河野謙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
河野 謙三
こうの けんぞう
Kono Kenzo.JPG
1952年
生年月日 1901年5月14日
出生地 神奈川県小田原市
没年月日 (1983-10-16) 1983年10月16日(満82歳没)
出身校 早稲田大学
前職 大日本人造肥料社員
日本体育協会会長
日本陸上競技連盟会長
所属政党 民主自由党→)
自由党→)
緑風会→)
自由民主党→)
無所属
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
参議院永年在職議員
商学士
親族 兄・河野一郎
甥・河野洋平

日本の旗 第11-12代 参議院議長
在任期間 1971年7月17日 - 1977年7月3日

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 5回
在任期間 1953年5月3日 - 1983年7月9日

選挙区 神奈川県第3区
当選回数 1回
在任期間 1949年1月24日 - 1952年8月28日
テンプレートを表示

河野 謙三(こうの けんぞう、1901年(明治34年)5月14日 - 1983年(昭和58年)10月16日)は、日本政治家従二位勲一等旭日桐花大綬章

参議院議員(5期)、衆議院議員(1期)、参議院議長(第11・12代)を歴任。

人物[編集]

神奈川県足柄下郡豊川村(現在の小田原市成田)の河野治平、タミ夫妻の三男として生まれる。河野一郎は兄、河野洋平は甥に当たる。

神奈川県立小田原中学校(現:神奈川県立小田原高等学校)時代から長距離選手として活躍し、早稲田大学在学中は競走部(陸上競技部)に入り、兄一郎と共に箱根駅伝の選手として活躍、2度の総合優勝を経験した。1923年大正12年)早稲田大学専門部商科を卒業後、大日本人造肥料(後の日産化学工業)に入社した。兄の河野一郎が公職追放されたため、1947年(昭和22年)4月に兄の代わりに衆議院総選挙に、当時の神奈川3区から出馬するが、次点で落選した。1949年(昭和24年)の総選挙に再度立候補し当選した。しかし、兄一郎が追放解除となったので、1952年(昭和27年)の総選挙には出馬せず、兄と交代し、自身は翌年、1953年(昭和28年)4月の第3回参議院選挙に神奈川地方区から立候補し当選した。当選直後は、緑風会に所属したが、1958年(昭和33年)1月に緑風会を離れ、自由民主党に入党した。

参議院副議長などを経て、参議院自民党の重鎮として存在感を増す中、佐藤栄作内閣末期に持ち上がったのが、重宗雄三参議院議長をめぐる問題で中心となって動く。重宗は1962年(昭和37年)8月から1971年(昭和46年)7月まで3期9年参議院議長をつとめる中で参議院自民党は重宗王国といわれるようになっていたが、このような長期独裁体制打破を求めて1971年(昭和46年)7月に参議院改革を内容とする「河野書簡」を発表した。河野の動きをきっかけに参議院自民党の中にも新谷寅三郎迫水久常鍋島直紹ら反重宗の参議院議員は桜会を結成。7月17日、この自民党首脳部から造反した桜会と野党の支持を受けて、重宗雄三の後継議長候補であった木内四郎を128票対118票と10票差で破って参議院議長に選出された。当選後、自民党籍を離脱し、在任6年間、参議院改革に努力した。

河野は、議長当選後、議長の私的諮問機関として参議院問題懇談会(通称、八人委員会)を設置し、この答申を受けて、各派代表会議の結果、審議時間の確保、小会派への割り当て質問時間の増加、党議拘束の緩和、自由討議制の導入などの諸改革を試みた。また、議長在籍時の1975年(昭和50年)7月4日において、政治資金規正法改正案が参議院本会議において可否同数となり、議長決裁によって可決とした。国会の議長が決裁権を行使したのは参議院史上初めてであり、国会史上では1907年以来68年ぶりのことであった(後年河野は、「本来は議長としては否決するのが正しい方法だが、先に可決された公職選挙法改正案との関連性が強く、政治資金規正法改正案を否決してしまった場合には両法の間に矛盾が生まれてしまう事を危惧してやむなく可決とした」と述べている)。

1977年(昭和52年)7月に参議院議長を退任。1983年(昭和58年)に立候補せず、政界を引退した。

学生時代に陸上競技で活躍したことからスポーツ振興に熱心に取り組んだ事でも知られる。1975年(昭和50年)、日本体育協会会長に就任した。1976年(昭和51年)7月のモントリオールオリンピックには日本選手団団長として参加した。ただし1980年のモスクワ五輪の際には従来親ソビエト派と見られてきたのにも関わらず清川正二等一部協会幹部の猛反発や選手団の参加要請を押し切り出場辞退を決断し物議を醸した。1983年(昭和58年)10月16日、死去。享年82。法名は、照岳院殿謙翁三玄大居士。

なお、長男の河野鉄雄は1983年の第38回衆議院議員総選挙に自民党の公認を得て神奈川2区から立候補したが落選し[1]、続く1986年(昭和61年)の第39回衆議院議員総選挙では無所属で再び神奈川2区から立候補したが議席には届かなかった[2]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第3回参議院議員通常選挙 1953年4月24日 神奈川県地方区 無所属 164,324 21.1 2/6 - -
第5回参議院議員通常選挙 1959年6月2日 神奈川県地方区 自由民主党 364,120 38.9 1/6 - -
第7回参議院議員通常選挙 1965年7月4日 神奈川県地方区 自由民主党 519,027 34.5 2/7 - -
第9回参議院議員通常選挙 1971年6月27日 神奈川県地方区 自由民主党 795,799 42.7 1/3 - -
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 神奈川県地方区 無所属 1,086,512 41.3 1/7 - -
当選回数5回 (参議院議員6)

系譜[編集]

  • 河野氏
 
 
 
 
杉田湛誓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛山
 
 
 
石橋藤左衛門
 
きん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛一
 
久美子
 
 
 
 
 
 
 
 
岩井尊記
 
うめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立正
 
足立龍雄
 
 
足立正晃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山梨勝之進
 
泰子
 
 
啓子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊藤忠兵衛
 
伊藤恭一
 
 
伊藤勲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本郷房太郎
 
周子
 
 
武子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野治平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野洋平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川平三郎
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川秀雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
河野鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
園子
 
 
河野剛雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野顕子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本良平
 
岡本茂俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本伝之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本達彬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本経世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
伸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川秀雄
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 定数5の同選挙区では、自民党からは小泉純一郎のみが当選した。また、新自由クラブからは田川誠一が当選したが、田川は河野一郎の妻の甥であり、かつ河野謙三と田川はともにさいか屋創業者の岡本伝之助の子どもと自分の子どもを結婚させた、複雑な縁戚関係でもある。
  2. ^ 同選挙区から唯一の自民党公認となった小泉は田川と共に当選した。

文献[編集]

伝記

関連項目[編集]

議会
先代:
重宗雄三
日本の旗 参議院議長
第11・12代:1971年 - 1977年
次代:
安井謙
先代:
重政庸徳
日本の旗 参議院副議長
第10代:1965年 - 1968年
次代:
安井謙
先代:
大谷藤之助
日本の旗 参議院内閣委員長
1962年
次代:
村山道雄
先代:
豊田雅孝
日本の旗 参議院大蔵委員長
1958年
次代:
前田久吉
その他の役職
先代:
石井光次郎
日本体育協会会長
第9代 : 1975年 - 1983年
次代:
福永健司
先代:
河野一郎
日本陸上競技連盟会長
第4代 : 1965年 - 1975年
次代:
青木半治