鈴木塁人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 塁人
すずき たかと
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 鈴木 塁人
ラテン文字 Takato SUZUKI
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目
所属 SGホールディングス陸上競技部
大学 青山学院大学
生年月日 (1997-07-23) 1997年7月23日(25歳)
生誕地 千葉県の旗千葉県柏市
身長 174cm
体重 60kg
自己ベスト
1500m 3分55秒86(2016年)
5000m 13分29秒80(2022年)
10000m 28分13秒12(2020年)
ハーフマラソン 1時間01分45秒(2019年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

鈴木 塁人(すずき たかと、1997年7月23日 - )は、千葉県柏市出身の陸上競技選手。専門は長距離種目流通経済大学付属柏高等学校青山学院大学総合文化政策学部総合文化政策学科卒業SGホールディングス陸上競技部所属。

経歴[編集]

中学時代までは野球をしていたが、高校から陸上競技に転向。

2016年に青山学院大学に進学すると、5月の関東インカレ2部5000mでは先輩の田村和希を抑えて3位入賞。6月のアジアジュニア陸上競技選手権大会5000mでは優勝を果たす。10月の第28回出雲駅伝では1区に起用され[1]、トップと10秒差の区間5位でまとめ、チームの優勝に貢献した[2]

大学2年時の第49回全日本大学駅伝では最終8区を担当し区間4位。第94回箱根駅伝では1区を務めトップと25秒差の区間5位でまとめ、チームの4連覇に貢献した[3]

大学3年時の関東インカレ2部10000mでは日本人トップの4位入賞。第30回出雲駅伝では2区区間賞[4]、第50回全日本大学駅伝では3区区間3位[5]でともに優勝に貢献した。第95回箱根駅伝では最終10区を担当。区間2位の走りで東洋大をかわし2位に浮上したが、総合5連覇には届かなかった[6]。2月の香川丸亀国際ハーフマラソンでは日本人トップの4位に入った。

大学4年時は主将を務めた[7]。第51回全日本大学駅伝では4区区間7位に終わる[8]第96回箱根駅伝では3区を担当、東京国際大学イェゴン・ヴィンセントに先頭を明け渡したものの、従来の区間記録にあと6秒と迫る好タイムを記録。チームの往路優勝・総合優勝に貢献した[9][10]

大学卒業後はSGホールディングスに所属。関西実業団駅伝では2020年・2021年と2年連続で6区区間賞・区間新記録を樹立している。2021年の日本選手権クロスカントリーでは5位入賞を果たした。

エピソード[編集]

2019年4月6日、TBSテレビ系列『オールスター感謝祭'19春』の「人馬対決・マイルリレー」に、飯田貴之・新号健志・生方敦也と共に出場。結果人間側(青学大陸上部員)が競走馬に勝利した[11][12]

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2014 第19回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区(8.5km) 8位 25分04秒 下田裕太を抜き去る
2015 第68回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 1500m予選第4組 DNS
2015 第68回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 5000m予選第2組 2位 14分40秒80 決勝進出
2015 第68回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 5000m決勝 17位 14分51秒63 スタート直後に転倒
2015 第3回全国高等学校陸上競技選抜大会 10000m決勝 5位 30分12秒26
2015年 第66回全国高等学校駅伝競走大会 1区 12位 29分52秒
2016年 第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区 16位 20分25秒
2016年 日本選抜陸上和歌山大会 5000m 4位 14分7秒55
2016年 第95回関東学生陸上競技対校選手権大会 5000m(2部) 3位 13分58秒48
2016年 第17回アジアジュニア陸上競技選手権大会 5000m 優勝 14分16秒42
2016年 第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走 1区 5位 23分33秒 総合優勝
2016年 第11回世田谷246ハーフマラソン ハーフマラソン 2位 1時間2分55秒
2017年 第20回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 659位 1時間11分48秒
2017年 金栗記念選抜中・長距離熊本大会 5000m 3組7位 14分14秒84
2017年 兵庫リレーカーニバル 10000m 11位 28分44秒71
2017年 第96回関東学生陸上競技対校選手権大会 5000m(2部) 6位 14分09秒45
2017年 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会 8区 4位 59分08秒 総合3位
2018年 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走 1区 5位 1時間12分41秒 往路2位・総合4連覇達成
2018年 第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 7区 13位 38分35秒 総合3位
2018年 第97回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m(2部) 4位 29分20秒84
2018年 第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走 2区 区間賞 16分26秒 総合優勝
2018年 第50回全日本大学駅伝対校選手権大会 3区 3位 34分42秒 総合優勝
2019年 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 10区 2位 1時間10分10秒 復路優勝・総合2位
2019年 第73回香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 4位 1時間01分45秒 日本人1位

大学駅伝成績[編集]

年度 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2016年度)
第28回
1区-区間5位
23分33秒
第48回
- - -
出場なし
第93回
- - -
出場なし
2年生
(2017年度)
第29回
- - -
出場なし
第49回
8区-区間4位
59分08秒
第94回
1区-区間5位
1時間02分41秒
3年生
(2018年度)
第30回
2区-区間賞
30分08秒
第50回
3区-区間3位
34分42秒
第95回
10区-区間2位
1時間10分10秒
4年生
(2019年度)
第31回
- - -
出場なし
第51回
4区-区間7位
34分37秒
第96回
3区-区間4位
1時間01分32秒

自己記録[編集]

  • 1500m・・・3分55秒86(2016年4月23日 日本体育大学長距離競技会)
  • 5000m・・・13分29秒80(2022年5月4日 ゴールデンゲームズinのべおか
  • 10000m・・・28分13秒12(2020年7月18日 ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020千歳大会)
  • ハーフマラソン・・・1時間01分45秒(2019年2月3日 第73回香川丸亀国際ハーフマラソン

脚注[編集]

  1. ^ 神ってるぞ青山大作戦 1番バッターは鈴木塁人(日刊スポーツ・2019年10月10日掲載)
  2. ^ 第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走・大会結果
  3. ^ 第94回箱根駅伝(2018)・圧倒的な層の厚さが生んだ4連覇。青山学院大学に入った「スイッチ」。(Number Web・2018年1月5日掲載)
  4. ^ 第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走・大会結果
  5. ^ 秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会 成績表
  6. ^ 青学大、総合5連覇逃すも意地の復路V 3人区間賞(日刊スポーツ・2019年1月3日掲載)
  7. ^ 5年ぶりに箱根負けた青学大の新主将は鈴木塁人(スポーツ報知・2019年1月6日掲載)
  8. ^ 秩父宮賜杯 第51回全日本大学駅伝対抗選手権大会・大会結果
  9. ^ 箱根区間新「4」往路最多タイ 復路は58年「5」(日刊スポーツ・2020年1月3日)
  10. ^ 青学V「最弱」から「格好いい4年」厳しさで変化(日刊スポーツ・2020年1月4日)
  11. ^ ~あの名物企画が帰ってくる!~「オールスター感謝祭 '19春」で人馬対決が復活!(東京シティ競馬)
  12. ^ 新伝説・原監督率いる青学が競走馬と対決 TBSテレビ オールスター感謝祭'19春(JCCテレビすべて)

外部リンク[編集]