田中希実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 希実 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム たなか のぞみ
ラテン文字 Nozomi TANAKA
愛称 のぞみ、のん
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走,長距離走
所属 小野市立市場小学校
小野市立小野南中学校
兵庫県立西脇工業高等学校
→ND28アスリートクラブ
→豊田自動織機TC
大学 同志社大学スポーツ健康科学部
生年月日 (1999-09-04) 1999年9月4日(22歳)
出身地 兵庫県小野市大島町
身長 153cm
体重 41kg
コーチ 田中健智[1]
成績
オリンピック 1500m:8位 (2021年)
5000m:予選敗退 (2021年)
世界選手権 5000m:14位 (2019年)
地域大会決勝 アジア選手権
1500m:4位 (2017年)
国内大会決勝 日本選手権
1500m:優勝 (2020年) 2位 (2016年2019年)
5000m:優勝 (2020年) 2位 (2018年)
クロスカントリー8km:優勝 (2019年)
自己ベスト
800m 2分02秒36 (日本歴代5位)
1000m 2分37秒72 (日本記録)
1500m 3分59秒19 (日本記録)
3000m 8分40秒84 (日本記録)
5000m 14分59秒93 (日本歴代4位)
10000m 31分59秒89
獲得メダル
陸上競技
U20世界選手権
2018 タンペレ 3000m
アジアジュニア選手権
2018 岐阜 3000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田中 希実(たなか のぞみ、1999年9月4日 - )は日本陸上競技選手。専門は中距離走長距離走。女子1000m、女子1500m、女子3000mの日本記録保持者。U20世界選手権3000メートル競走金メダリスト。2020年東京オリンピック1500m、5000m各代表。

経歴[編集]

兵庫県小野市育ケ丘町出身。小野市立市場小学校、小野市立小野南中学校卒業。兵庫県立三木東高等学校陸上競技部出身である父の田中健智がコーチとなり、中学校から陸上競技を始める。2013年、中2で全国女子駅伝に兵庫県代表として出場し、8区区間賞を獲得。チームは6位入賞。翌2014年も8区を走り区間賞を獲得。チームは3位入賞。

2015年、兵庫県立西脇工業高等学校に進み多くの全国大会で活躍。国民体育大会では70回大会で少年B1500mで優勝、71回大会では少年A3000mで2位、72回大会では少年A3000mで優勝。全国高校駅伝にも3年連続で出場し1区を走るが高1では岡本春美(常磐高3年)らを振り切り区間1位の小吉川志乃舞(世羅高3年)と同タイムながらコンマ差で敗れ惜しくも2位になり、高2・高3では同学年の和田有菜(長野東高)に敗れそれぞれ4位・3位となり区間賞は取れなかった[2]。2018年の全国女子駅伝でも1区を走り兵庫県の優勝に貢献。

全国高等学校総合体育大会でも3年連続で入賞。特に高2の1500mでは1学年上の髙橋ひな(優勝)、同学年の後藤夢(3位)とともに西脇工が1〜3位を独占した。高3の1500m、3000mではヘレン・エカラレ(仙台育英学園高3年)に次いで準優勝。3000mでは現在のライバルたちと走った。予選では鈴木優花(大曲高3年)、大西ひかり(須磨学園高2年)と同走し、決勝ではエカラレ、廣中璃梨佳(長崎商業高2年)、髙松智美ムセンビ(大阪薫英女学院高3年)らと優勝を争った[3]

国際大会でも活躍し、アジアジュニア選手権3000mでは大会記録で金メダルを獲得、U20世界選手権でも3000mで金メダルを獲得[4]

2018年、同志社大学スポーツ健康科学部に入学し在学中である[4]。「駅伝以外でも活躍したい」とクラブチーム(ND28AC→豊田自動織機TC)で活動している[5]石井好二郎教授のゼミに所属[6]

2019年世界陸上競技選手権大会カタールドーハ)では5000mに出場、10月2日の予選で日本歴代3位となる15分4秒66をマークして決勝に進出すると[7]、10月5日の決勝レースでは14位に入り、日本歴代2位(当時)となる15分0秒01をマークした[8]

2020年7月8日、『ホクレンディスタンスチャレンジ2020』第2戦(深川市陸上競技場)の女子3,000mに出場し、福士加代子ワコール)が2002年のIAAFゴールデンリーグパリ大会(フランス)に於いて樹立した8分44秒40の日本記録[9]を18年ぶりに更新する8分41秒35の日本新記録を樹立した[10]

さらに、2020年8月23日、『セイコー・ゴールデングランプリ』(国立競技場)の女子1500mで、小林祐梨子須磨学園高)が2006年に出した4分07秒86の記録を14年ぶりに更新する、4分05秒27を出した。

2021年7月10日、ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会(北海道網走市営陸上競技場)で、女子3000メートルで、自身が前年7月に出した日本記録を更新して8分40秒84の日本新記録をマークした[11]

同年の東京オリンピックには陸上女子1500mと5000mの日本代表として出場。オリンピックの女子1500mの日本選手出場は、卜部蘭とともに初の快挙である。8月2日の午前に1500m予選、午後に5000m決勝が行われる過密日程だったが[12]、7月30日の5000m予選では14分59秒93で2組6位となり決勝には進めなかった[13]。一方、8月2日の1500m予選では自身の持つ日本記録を更新する4分02秒33で3組4着で準決勝進出を決めた[14]。4日の準決勝は上位5着+2名が決勝進出の条件となっている中、着順での通過を狙い、2組で3分59秒19の5位となり、決勝進出を決めた。予選でマークした日本記録を更に3.14秒も更新し、日本女子初の3分台に突入した。オリンピック女子中距離種目における決勝進出はアムステルダムオリンピック・800mの人見絹枝以来93年ぶりで、史上2人目。1500mでの決勝進出は男女通じて初である[15]。6日の決勝は序盤から先頭集団に食らいつき、中盤に5番手の好位置につけていた[16]。最後の1周は6番手で迎えると、後続に猛追されて順位を下げながらも、自身2度目の3分台である3分59秒95をマークして8位でゴールし、同種目における日本選手初の入賞という快挙を成し遂げた。最後の一周は意識が飛んでいたとも語る[17]。女子中距離種目の入賞は人見以来の93年ぶり[16]、女子トラック種目で見ても、アトランタオリンピック・5000mの志水見千子ら以来25年ぶりである。

2021年8月20日、東京オリンピック後初レースとなるミドルディスタンス・サーキット大阪大会(ヤンマーフィールド長居)女子1000mで2分37秒72の日本新記録を出した[18]

特徴[編集]

体幹をしっかり使った走法である。トラックの1500mから5000mの距離では最強ランナーの一人で、特にレース中にスピードの変化が繰り返される1500m、3000mで強い。反面、駅伝など5000mを超える距離では最後にスタミナが不足するのかペースが落ちる。しかし、2020年夏に相次いで日本記録を出した際のレースでは以前より上下動が少ない走法に変わったように感じられる。無駄なエネルギーを使わないようになりスピードを生かした走法が生かせるようになれば更なる記録向上が期待される[要出典]

1学年下の廣中璃梨佳が最大のライバルとなるが、両者の走り方や得意種目は対照的である。廣中に対してもトラック種目では互角以上の争いをしているが、後半のスタミナとスピード勝負に負けて駅伝では勝ったことがない。2020年全国女子駅伝1区で対決した際、解説の小林祐梨子が「この駅伝では中3以降は区間賞をとっていない。(区間賞を取り続ける)廣中選手に(勝ちたいという)意識がある」と紹介した[要出典]

5000mの記録で廣中以外の同世代ランナーには大きな差をつけており、駅伝中継などでは通常の「注目選手」という紹介だけでなく「日本長距離界の将来を担う逸材」などとも紹介される。現在、日本人ランナーはトラック中・長距離種目では国際大会であまり活躍できず、国内外のマラソンや国内の駅伝以外のレースへの一般人の関心がとても低い。このような状況を打破するためにも国際大会のトラックレースでの活躍が期待されている[要出典]

人物[編集]

コーチでもある父親の田中健智は元3000m障害の選手。母の田中千洋(旧姓小倉)も北海道マラソン2度優勝の経験を持つ現役のマラソン市民ランナー[19]という陸上一家で育った。田中以前に1500mの日本記録を保持していた小林祐梨子とは同郷で親交が深い[17]

東京五輪1500m決勝の入場時には両手を高く上げて振りながら笑顔で登場。トラック方向に一礼してから顔を上げると明るかった表情から一変し、真剣な顔つきに一瞬でスイッチが切り替わった姿がTwitter上で話題となった[20]。また、競走後に会場から去る際、深々と一礼し、「ありがとうございましたー!」と絶叫した姿も話題になった[21]

主な戦績[編集]

大会 種目 順位 備考
2012年 ジュニアオリンピック C女子800m 6位[22]
2013年 全日本中学陸上(愛知) 1500m 4位[23]
2014年 全国女子駅伝 8区 区間賞 兵庫県6位[24]
全日本中学陸上(香川) 1500m 優勝[25]
ジュニアオリンピック A3000m 3位[26]
2015年 全国女子駅伝 8区 区間賞 兵庫県3位[27]
千葉国際クロスカントリ- 中学女子3㎞ 3位[28]
和歌山インターハイ2015 1500m 5位[29]
第70回国民体育大会(和歌山) 少年女子B1500m 優勝[30]
全国高校駅伝女子 1区 区間2位(1位タイ) 西脇工業高校5位[31]
2016年 全国女子駅伝 1区 区間15位 兵庫県2位[32]
第100回日本選手権(愛知) 1500m 2位[33]
岡山インターハイ2016 1500m 2位[34]
3000m 4位
第71回国民体育大会(岩手) 少年A3000m 2位[35]
全国高校駅伝女子 1区 区間4位 西脇工業高校2位[36]
2017年 全国女子駅伝 4区 区間8位 兵庫県8位[37]
第101回日本選手権(大阪) 1500m 6位[38]
アジア陸上選手権 1500m 4位[39]
山形インターハイ2017 1500m 2位[40]
3000m 2位
第72回国民体育大会(愛媛) 少年A3000m 優勝[41]
全国高校駅伝女子 1区 区間3位 西脇工業高校6位[42]
2018年 全国女子駅伝 1区 区間5位 兵庫県優勝[43]
アジアクロスカントリー選手権 ジュニア6km 4位[44]
アジアジュニア選手権 3000m 金メダル 大会記録[45]
第102回日本選手権(山口) 5000m 2位[46]
U20世界選手権 3000m 金メダル[47]
IAAFコンチネンタルカップ 3000m 6位[48] DNF
第73回国民体育大会(福井) 成年女子1500m 3位[49]
成年女子5000m 優勝
2019年 全国女子駅伝 1区 区間11位 兵庫県4位[50]
クロスカントリー日本選手権 シニア8km 優勝[51]
世界クロスカントリー選手権 シニア8km 39位
第103回日本選手権(福岡) 10000m 6位[52]
1500m 2位[53]
5000m 4位
世界陸上選手権(ドーハ) 5000m 14位[54]
2020年 全国女子駅伝 1区 区間2位 兵庫県6位[55]
第104回日本選手権(新潟) 800m 4位[56]
1500m 優勝[57]
2021年 東京オリンピック 1500m 8位
5000m 予選敗退

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 林田順子 (2020年11月4日). “「お前向いてねえよ!」コーチの父親とケンカも…陸上界を震わす153cmの女王・田中希実「5000m分割」の発想法”. Number Web. 文藝春秋. 2021年8月2日閲覧。
  2. ^ 全国高校駅伝2015年第27回女子大会記録同2016年第28回女子大会記録同2017年第29回女子大会記録 毎日新聞社
  3. ^ 平成29年度全国高等学校総合体育大会 競技結果 (PDF) 日本陸上競技連盟
  4. ^ a b “スポーツ健康科学部の田中希実さんがU20世界陸上競技選手権大会3000mで優勝” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 同志社大学スポーツ健康科学部, (2018年9月21日), https://sports.doshisha.ac.jp/news/2018/0921/news-detail-197.html 2019年10月6日閲覧。 
  5. ^ 陸上・西脇工高の田中、後藤 クラブチームで活動へ”. kobe-np. 2020年2月14日閲覧。
  6. ^ 中長距離エース田中希実、日本記録保持者で学年トップ5の秀才 ゼミの石井教授が明かす「妥協しない」姿勢(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年8月15日閲覧。
  7. ^ "田中希実5000m決勝で格上挑戦へ「知ーらない」". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 3 October 2019. p. 1. 2019年10月6日閲覧
  8. ^ 日本陸上競技連盟OfficialTwitterの2019年10月5日の発言
  9. ^ "福士加代子、5大会連続の五輪出場へ駆けろ マラソン女子代表最後の1枠、名古屋ウィメンズ8日号砲". 京都新聞. 京都新聞社. 4 March 2020. 2020年7月8日閲覧
  10. ^ "田中希実が18年ぶり日本新 女子3000m、福士加代子の記録を更新". 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 8 July 2020. 2020年7月8日閲覧
  11. ^ “田中希実が3000メートルで日本新 陸上:朝日新聞デジタル”. (2021年7月11日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14970111.html 
  12. ^ “田中希実、五輪同日2種目の過密日程にも笑顔 「時間的には余裕がある」”. スポーツ報知. (2021年7月6日). https://hochi.news/articles/20210705-OHT1T51244.html 2021年8月2日閲覧。 
  13. ^ “陸上女子5000m、広中璃梨佳が決勝進出…田中希実と萩谷楓は敗退”. 読売新聞. (2021年7月30日). https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210730-OYT1T50344/ 2021年7月30日閲覧。 
  14. ^ “田中希実、日本新で日本勢初出場女子1500Mで準決勝進出の快挙「日本記録を出せば行けると思っていた」”. スポーツ報知. (2021年8月2日). https://hochi.news/articles/20210802-OHT1T51022.html 2021年8月2日閲覧。 
  15. ^ “田中希実が止まらない!1500m初の3分台日本新で男女通じて初決勝進出の快挙!!”. 月陸Online. (2021年8月4日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/41422 2021年8月5日閲覧。 
  16. ^ a b “田中希実93年ぶり入賞 日本新連発のシンデレラまた新たな歴史開いた”. デイリースポーツ online. (2021年8月7日). https://www.daily.co.jp/olympic/tokyo2020/2021/08/07/0014571204.shtml 2021年8月8日閲覧。 
  17. ^ a b “田中希実、女子1500で偉業8位入賞「『世界の希実』になれるように頑張りたい」/陸上”. サンスポ. (2021年8月7日). https://www.sanspo.com/article/20210807-27GH3O4ELFPKHCH3QKPHKSBHTA/?outputType=theme_tokyo2020 2021年8月8日閲覧。 
  18. ^ “田中希実が1000mで日本新 東京五輪後の初レース(共同通信)”. https://nordot.app/801412721125392384 2021年8月20日閲覧。 
  19. ^ 24日号砲 注目の選手たち 都大路で快走宣言!
  20. ^ “田中希実、一礼前後でギャップ満点 入場時の表情に反響「あんな笑顔は初めて見た」”. THE ANSWER. (2021年8月7日). https://the-ans.jp/tokyo-olympic/181411/ 2021年8月8日閲覧。 
  21. ^ “田中希実の“去り際の絶叫”にネット注目 感謝伝えた姿が「日本人として清々しい」”. THE ANSWER. (2021年8月7日). https://the-ans.jp/tokyo-olympic/181337/ 2021年8月8日閲覧。 
  22. ^ BEST8”. jaaf. 2020年2月14日閲覧。
  23. ^ TOP8”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  24. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月12日閲覧。
  25. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  26. ^ TOP8”. jaaf. 2020年2月13日閲覧。
  27. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月12日閲覧。
  28. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  29. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  30. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  31. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  32. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  33. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  34. ^ Top8”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  35. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  36. ^ 総合成績”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  37. ^ 総合成績リスト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  38. ^ TOP8”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  39. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  40. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  41. ^ 決勝一覧”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  42. ^ 女子駅伝”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  43. ^ リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  44. ^ 日本代表選手リザルト”. jaaf. 2018年6月10日閲覧。
  45. ^ 日本代表選手リザルト”. jaaf. 2018年6月11日閲覧。
  46. ^ リザルト”. jaaf. 2018年7月22日閲覧。
  47. ^ リザルト”. jaaf. 2018年7月22日閲覧。
  48. ^ リザルト”. iaaf. 2018年9月9日閲覧。
  49. ^ 決勝一覧”. jaaf. 2020年2月10日閲覧。
  50. ^ 総合成績リスト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  51. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月8日閲覧。
  52. ^ 10000mリザルト”. iaaf. 2020年2月8日閲覧。
  53. ^ リザルト”. iaaf. 2020年2月8日閲覧。
  54. ^ 日本選手結果”. iaaf. 2020年2月8日閲覧。
  55. ^ リザルト”. iaaf. 2020年2月8日閲覧。
  56. ^ 陸上 日本選手権【最終日 競技結果】”. nhk. 2021年10月4日閲覧。
  57. ^ 陸上日本選手権 女子1500m 田中希実が初優勝”. nhk. 2021年10月2日閲覧。
  58. ^ 平成30年度小野市スポーツ賞表彰式”. 小野市. 2019年10月11日閲覧。
  59. ^ “【日本陸連アスレティックス・アワード2019】受賞者決定のお知らせ” (プレスリリース), 公益財団法人日本陸上競技連盟, (2019年12月5日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000025141.html 2020年3月3日閲覧。 

外部リンク[編集]