佐藤拳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 拳太郎 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム さとう けんたろう
ラテン文字 Kentaro Sato
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 400m
所属 富士通陸上競技部
大学 城西大学
生年月日 (1994-11-16) 1994年11月16日(23歳)
出身地 埼玉県
身長 173cm
体重 63kg
成績
世界選手権 4x400mR 予選2組8着 (2017年)
地域大会決勝 アジア選手権
400m 3位 (2015年)
国内大会決勝 日本選手権
400m 2位 (2015年, 2017年)
4x400mR 4位 (2013年)
自己ベスト
200m 21秒19 (2014年)
400m 45秒58 (2015年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

佐藤 拳太郎(さとう けんたろう、1994年11月16日 - )は、埼玉県出身の陸上競技選手。専門は400mで、自己ベストは日本学生歴代8位の45秒58。2016年リオデジャネイロオリンピック男子4×400mリレー日本代表である。

経歴[編集]

所沢市立狭山ヶ丘中学校、埼玉県立豊岡高等学校城西大学(経営学部)卒業。富士通在籍。

高校生時代まで[編集]

中学時代は野球部に所属し、陸上は高校から始める[1]

高校3年時の4月末には肺気胸のため1週間ほど入院し、インターハイ県大会の出場が危ぶまれた。しかし、無事に出場したインターハイ県大会の200mで優勝、400mで2位に入ってインターハイ北関東大会初出場を決めると、北関東大会でも200mで優勝、400mで2位に入ってインターハイ初出場を決めた[1]インターハイは両種目で準決勝まで進出した。

大学生時代[編集]

2013年 - 2014年[編集]

2013年、城西大学に進学。1年時は主要大会の個人種目で入賞することはできかったが、アンカーを務めた4×400mリレーでは日本インカレで7位、日本選手権リレーで4位という成績を残した。

2014年、5月に関東インカレの400mで5位入賞を果たすと、6月には日本学生個人選手権の400mで2位に入り、全国大会で初の表彰台に上った。シーズン前半は好調だったが、9月に左脚ハムストリングスの肉離れを起こしたため[2]、後半の日本インカレや国民体育大会などを欠場することになった。

2015年[編集]

4月、出雲陸上の300mで3位に入ると、世界リレーの日本代表選考会となった織田記念国際の400mでは46秒21の自己ベスト(当時)で優勝し、主要大会を初めて制した。

5月、世界リレーの4×400mで初めて日本代表を経験。予選で日本チーム(小林直己、佐藤、ウォルシュ・ジュリアン北川貴理)の2走を務め、チーム最速のスプリットタイム(47秒71)をマークする活躍を見せたが、結果は組6着で決勝には進出できなかった[3]。関東インカレでは400mを制して初のインカレタイトルを獲得すると、3走を務めた4×400mリレーでは城西大学初の決勝進出と優勝に貢献した[4]

6月、アジア選手権の400mで国際大会の個人種目に初出場を果たすと、決勝では46秒09の自己ベスト(当時)をマークし、アブドーラ・ハルーン(44秒68)、ユセフ・マスラヒ(45秒14)に次ぐ3位に入り銅メダルを獲得した。4×400mリレーにも出場予定だったが、直前のアップ中に腹痛に襲われ、急遽メンバーから外れた[5]。初出場となった日本選手権の400mでは、予選で自身初の45秒台となる45秒58をマークし、山崎謙吾が持つ46秒00の埼玉県記録を塗り替えた。決勝ではこの種目10連覇中の金丸祐三からリードを奪い、ゴール30m手前あたりで金丸に負けを意識させたが、惜しくもゴール直前にかわされて0秒02差の2位に終わった[6]

7月、ユニバーシアードの400mと4×400mリレーに出場。400mは準決勝敗退に終わったが、4×400mリレーでは日本チーム(ウォルシュ・ジュリアン、加藤修也、北川貴理、佐藤)のアンカーを務めて銀メダルを獲得した(当初は4位だったが、上位2カ国が失格になり2位に繰り上がった)[7]

8月、北京世界選手権の4×400mリレー日本代表に選出されたが、大会では出番なしに終わった。

2016年[編集]

6月、日本選手権の400mは46秒30の5位で表彰台は逃したが、大会後にリオデジャネイロオリンピックの4×400mリレー日本代表候補に選出(日本が出場権を獲得すれば日本代表となる)。日本は最終的に出場権を獲得したため、晴れて日本代表となった[8]

8月、リオデジャネイロオリンピックの4×400mリレーは補欠として出番なしに終わった。

社会人時代[編集]

2017年[編集]

4月、富士通に入社し、同社陸上競技部に入部[9]

6月24日、日本選手権400m決勝では最後の直線でトップに躍り出たが、予選を全体1位(45秒48)で突破した北川貴理にかわされ、45秒95の2位(1位と0秒19差)で初優勝を逃した[10]

人物・エピソード[編集]

  • 大学1年時は日本インカレと日本ジュニア選手権の200mに出場するなど200mへのこだわりが強かったが、城西大学陸上部コーチの千葉佳裕から勧められ400m専門となった[11]。2015年は「ユニバーシアードに行ければいいな」(千葉佳裕)と言われていた程度だったが[2]、ユニバーシアードはおろか、世界リレーや世界選手権といったシニアの世界大会日本代表に選出されるまでの選手となった。
  • ゲン担ぎとして大会前には100%系のジュースを飲む。座右の銘・好きな言葉は「才能は天から降ってくるものじゃないなら、自分で作れば良い。[12]」「道を選ぶということは、必ずしも歩きやすい道を選ぶという事ではない[13]」。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
200m 21秒19 (+0.4) 2014年6月28日 日本の旗 熊谷市
400m 45秒58 2015年6月27日 日本の旗 新潟市 日本学生歴代8位

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x400mR 予選2組6着 3分06秒38 (2走)
アジア選手権 中華人民共和国の旗 武漢 400m 3位 46秒09 自己ベスト
ユニバーシアード (en 大韓民国の旗 光州 400m 準決勝2組3着 46秒36
4x400mR 2位 3分07秒75 (4走)
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 4x400mR 予選2組8着 3分07秒29 (1走)
デカネーション フランスの旗 アンジェ 400m 5位 48秒18

日本選手権[編集]

4x400mRは日本選手権リレーの成績

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2013 日本選手権 横浜市 4x400mR 4位 3分11秒36 (4走)
2015 日本選手権 新潟市 400m 2位 46秒12 予選45秒58:自己ベスト
2016 日本選手権 名古屋市 400m 5位 46秒30
2017 日本選手権 大阪市 400m 2位 45秒95

その他[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
高校生時代
2012 インターハイ 新潟市 200m 準決勝3組7着 21秒84 (+0.5)
400m 準決勝1組5着 48秒21
大学生時代
2013 日本インカレ 東京都 200m 予選5組4着 21秒46 (+0.8)
4x400mR 7位 3分11秒03 (4走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 200m 準決勝2組5着 21秒48 (+0.7)
2014 関東インカレ (1部) 熊谷市 400m 5位 47秒85
4x400mR 予選1組5着 3分12秒41 (4走)
日本学生個人選手権 平塚市 400m 2位 47秒23 自己ベスト
トワイライト・ゲームス 東京都 400m 決勝2組7着 48秒01
2015 出雲陸上 出雲市 300m 3位 32秒83
織田記念国際 広島市 400m 優勝 46秒21 自己ベスト
関東インカレ (1部) 横浜市 400m 優勝 46秒35
4x400mR 優勝 3分06秒05 (4走)
2016 静岡国際 袋井市 400m 3位 46秒77
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400m 5位 46秒75
関東インカレ (1部) 横浜市 400m 2位 46秒96
4x400mR 4位 3分06秒58 (3走)
日本インカレ 熊谷市 400m 予選2組6着 47秒77
4x400mR 予選1組1着 3分07秒90 (3走) 決勝進出[注 1]
社会人時代
2017 静岡国際 袋井市 400m 2位 46秒63
東日本実業団選手権 秋田市 400m 優勝 46秒69

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 予選のみ出場。決勝の城西大学は3分06秒76で4位。

出典[編集]

  1. ^ a b 「インターハイ地区大会 北関東」、『月刊陸上競技』第46巻第9号、講談社、2012年8月号、 107頁。
  2. ^ a b 「日本GPシリーズ ホープ躍動④」、『月刊陸上競技』第49巻第7号、講談社、2015年6月号、 76頁。
  3. ^ 経営学部佐藤拳太郎君がIAAFワールドリレーズ2015に出場”. 城西大学経営学部 (2015年5月6日). 2015年11月20日閲覧。
  4. ^ 「関東インカレ」、『月刊陸上競技』第49巻第8号、講談社、2015年7月号、 151頁。
  5. ^ 陸連時報 2015年8月号(第21回アジア陸上競技選手権大会報告) 日本陸上競技連盟 (PDF, 7.4 MB) 2015年11月20日閲覧
  6. ^ 「日本選手権 男子400m」、『月刊陸上競技』第49巻第9号、講談社、2015年8月号、 16-17頁。
  7. ^ 「第28回ユニバーシアード競技大会」、『月刊陸上競技』第49巻第10号、講談社、2015年9月号、 122-128頁。
  8. ^ 1600mリレーで日本が出場権 ロシア参加禁止で”. 日刊スポーツ (2016年7月25日). 2016年7月26日閲覧。
  9. ^ 富士通陸上競技部 2017年度新加入選手について”. 富士通 (2017年4月3日). 2017年4月3日閲覧。
  10. ^ 佐藤拳太郎選手競技後コメント/2017日本陸上選手権”. 富士通陸上競技部・ブログ (2017年6月25日). 2017年6月25日閲覧。
  11. ^ 「Heat Up Athletes」、『陸上競技マガジン』第65巻第11号、ベースボール・マガジン社、2015年6月号、 22-23頁。
  12. ^ 第15回世界陸上競技選手権 選手からのメッセージ”. 日本陸上競技連盟 (2015年). 2015年11月21日閲覧。
  13. ^ 第31回リオデジャネイロオリンピック 選手からのメッセージ”. 日本陸上競技連盟 (2016年). 2016年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]