マティアス・ヌタウリクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マティアス・ヌタウリクラMathias Ntawulikura1964年7月14日 - )はルワンダ陸上競技選手、専門は長距離走1988年ソウルオリンピック以降5大会連続してオリンピックに出場した。身長171cm、体重63kg。西部州キブエ出身。現役時代はイタリア・ミラノにあるクラブPro Patria Milanoに所属していた。

5度のオリンピックのうち最も優れた成績は1996年アトランタオリンピック10000mの8位入賞である。このレースでは優勝したハイレ・ゲブレセラシェから8位ヌタウリクラまでの入賞者をアフリカの選手が占めた[1]。2004年、アテネオリンピック男子マラソン出場時には40歳を迎えており、2時間26分05秒の記録で出場101人中62位の成績を残した[2]

ヌタウリクラは5度オリンピックに出場した最初の、また2010年現在ただ一人のルワンダ人である。5度の出場を数えるアフリカのオリンピック選手は彼の前にはエジプトのクレー射撃選手であるモハメド・コルシェドen:Mohamed Khorshed)がいるのみであり、2004年のアテネオリンピックにおいてメアリー・オンヤリマリア・ムトラen:João N'Tyambaアンゴラの陸上競技長距離選手)と共に偉大な記録の仲間入りを果たした。

他の国際大会においても長きにわたって活躍。世界陸上競技選手権では東京大会10000mで決勝に進出して7位入賞の成績を残すなど数度の出場を果たし、世界クロスカントリー選手権には5度出場した。世界選手権の東京大会以外にも来日しており、1992年第76回日本陸上競技選手権大会10000mではアロイス・ニジガマ森下広一以下を下して27分52秒51の記録で優勝した。

主な戦績[編集]

年度 大会名 開催地 距離 順位 記録
1988 ソウルオリンピック ソウル大韓民国の旗 韓国 5000m 1次予選17着 14分08秒84
1991 世界室内陸上競技選手権 セビリアスペインの旗 スペイン 3000m 8位 7分48秒92
1991 世界陸上競技選手権 東京日本の旗 日本 10000m 7位 28分10秒38
1992 世界クロスカントリー選手権 ボストンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロング 13位 37分39秒
1992 バルセロナオリンピック バルセロナスペインの旗 スペイン 10000m 2次予選12着 28分51秒79
1993 世界陸上競技選手権 シュトゥットガルトドイツの旗 ドイツ 5000m 10位 13分28秒58
1995 世界陸上競技選手権 イェーテボリ スウェーデン 10000m 15位 27分57秒92
1996 アトランタオリンピック アトランタアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 10000m 8位 27分50秒73
2000 ロンドンマラソン ロンドンイギリスの旗 イギリス マラソン 7位 2時間09分55秒
2000 シドニーオリンピック シドニーオーストラリアの旗 オーストラリア マラソン 15位 2時間16分39秒
2001 世界陸上競技選手権 エドモントンカナダの旗 カナダ マラソン 途中棄権
2003 世界陸上競技選手権 パリフランスの旗 フランス マラソン 49位 2時間18分44秒
2004 アテネオリンピック アテネギリシャの旗 ギリシャ マラソン 62位 2時間26分05秒

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 1996 Atlanta Summer Games:Men's 10,000 metres sports-reference 2010年7月1日閲覧。
  2. ^ Athletics at the 2004 Athina Summer Games:Men's Marathon sports-reference 2010年7月1日閲覧。

参考資料・外部リンク[編集]