カール・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・ルイス Portal:陸上競技
Carl Lewis.jpg
1984年ロサンゼルス五輪
選手情報
フルネーム フレデリック・カールトン・ルイス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走走幅跳
生年月日 (1961-07-01) 1961年7月1日(60歳)
出身地 アラバマ州バーミングハム
居住地 カリフォルニア州ロサンゼルス
身長 188cm
体重 88kg
自己ベスト 100m:9秒86(1991年)
200m:19秒75(1983年)
走幅跳:8m87(1991年)
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1984 ロサンゼルス 男子100m
1984 ロサンゼルス 男子200m
1984 ロサンゼルス 男子4×100mリレー
1984 ロサンゼルス 男子走幅跳
1988 ソウル 男子100m
1988 ソウル 男子走幅跳
1992 バルセロナ 男子4×100mリレー
1992 バルセロナ 男子走幅跳
1996 アトランタ 男子走幅跳
1988 ソウル 男子200m
世界陸上競技選手権大会
1983 ヘルシンキ 男子100m
1983 ヘルシンキ 男子走幅跳
1983 ヘルシンキ 男子4×100mリレー
1987 ローマ 男子100m
1987 ローマ 男子走幅跳
1987 ローマ 男子4×100mリレー
1991 東京 男子100m
1991 東京 男子4×100mリレー
1991 東京 男子走幅跳
1993 シュトゥットガルト 男子200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

フレデリック・カールトン・ルイスFrederick Carlton "Carl" Lewis, 1961年7月1日 - )は、アメリカ合衆国の男子元陸上競技選手。

身長188cm・体重88kgの体躯を駆って、国際陸上競技連盟の世界順位に初めて載った1979年から1996年のオリンピック終了までに、10のオリンピックメダル(うち9つが金メダル)と10の世界選手権メダル(うち8つが金メダル)を獲得した。

経歴[編集]

アラバマ州バーミングハムに生まれニュージャージー州で育つ。

1983年の第1回世界陸上競技選手権大会・ヘルシンキ大会で、100m走幅跳4×100mリレーの3種目を制覇。初のメジャータイトルを獲得し、陸上競技界のスターの地位を確立する。

1984年ロサンゼルスオリンピックで、100m、200m、走幅跳、男子4×100メートルリレーの4種目にエントリーし、全種目で金メダルを獲得した。これは1936年ジェシー・オーエンスの偉業に並ぶものであった。

1987年の世界陸上競技選手権大会・ローマ大会では、4年前のヘルシンキ大会と同じ、100メートル、走幅跳、4×100メートルリレーの3種目を制する。

1988年ソウルオリンピックの選考会では、ドーピング検査で興奮剤に陽性反応が出てしまい、出場停止になるところであったが、最終的に出場を許可される。この時検出されたのはエフェドリン感冒薬の成分)など。だが、この関連で一部から運動能力向上のドーピングを疑われることになり、現在は反ドーピング派である[1]。100mでのベン・ジョンソンとの対決が注目を集めたが、決勝ではジョンソンの後塵を拝する。だが、レース後のドーピング検査でジョンソンの金メダルが剥奪され、ルイスが金メダルを獲得した[2]。また、走幅跳は制したものの、200メートルでは2位となり、生涯唯一のオリンピック銀メダルを獲得する。4×100mリレーは、ルイスが出場しなかった準決勝でバトン中継でミスがあり失格に終わった。

この後、ルイスは個人短距離種目で次第に苦戦するようになっていたが、走幅跳では実力を誇示し続けていた。

1991年の世界陸上競技選手権大会・東京大会では、100mで当時の世界記録となる9秒86をマークして優勝し、人類で初めて100mを9秒8台で走った男となった(リロイ・バレルも同じタイミングで9秒88をマークしている)。走幅跳ではマイク・パウエルとの激闘の末、世界記録をマークしたパウエルに次ぐ2位であった。なお、ルイスはこの大会で会心のジャンプを連発しており、追い風参考ながら世界記録(当時)を上回る8m91を跳び、また5回目に跳んだ8m87は公認記録における生涯ベストとなった。4×100mリレーも世界新記録で優勝した。

1992年バルセロナオリンピックでは、走幅跳と男子4×100mリレーで金メダルを獲得。 男子4×100mリレーでは100m金メダルのリンフォード・クリスティとのアンカー対決があったが、アメリカがリードしていたこともありルイスの圧勝であった。

1996年アトランタオリンピックでは、ルイスは35歳となっていたが、走幅跳で金メダルを獲得し、オリンピック個人種目4連覇の偉業を達成した(2021年現在、夏冬すべてのオリンピック競技を通じて、個人でオリンピック4連覇を成し遂げたのはルイスと男子円盤投アル・オーター競泳・男子200m個人メドレーマイケル・フェルプスヨット男子ファイアフライ級・フィン級のポール・エルブストロムヨット男子セーリングレーザー級・フィン級のベン・エインズリー、女子レスリング伊調馨、男子レスリングのミハイン・ロペスの7人だけである)[3][4][5]

1997年に競技を引退し、俳優に転身した。

2021年現在、母校である米国ヒューストン大学においてアシスタントコーチを務め8年目になる[6][7][8]

エピソード[編集]

19歳のときに走幅跳で幻のモスクワオリンピックの代表にも選ばれており、オリンピック代表に通算5度選ばれている。

1982年7月の全米スポーツフェスティバルで、走幅跳の4度目の試技で大ジャンプを見せたが、つま先が出たということでファールとなった。ジェイソン・グリムズは30フィート(9m14cm)、ルイス本人は30フィート2インチ(9m19cm)を跳んでいたとコメントしている[9]

1984年NBAドラフトの10巡目全体208位[:en]シカゴ・ブルズに、NFLドラフトの12巡目全体334位[:en]ダラス・カウボーイズに指名されたが、入団しなかった。

両親は元陸上競技選手、兄はサッカーの元アメリカ代表選手、妹のキャロル・ルイス走幅跳の選手で1983年世界陸上競技選手権大会で銅メダルを獲得したまさにエリートスポーツ一家であった。

1980年代には歌手活動もしており(#音楽作品を参照)、日本歌番組にも出演したことがある。[10]

菜食主義者向けの本「Very Vegetarian」の中では、1990年3月、ダイエット食事を抜くのは自分に合わないと気付いたこと、1990年7月に乳製品鶏卵などを含む動物食品を排除したヴィーガンになる決意をしたこと、ヴィーガンになってアスリートとして最高の年を迎えた、という内容が語られている[11]

2007年ドナルド・マクドナルド・ハウスの支持者となり、同団体のイベント活動に参加をはじめる。

2008年にはワールド・ハーモニー・ランに出場し、自由の女神前で点火して第一走者として走った。[12]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1979 パンアメリカンゲームズ サンフアン(プエルトリコ) 走幅跳 3位 8m13
1981 IAAFワールドカップ ローマ(イタリア) 走幅跳 1位 8m15
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 100m 1位 10秒07
走幅跳 1位 8m55
4×100mリレー 1位 37秒86
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) 100m 1位 9秒99
200m 1位 19秒80
走幅跳 1位 8m54
4×100mリレー 1位 37秒83
1987 パンアメリカンゲームズ インディアナポリス(アメリカ合衆国) 走幅跳 1位 8m75
世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 100m 1位 9秒93
走幅跳 1位 8m67
4×100mリレー 1位 37秒90
1988 オリンピック ソウル(韓国) 100m 1位 9秒92
200m 2位 19秒79
走幅跳 1位 8m72
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 100m 1位 9秒86
走幅跳 2位 8m91
4×100mリレー 1位 37秒50
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 走幅跳 1位 8m67
4×100mリレー 1位 37秒40
1993 世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 100m 4位 10秒02
200m 3位 19秒99
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 走幅跳 1位 8m50

自己記録[編集]

  • 100m - 9秒86(1991年8月25日)
  • 200m - 19秒75 (1983年6月19日)
  • 走幅跳 - 8m87 (1991年8月30日、世界歴代3位)

著書[編集]

音楽作品[編集]

アルバム
  • I・D・A・T・E・N(1985年)
    • デビューアルバム。「CARL LEWIS & ELECTRIC STORM」名義
シングル
  • He's A Star / Come Back My Baby Girl(1985年、12インチシングル)
    • 「I・D・A・T・E・N」からのシングルカット。「CARL LEWIS & ELECTRIC STORM」名義。収録曲の「The Song For Children」はLP未収録
  • Love Will Do(1986年)日本では佐川急便の CMソング、CMキャラクターに起用された。
  • Break It Up(1987年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 選手たちに反ドーピング運動を呼びかけるカール・ルイス氏
  2. ^ 特集「疾風のごとく 100m9秒台」 時事ドットコム
  3. ^ 伊調馨が「劇的な勝利」 女子史上初の五輪4連覇に世界がリスペクトTHE ANSWER 8月18日
  4. ^ List of multiple Olympic gold medalists in one event
  5. ^ レスリング男子、前人未到の4連覇「人類最強の男」超え…グレコローマン130キロ ロペスヌニェス : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  6. ^ Carl Lewis - Assistant Coach, Track & Field - Staff Directory”. University of Houston Athletics. 2021年5月2日閲覧。
  7. ^ Duarte, Joseph (2018年6月5日). “Carl Lewis: 'Biggest regret' was leaving UH early”. Houston Chronicle. https://www.chron.com/sports/cougars/article/Carl-Lewis-Biggest-regret-was-leaving-UH-early-12970032.php 2021年5月2日閲覧。 
  8. ^ “カール・ルイスならどう立ち向かう? コロナ禍の選手へ”. 朝日新聞. (2021年2月7日). https://www.asahi.com/articles/ASP23516BP1QUTQP019.html 2021年5月2日閲覧。 
  9. ^ 『スポーツ20世紀8 カリスマの系譜 スーパースター最強列伝』 ベースボール・マガジン社 74ページ
  10. ^ 1985年9月19日放送のザ・ベストテンなど。エピソード等はリンク先を参照。
  11. ^ Carl Lewis on Being Vegan
  12. ^ Start of US World Harmony Run

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

タイトル[編集]

先代:
アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・サンフォード
100mシーズンベスト記録保持者
1981-1982
次代:
アメリカ合衆国の旗 カルヴィン・スミス
先代:
アメリカ合衆国の旗 カルヴィン・スミス
100mシーズンベスト記録保持者
1984-1985
次代:
ナイジェリアの旗 Chidi Imoh
先代:
ナイジェリアの旗 Chidi Imoh
100mシーズンベスト記録保持者
1987-1988
次代:
ジャマイカの旗 レイモンド・スチュワート
先代:
アメリカ合衆国の旗 リロイ・バレル
100mシーズンベスト記録保持者
1991
次代:
イギリスの旗 リンフォード・クリスティ
先代:
アメリカ合衆国の旗 カルヴィン・スミス
100m世界記録保持者
1988/9/24-1990/6/14
次代:
アメリカ合衆国の旗 リロイ・バレル
先代:
アメリカ合衆国の旗 リロイ・バレル
100m世界記録保持者
1991/8/25-1994/7/6
次代:
アメリカ合衆国の旗 リロイ・バレル
先代:
アメリカ合衆国の旗 Phil Epps
200mシーズンベスト記録保持者
1983-1984
次代:
アメリカ合衆国の旗 ローレンゾ・ダニエル
先代:
アメリカ合衆国の旗 フロイド・ハード
200mシーズンベスト記録保持者
1987
次代:
アメリカ合衆国の旗 ジョー・デローチ