
  3. ^ 藤原と同じ拓大陸上部の1年後輩だった中本健太郎が6位に入賞。ゴール手前で藤原を追い抜いた山本亮は40位だった。

出典[編集]

  1. ^ 藤原新オフィシャルウェブサイト PROFILE
  2. ^ 選手詳細情報 藤原新 - 箱根駅伝公式サイト
  3. ^ 大会結果レポート 第49回全日本実業団駅伝競走大会 - JR東日本ランニングチーム公式サイト
  4. ^ マラソン界に期待の新星、藤原新が日本人トップに - 東京マラソン2008記者会見 - マイナビニュース2008年2月18日
  5. ^ マラソン大崎が左脚股関節の故障で欠場 - 日刊スポーツ 2008年8月23日
  6. ^ 世界選手権ベルリン 男子マラソン テキスト速報 - スポーツナビ2009年8月22日
  7. ^ Japan Running News: Arata Fujiwara Sets Ottawa Marathon Course Record. 30. May 2010
  8. ^ いよいよ 院長先生のブログ
  9. ^ 藤原新が富山県知事を訪問「日本、富山代表として頑張ります」
  10. ^ 藤原「強烈な後輩」川内と合同練習 刺激しあって12キロ - スポニチ2012年3月31日
  11. ^ 藤原新「足にきた」山本「力不足」/陸上 - 日刊スポーツ 2012年8月13日
  12. ^ 藤原ガス欠45位「冬のマラソンでリベンジしたい」- スポニチ 2012年8月13日
  13. ^ 藤原、4位は不満も“実験”には手応え - msn産経ニュース2012年12月2日
  14. ^ 藤原新、左太もも裏炎症のため欠場 - msn産経ニュース2013年2月19日
  15. ^ 川内VS藤原 恒例?の舌戦 12・1福岡国際で激突 - スポニチ2013年11月30日
  16. ^ 藤原20キロすぎで棄権 福岡国際マラソン - 西日本新聞2013年12月2日
  17. ^ 菊地、日本人トップの7位 丸亀国際ハーフマラソン - 日本経済新聞2015年2月1日
  18. ^ 【東京マラソン】藤原新も失速「本来の自分じゃない」故障からの復活ならず - 産経ニュース2015年2月22日
  19. ^ 北海道マラソン2015
  20. ^ 藤原新「新たなスタートの地」10年5月以来の優勝 - 日刊スポーツ2015年8月31日
  21. ^ 富山マラソン 男子は藤原新 女子は野尻あずさが優勝 - KNB WEB 2015年11月1日
  22. ^ 藤原新が初V「フォームを探しながらの走りだった」 - 日刊スポーツ 2015年12月20日
  23. ^ 藤原新ハーフマラソン36位も「東京」へは手応え」 - 日刊スポーツ 2016年2月8日
  24. ^ 藤原新「三振かホームラン」五輪へ東京マラソン- 日刊スポーツ 2016年2月28日
  25. ^ ヤクルト高宮が8位で日本人最高/東京マラソン詳詳細 - 日刊スポーツ 2016年2月28日
  26. ^ 東京マラソン2016 ランナーアップデート 藤原新
  27. ^ 藤原新、惨敗44位/東京マラソン記事一覧 - 東京新聞 2016年2月29日
  28. ^ 藤原新選手が問う日本マラソン界のあり方 ニコ動ユーザーから応援資金 - 東洋経済ONLINE 2012年4月16日
  29. ^ ミキハウスと所属契約、藤原新が支援に感謝、読売新聞(電子版)、2012年5月9日
  30. ^ マラソン藤原新、セレブになり大丈夫?五輪本番に不安 - ZAKZAK2012年6月19日(アーカイブ)
  31. ^ 「1億円ランナー」藤原新は腹一杯か? - YUCAEE MEDIA2012年7月15日
  32. ^ 藤原新に公式応援曲できた!ピアノジャックが提供 ― スポニチ2013年1月7日
  33. ^ 藤原新「三振かホームラン」五輪へ東京マラソン - 日刊スポーツ2016年2月28日
  34. ^ 藤原東京マラソン初Vへ瀬古氏が公開説教 - 日刊スポーツ2011年2月26日

外部リンク[編集]