サブメンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テクニカル・エリアにて交代を待つサブメンバー(サッカー

サブメンバー(sub member)とは、スポーツの団体競技において、試合開始時より出場しない選手のこと。

概要[編集]

一般に「控え」「補欠[1]」「サブスティテューション(substitution)」などと呼ばれ、試合開始時より出場するスターティングメンバー(スタメン)に対して、主にそのバックアップ要員として待機する。また、基本的にベンチにて出番を待つため、控えに回ることを「ベンチスタート」と呼ぶ。

控えに回る選手は、スタメン出場を続ける選手(レギュラー)と比べて体力や技術が劣っていることが多く、それ故に試合での出番が少なく常にベンチスタートに甘んじている選手を指して「ベンチウォーマー(bench warmer)」と表現することがある。しかし、このような控え選手の存在も試合の勝敗を左右する重要な存在である。

控え選手が起用される場面[編集]

ブルペンで投球練習するリリーフ投手(野球

スタメンのアクシデント[編集]

  • スタメンが疲労の為に、動きが明らかに落ちている時
  • スタメンが調子を落とし、本来の力を出せていない時
  • スタメンが怪我をして試合に出られなくなった時
  • スタメンが退場処分を受けた時(サッカーなど補充不可の競技は除く)

など、スタメンの選手に何らかのアクシデントがあった場合に選手交代によって試合に途中出場する。また、アクシデントが試合開始直前に起こったものである場合、その選手に代わってスタメン出場することもある。

試合展開上の選手交代[編集]

  • 相手に一方的に押されるような展開が続き、選手を入れ替えて流れを変えたい時
  • 「スタメンとしては難があるが、ここ一番の勝負強さがある選手」(野球の代打代走リリーフなど、必要な時に“仕事をする、結果を出す”ことができる選手)を起用するのに最適なチャンスが訪れた時
  • 「攻撃には難があるが、守備に関するプロフェッショナルの選手」を起用する状況が訪れた時(野球やサッカーの守備固めなど、リードして勝ち逃げを狙いにいく場合)

などのように、試合上の戦略として控え選手を途中出場させる場合もある。アクシデントによる途中出場が「やむを得ない」ものであるのに対し、積極的な選手交代であることが多い。

また、このような場合に備え、実力者でありながらあえてサブメンバーとして起用される選手を俗に「スーパーサブ」と呼ぶ。スタメンと同等かそれ以上の潜在能力を有し、勝負どころや特定の場面において特にその実力を発揮できるタイプの選手がスーパーサブとして扱われる。

選手交代のルール[編集]

バレーボールの選手交代
  • 選手交代は各競技ルールに基づいて試合途中あるいはインターバル(競技によってはタイムアウトも)明けに実行する。
  • サブメンバーは試合開始時にはベンチに入り出番を待つ。
  • サブメンバー交代直前にコート(フィールド)の外で待機し、交代される選手がコートからベンチに退こうとすると、代わってコートに入り交代完了となる。
  • 交代された選手は完了後は基本的にベンチから試合を見守る。
  • 選手交代については、競技によって申告交代制と自由交代制に分かれる。前者は野球クリケットサッカーラグビーバスケットボールバレーボールなど、後者はアメリカンフットボールアイスホッケーフィールドホッケーハンドボールフットサル水球などが該当する。
  • 申告交代制の場合、必要に応じてコーチ(監督)、競技によっては主将が審判員を通じて運営にその旨を告げ、試合途中の場合は試合が止まった後に審判員が交代を認めた上で指示を仰ぎ実行に移す。
    • 選手交代がある場合は、場内アナウンスでその旨が告げられる。また、サッカーやバレーボールでは交代される選手の背番号が記されたボードを示して交代を促す。
    • 野球やサッカー、ラグビーなどでは一度交代で退いた選手は原則として試合に戻ることはできないが、ラグビーでは治療のため一時的に交代させることが可能である。一方、バスケットボールやバレーボールなどでは再度交代でコートに戻る(再出場)ことが認められる。
    • また、サッカー、クリケットなどでは交代する人数に制限が設けられている。この場合、規定に達した後は選手交代することができず、アクシデントが起きれば人数を欠いた状態で試合を続行しなければならない。さらにクリケットの場合、負傷など以外の理由による交代は基本的に認められない。
  • 自由交代制の場合、審判員に交代を告げる必要は特になく、交代も無制限でかつ再出場も可能。競技によっては試合進行中に交代を完了することができる場合もある。
    • ただし、アイスホッケーにおいては、試合中断時に交代する場合、ビジターチームはホームチームよりも先に交代を終えなければならない。

その他[編集]

  • 芸能界では、これが転じて「その人自身は冠番組をあまり持つことがなく脇役に回ることが多いが、番組中においてはメインパーソナリティに引けを取らない存在感を発揮するタレント」や、「キャラクターや人気、立場等の理由から司会者として起用するには難があるが、脇役としての起用であればその立ち回りの上手さや安定感から、安心して任せられるタレント」などを指す意味で「スーパーサブ」という言葉が使われる場合がある。
  • 試験や競技会において、合格者もしくは勝者が何らかの理由で辞退・失格となり欠員が発生した場合に備えて人員等を確保することを「補欠合格」と呼ぶこともある。

脚注[編集]

  1. ^ 日本のクラブ活動・部活動などでは、プロチームにおける「二軍」的な意味で使われることが多い。

関連項目[編集]