西弘美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西 弘美(にし ひろみ 1952年7月10日- )は福岡県田川市出身の元陸上長距離選手、現指導者。飯塚商業高等学校卒業後、久留米井筒屋での社会人生活を経て日本大学に進学。大学卒業後はヤクルト大昭和製紙スズキで実業団選手として活動。指導者に転身後、スズキの監督、母校日本大学のコーチを経て、2001年から2017年まで明治大学で監督を務めていた。2018年4月からはスーパーバイザー。

人物[編集]

  • 福岡県の飯塚商業高等学校を卒業。九州の同学年の長距離選手に宗兄弟がいる[1]
  • 高校卒業後に久留米井筒屋就職。実業団選手として陸上を続けるが、部員は駅伝のメンバーが組めるぎりぎりの人数しかいない弱小部であった。それでも全日本実業団駅伝には出場し、西は1972年・1973年と二年連続1区区間賞を獲得した。
  • 1974年に日本大学に進学。箱根駅伝に4年連続で出場し、4年時には1区で区間新記録を樹立した。
  • 大学卒業後、再び実業団選手として活動。ヤクルト、大昭和製紙を経てスズキで現役を引退。そのままスズキに残り、コーチ・監督を務めた。その後、1994年には母校の日本大学のコーチに就任。2001年6月末に退任し、明治大学体育会競走部長距離コーチに転身。2004年からは同部の駅伝監督を務める。
  • 明治大学は過去に箱根駅伝を7回制したことのある名門であったが、西のコーチ就任当時は、長らく箱根駅伝への出場もなく低迷していた。西はチームの再建を図り、2005年に明治大学は14年ぶりに箱根駅伝の舞台に返り咲いた[2]。その後、2008年には出場を逃したものの、翌2009年には総合8位でゴールし43年ぶりにシード権を獲得[3]、2012年には49年ぶりに総合3位となる[4]など駅伝の強豪校として復活を遂げたが、2016年は総合14位、2017年は過去ワーストタイとなる総合18位に低迷[5]、2018年大会は予選会で13位に終わり出場権を逃した。

指導した主な選手[編集]

日本大学

明治大学

※( )内は大学卒業後の進路。*は既に現役を引退した選手。

出典[編集]

  1. ^ [1]【箱根駅伝】西弘美(明治大学監督)「自己ベストなら胸を張ろう」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|Other
  2. ^ [2] 明治大学と箱根駅伝 | 明治大学
  3. ^ [3] 競走部、総合8位で43年ぶりにシード権獲得 第85回箱根駅伝 | 明治大学:TOPICS&NEWS
  4. ^ [4] 競走部 第88回 箱根駅伝 49年ぶり 総合3位でゴール | 明治大学
  5. ^ 【箱根駅伝】明大、ワーストタイ屈辱の18位 スポーツ報知 2017年1月4日