平塚潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア競技大会
1994 広島 10000m走
平塚 潤
生誕 (1969-01-08) 1969年1月8日(49歳)
職業 元陸上競技(長距離走・駅伝・マラソン)選手[1]
城西大学男子駅伝部監督[2]
城西大学経営学部准教授[3]

平塚 潤(ひらつか じゅん、1969年昭和44年)1月8日 - )は、日本のスポーツ科学者、陸上競技元選手・現指導者で、専門種目は長距離走駅伝及びマラソン1993年世界陸上シュトゥットガルト大会男子10000m代表・1994年広島アジア競技大会男子10000m銀メダリスト。

2001年から2009年まで、城西大学駅伝部の監督を担当[2]城西大学理学部助手、同経営学部助専任講師、助教を経て2010年より准教授。

来歴・人物[編集]

茨城県東茨城郡城里町出身。[4]水戸工業高校から日本体育大学へ進学し、体育学部体育学科卒業、同大学大学院体育科学研究科修了。エスビー食品陸上競技部に10年間在籍し、2001年度より城西大学男子駅伝部監督に就任。同僚であった櫛部静二はコーチに就任した。2009年から監督の襷を櫛部静二に渡し、陸上関係クラブを統括する陸上部総監督を務めている。公式プロフィール上では抱負として『選手での経験や監督の立場においての指導経験やアドバイスを市民ランナーに伝えて行きたいと思っています。私自身も、選手に負けないよう走り続けます』などと語っている。

選手時代[編集]

正月恒例の箱根駅伝では、第64・66・67回に出場[1]。1993年8月にはドイツシュトゥットガルトで行われた世界陸上大会10000 mに出場したが29分12秒22で予選落選した[5]。翌1994年10月の広島アジア競技大会男子10000mでは、優勝した高岡寿成に続いて2位に入り銀メダルを獲得、同種目で日本人同士のワンツーフィニッシュを達成した。

自己ベスト記録[編集]

  • 3000m 7分55秒15
  • 5000m 13分26秒80
  • 10000m 27分55秒15
  • ハーフマラソン 1時間2分40秒
  • 30Km 1時間30分49秒
  • マラソン 2時間10分51秒

賞歴[編集]

大会名 順位 備考[6]
全日本インターカレッジ 10,000m 優勝
全日本大学駅伝 優勝 6区 - 区間新
2区 - 区間賞
国際千葉駅伝 準優勝 日本代表4回・1 - 3区、5区出場
1994年アジア競技大会(広島) 10,000m 準優勝 優勝は同日本代表の高岡寿成
1993年 青梅マラソン 優勝 1時間30分57秒
1997年 ニューイヤー駅伝 準優勝 1 - 2区・6区で区間賞[7]
2016年 新宿シティハーフマラソン 優勝 1時間9分42秒[8]

マラソン全成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
1994年2月 東京国際マラソン DNF 途中棄権 初マラソン
1995年2月 別府大分毎日マラソン 10位 2時間16分51秒
1995年12月 福岡国際マラソン 8位 2時間10分51秒 マラソン自己ベスト記録
1996年12月 福岡国際マラソン 53位 2時間25分52秒
2010年4月 長野マラソン -位 3時間13分46秒 ペースランナーとして出走

監督時代[編集]

2001年に、城西大学男子駅伝部創部と同時に監督として就任し、3年で箱根駅伝に出場させる。2005年の箱根駅伝では、1区の森田も、2区の田上も善戦し、5位になったが、往路は9位で箱根の山を登った。3日の復路は、9区の川崎がシード権争いをし、茶の間の城西応援者を釘付けにした。結果は15位であった。また8月、田上貴之をトルコのイズミールで開催されたユニバーシアード競技大会のハーフマラソンに日本代表として出場させ、銀メダル獲得に平塚は貢献した。2006年の箱根駅伝は10区の高岡が頑張り、一度は東洋大と日体大を抜いて9位になったが、最後に両校に抜かれ、10秒差でシード権に手が届かなかったが、高岡に区間賞を取らせるなど、平塚の指導力が見られた。2007年も11位。2008年の箱根駅伝は大東大、順天堂、東海大が棄権するなど大波乱の年で、3回連続で11位になったが、1区の佐藤と10区の永岩が区間賞を取り、監督車から大声で指導している平塚に応える形になった。10月の箱根駅伝予選会では田中2位、高橋4位で城西大チームはトップ通過となり初めての快挙であった。2009年の第85回箱根駅伝では8区で途中棄権となり襷が途切れ、城西大応援者を落胆させたが、9区の伊藤一行は区間最速で幻の区間賞を獲り、平塚の日頃の指導に応えることになった。2009年に男子駅伝部と陸上競技部を統括する陸上部が出来、総監督となった。2010年1月の箱根駅伝で、城西大学は6位で悲願のシード権を獲得出来たが、選手は平塚がスカウトし育てた者達であり、平塚の功績は大きいものがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 関東学生陸上競技連盟. “選手詳細情報”. 読売新聞社. 2009年1月30日 (JST)閲覧。
  2. ^ a b “第85回箱根駅伝 城西大学紹介”. nikkansports.com. (2009年). http://www.nikkansports.com/sports/hakone-ekiden/2009/team/team-josai.html 2009年1月30日 (JST)閲覧。 
  3. ^ 城西大学経営学部. “城西大学経営学部”. 城西大学. 2013年1月1日閲覧。
  4. ^ 箱根駅伝特集:スポーツ報知 監督プロフィールより
  5. ^ 関東学生陸上競技連盟. “箱根駅伝出身 世界選手権出場一覧”. 読売新聞社. 2009年1月30日 (JST)閲覧。
  6. ^ 公式プロフィールより抜粋。
  7. ^ TBS「ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝 2009」”. TBS. 2009年1月30日 (JST)閲覧。 過去の大会の記録(第41回)に紹介有り。
  8. ^ “男子は47歳平塚V 女子は鈴木が連覇 新宿シティHマラソン”. スポーツニッポン. (2016年2月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/02/01/kiji/K20160201011959820.html 2016年11月13日閲覧。 

平塚潤 ランニングライフ

外部リンク[編集]