中村孝生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 孝生(なかむら たかお、1958年1月22日 - )は、日本の元陸上競技選手。群馬県出身。群馬県立前橋工業高等学校日本体育大学体育学科卒業。

略歴[編集]

1970年代から1980年代にかけて長距離種目で活躍した。モスクワオリンピック代表、アジア大会2冠などの実績を誇る。瀬古利彦らとしのぎを削った名ランナーである。1980年ヱスビー食品入社。モスクワオリンピック代表に選出されるも、ソ連のアフガニスタン侵攻の影響で日本選手団は不参加を決定。不運に泣いた。ヱスビー食品陸上競技部競技部長を務めた。

主な戦績[編集]

インターハイ(2年生時)では800m・1500m優勝の瀬古をおさえ5000m優勝した。 大学入学後はオールラウンドプレーヤーぶりを発揮、ポイントゲッターとして参加した国体での記録を含め 800m、1500m、5000m、10000m、3000m障害物、マラソンの各種目ともランキング10傑入りの実績を持つ。

マラソン全成績[編集]

  • 1, 2時間19分55秒  29位 81東京国際
  • 2, 2時間12分11秒  4位 82東京国際
  • 3, 2時間17分37秒  20位 82福岡国際
  • 4, 2時間21分22秒  2位 86ニュージーランド
  • 5, 2時間18分44秒  24位 88福岡国際
  • 6, 2時間11分51秒  9位 89ロンドン(生涯自己最高記録)
  • 7, 2時間23分09秒  28位 89福岡

関連項目[編集]