志水見千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志水 見千子(しみず みちこ、1970年9月22日 - )は、京都府竹野郡網野町(現・京丹後市)出身の元日本女子陸上競技中距離走長距離走選手である。

来歴[編集]

小学校のマラソン大会で優勝した事がきっかけで、陸上競技の道に進む。1989年に網野高等学校を卒業後、小出義雄率いるリクルートへ入社。同期に有森裕子がいる。

1996年のアトランタオリンピック女子5000m決勝レースでは、15分9秒05の日本新(当時)をマークし、惜しくも五輪メダルは届かなったが4位入賞を果たす。日本女子の五輪トラック競技の4位以内の成績は、1928年アムステルダムオリンピック女子800m銀メダル(2位)の人見絹枝以来、68年ぶりという快挙を達成した。

ほか、1994年のアジア競技大会では女子3000mで出場。また、1995年と1999年の世界陸上と1998年のアジア競技大会、さらに2000年のシドニーオリンピックにも、それぞれ女子5000mで日本代表として出場した。

リクルートではキャプテンを務めていたが、2001年9月にリクルートを退社。2001年から2002年には、京都産業大学陸上部女子長距離コーチも務めていたが、2007年より、都内・横浜にて、市民ランナーを指導している。

主な成績[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]