鈴木優花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 優花 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム すずき ゆうか
ラテン文字 Yūka SUZUKI
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 大東文化大学
大学 大東文化大学
生年月日 (1999-09-14) 1999年9月14日(21歳)
出身地 秋田県大仙市
居住地 埼玉県東松山市
コーチ担当者 外園 隆
1500m 4分27秒80
3000m 9分20秒30
5000m 15分37秒71
10000m 31分37秒88
400mハードル 1分02秒31
ハーフマラソン 1時間11分27秒
 
獲得メダル
陸上競技
ユニバーシアード
2019 ナポリ ハーフマラソン
2019 ナポリ ハーフマラソン団体
編集 テンプレートのヘルプを表示する

鈴木 優花(すずき ゆうか、1999年9月14日 - )は、日本陸上競技選手、長距離走大東文化大学在学中。2019年夏季ユニバーシアードハーフマラソン個人・団体金メダリスト。

経歴・人物[編集]

秋田県大仙市出身。大仙市立中仙中学校[1]時代に陸上競技バスケットボールの二刀流でスポーツに打ち込む[2]。また中学校時代には東北電力主催の中学生作文コンクールで佳作入選を果たした経歴を持つ[3]

秋田県立大曲高等学校に進学後は陸上競技一本に専念し、本格的に競技に打ち込む[2]。高校時代は3年時の平成29年度全国高等学校総合体育大会山形県総合運動公園陸上競技場)女子3,000m予選に出場、同組で走った田中希実兵庫県立西脇工業高等学校)、大西ひかり須磨学園高等学校)らに大きく水を開けられて12位で予選落ちした[4]

2018年に大東文化大学スポーツ・健康科学部スポーツ科へ入学すると、入学直後の6月に出場した2018年日本学生陸上競技個人選手権大会平塚競技場)では女子5000mで鍋島莉奈鹿屋体育大学)が2012年にマークした15分52秒95を更新する15分46秒84の大会新記録をマークして優勝して注目を集めた[5]。同年の[全日本大学女子駅伝宮城県仙台市)では2区を走り、13位で襷を受けて12人を抜き去り3区にトップで繫ぎ、自らも区間賞を獲得するという快走を見せた[6]大学女子選抜(富士山女子)駅伝では過酷な山上りの7区で区間新を出した。

ユニバーシアードのハーフマラソンで加世田梨花名城大学)を終盤で振り切り、個人・団体で金メダルを獲得、年末の実業団記録会では10000m学生歴代2位の記録を出す。全日本大学女子駅伝では3区を走り、先行する和田有菜名城大学)に追いつき並走し最後に振り切られたものの区間賞を獲得した。続く大学女子選抜(富士山女子)駅伝7区でも先行する和田有菜名城大学)を追い大幅に差を詰めたが逆転はできず、大東文化大学チームの目標である大学女子駅伝の初制覇は2020年以降に持ち越された。

趣味は絵を描く事、部員の誕生日には似顔絵を描いて贈っている。また、寮内でめざまし時計をセットしたにも関わらず起きるのは別の同僚で自分は全く起きないという強心臓ぶりを発揮している。同世代には強力なライバルが特に多く、2020年の全国女子駅伝の中継で、田中希実豊田自動織機TC)や廣中璃梨佳日本郵政グループ)の活躍には刺激を受けていると語ったことが紹介された。近々マラソンに挑戦し、パリオリンピックを目指すことも明らかにしている。

主な記録[編集]

大会 種目 順位 備考
2016年 岡山インターハイ2016 3000m 14位[7]
2017年 全国女子駅伝 2区 区間9位 秋田県22位[8]
2018年 日本学生個人 5000m 優勝 大会記録[9]
日本インカレ 5000m 5位[10]
全日本大学女子駅伝 2区 区間賞 大東文化大学2位[11]
大学女子選抜(富士山女子)駅伝 7区 区間新 大東文化大学2位[12]
2019年 全国女子駅伝 1区 区間3位 秋田県26位[13]
日本学生女子(まつえレディース)ハーフマラソン ハーフマラソン 優勝[14]
第30回夏季ユニバーシアード・ナポリ大会 ハーフマラソン 金メダル 日本金メダル[15]
日本インカレ 10000m 4位[16]
全日本大学女子駅伝 3区 区間賞 大東文化大学2位[17]
セブンヒルズロードレース(オランダ) 15㎞ 4位
大学女子選抜(富士山女子)駅伝 7区 区間2位 大東文化大学2位[18]
2020年 全国女子駅伝 1区 4位 秋田県30位[19]

脚注[編集]

  1. ^ おら報パート176 (PDF) ドンパンふるさと中仙会
  2. ^ a b 大東大1年生エース鈴木、最終7区起用“山の女神”になる/富士山女子駅伝 サンケイスポーツ 2018年12月30日
  3. ^ "東北電力 第39回中学生作文コンクール 入賞者一覧" (PDF) 東北電力
  4. ^ 平成29年度全国高等学校総合体育大会 競技結果 (PDF) 日本陸上競技連盟
  5. ^ "1年生が大会新でV 大東大・鈴木「びっくりしている」/陸上" 1サンケイスポーツ 2018年6月16日
  6. ^ "大東大・鈴木優花、12人抜き区間賞…全日本大学女子駅伝 報知新聞 2018年10月28日"
  7. ^ リザルト”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  8. ^ 競技結果”. jaaf. 2019年12月31日閲覧。
  9. ^ 記録集”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  10. ^ 記録集”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  11. ^ 記録集”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  12. ^ 競技結果”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  13. ^ 競技結果”. jaaf. 2019年12月31日閲覧。
  14. ^ 大会の記録”. まつえレディースハーフマラソン実行委員会事務局. 2019年12月31日閲覧。
  15. ^ 競技結果”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  16. ^ 記録集”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  17. ^ 記録集”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  18. ^ 競技結果”. iuau. 2019年12月31日閲覧。
  19. ^ リザルト”. iaaf. 2020年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]