田村育子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田村 育子(たむら いくこ、1978年9月24日 - )は、日本の元陸上競技選手。専門は中距離走。元1500m日本記録保持者。1マイル走日本最高記録保持者。

経歴[編集]

香川県出身。香川県立高松商業高等学校卒業。現役時代は、藤田信之監督が率いるワコールグローバリーに所属していた。

2000年、日本選手権で1500mに出場し優勝。2001年、日本選手権で1500mに出場し優勝。2連覇を達成した。2002年日本選手権で1500mに出場し優勝。3連覇を達成した。またこの年には、1500mで4分10秒39の日本新記録を樹立、1マイル走でも4分34秒81のアジア最高記録、日本最高記録を樹立した。

2002年の釜山アジア競技大会代表選手に選出されたが、左脚の故障のため出場辞退を余儀なくされる。その後もケガが回復しないため、2005年3月に所属先のグローバリーを退社、現役を引退した。引退後は、現シスメックス監督の藤田信之が主催する、「F・R・A 藤田ランニングアカデミー」のアドバイザリースタッフとして活動中である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]