吉居大和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉居 大和
よしい やまと
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 吉居 大和
ラテン文字 Yamato YOSHII
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
大学 中央大学
出身地 愛知県の旗愛知県田原市
身長 168cm
自己ベスト
1500m 3分43秒61(2023年)
3000m 7分57秒56(2023年)
5000m 13分25秒87(2020年)
10000m 28分01秒02(2023年)
ハーフマラソン 1時間01分47秒(2020年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

吉居 大和(よしい やまと、2002年2月14日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離種目中央大学陸上競技部所属。箱根駅伝の1区区間記録保持者。愛知県田原市出身。

経歴[編集]

中学・高校時代[編集]

愛知県田原市出身。地元の愛知県田原市立東部中学校に入学。その後、駅伝の強豪仙台育英学園高等学校に入学。2019年の3年時、全国高等学校駅伝競走大会ではエース区間の1区を同学年の喜早駿介(のち東海大)が走り区間6位、吉居は準エース区間の3区を走り区間8位だったが、12年ぶり8回目の優勝[1]に貢献し、またこの年、仙台育英高校は男女アベック優勝を果たした[2]

中央大学時代[編集]

2020年、中央大学法学部法律学科に進学。

大学1年次[編集]

12月4日に長居陸上競技場で開催された104回日本陸上競技選手権5000mで、3位に入賞し、銅メダルを獲得した。13分25秒87のタイムで自己記録を更新、自らが持っていたU20日本記録の13分28秒31をさらに塗り替えた[3]

2021年1月の第97回箱根駅伝では、順大・三浦龍司と共にスーパールーキーと期待されていたが3区で1時間05分02秒の区間15位に沈み、順位も18位から上げられずに終わった[4]

大学2年次[編集]

11月7日、9年ぶりの出場となった第53回全日本大学駅伝では1区に出走。27分05秒の区間新記録を叩き出すも、駒澤大・佐藤条二にわずかながら及ばず秒差無しの区間2位[5]。中央大は6区終了時点で10位だったが、7区でシード圏内の8位に浮上。8区でも総合8位を守り切り、10年ぶりのシード権を獲得した[6]

2022年1月、第98回箱根駅伝では1区に出走。5.6kmで集団から抜け出して以降独走状態となる。終盤はややペースを落としたものの粘り切り、2007年に東海大・佐藤悠基が記録した最古の区間記録(1時間01分06秒)を26秒上回る1時間00分40秒で区間新記録を樹立[7]。中央大は総合6位(往路6位・復路8位)に入り、全日本大学駅伝と同じく10年ぶりにシード権を獲得した[8]

大学3年次[編集]

10月10日、9年ぶりの出場となった第34回出雲駅伝では1区に出走し、序盤からハイペースで突っ込むと3km以降は独走状態に。終盤はペースを落としたが、区間記録にあと2秒と迫る22分32秒の好タイムで区間賞を獲得[9]。中央大は総合3位で11年ぶりの表彰台入りを果たした[10]

11月6日の第54回全日本大学駅伝は帯状疱疹の影響で出場を見送る予定であったが、本番前日に体調が回復し6区への出走が決定。襷を受けた段階ではシード圏外の9位ながらも3人抜きで6位に浮上させ、37分01秒のタイムで区間新記録を樹立した[11]。中央大は7位で2年連続となるシード権を獲得[12][13]

2023年1月の第99回箱根駅伝では、各校のエースが集う2区に出走。駒澤大・田澤廉、青山学院・近藤幸太郎らを抑え区間賞を獲得し(1時間06分22秒)[14]、中央大の総合2位(往路2位・復路2位)に貢献[15][16]。また、吉居は三大駅伝全てで区間賞を獲得する活躍を見せた。

大学4年次[編集]

11月の第55回全日本大学駅伝では3区に出走し、5位で襷を受ける。しかし中盤からペースが上がらず、2つ順位を下げ7位に後退。吉居自身も区間11位と振るわなかった(中央大は3分49秒差の4位)[17][18]。 28年ぶりの総合優勝を目指した翌年1月の第100回箱根駅伝では、各校のエースが集う2区に出走したが、大会直前の体調不良による影響で、2つ順位を上げたものの(19位→17位)区間15位と振るわなかった。[19]

人物・エピソード[編集]

  • 両親は元トヨタ自動車のランナーで、弟2人も陸上をしている。双子の弟(吉居大耀)は中京大学、2学年下の弟吉居駿恭も中央大学。
  • 高校時代には弟・駿恭と共にチームを2019年全国高等学校駅伝競走大会優勝へと導いた。
  • 青山学院大のエースである近藤幸太郎とは同郷(愛知県)でTTランナーズというクラブチームに所属していた先輩・後輩である(近藤が一学年上)。
  • 大学卒業後も競技の方は継続し、トヨタ自動車に就職が内定している。

戦績・記録[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2014 東三河地区通信陸上競技大会 1500m 2位 4分35秒63
2014 愛知県通信陸上競技大会 1500m 7位 4分36秒19
2015 東三河地区通信陸上競技大会 1500m 4位 4分20秒28
2015 東三河地区通信陸上競技大会 3000m 2位 9分11秒83
2015 愛知県ジュニアオリンピック 1500m 6位 4分16秒08
2016 東三河地区通信陸上競技大会 1500m 2位 4分10秒51
2016 東三河地区総合体育大会 3000m 1位 9分07秒84
2016 全日本中学校陸上競技選手権大会 3000m 5位 8分56秒94
2016 全日本中学校陸上競技選手権大会 1500m 6位 4分09秒21
2017 宮城県高校総体 1500m 4位 3分57秒78
2018 東北高校総体 5000m 5位 14分18秒69
2019 東北高校総体 5000m 2位 14分31秒42
2019 宮城県選手権 5000m 1位 13分55秒10
2019 全国高校総体 5000m 3位 14分08秒12 日本人1位
2020 天皇賜盃・第89回日本学生陸上競技対校選手権大会 5000m 1位 13分40秒04 優勝
2020 日本陸上競技選手権大会 5000m 3位 13分25秒87 U20日本記録更新

大学三大駅伝[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2020年度)
第32回
― - ―
大会中止
第52回
中央大学
不参加
第97回
3区-区間15位
1時間05分02秒
2年生
(2021年度)
第33回
中央大学
不参加
第53回
1区-区間2位
27分05秒
(区間新記録)
第98回
1区-区間賞
1時間00分40秒
区間新記録
3年生
(2022年度)
第34回
1区-区間賞
22分32秒
第54回
6区-区間賞
37分01秒
区間新記録
第99回
2区-区間賞
1時間06分22秒
4年生
(2023年度)
第35回
― - ―
出走無し
第55回
3区-区間11位
34分33秒
第100回

2区-区間15位
1時間08分04秒

その他の駅伝戦績[編集]

大会 区間 区間順位 記録 備考
2017 全国高等学校駅伝競走大会 2区(3.0km) 2位 8分17秒
2018 全国高等学校駅伝競走大会 1区(10.0km) 42位 31分53秒
2019 全国都道府県対抗駅伝競走大会 4区(5.0km) 16位 14分44秒
2019 第42回伊那駅伝 4区(9.1km) 1位 27分49秒
2019 東北高校駅伝 1区(10.0km) 1位 29分25秒
2019 全国高等学校駅伝競走大会 3区(8.1km) 8位 23分55秒
2020 全国都道府県対抗駅伝競走大会 1区(7.0km) 1位 19分46秒 区間新記録

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
5000m 13分25秒87 2020年12月4日 日本陸上競技選手権大会 U20日本記録
10000m 28分01秒02 2023年11月25日 2023八王子ロングディスタンス
ハーフマラソン 1時間01分47秒 2020年10月17日 97回箱根駅伝予選会 U20日本歴代2位タイ

脚注[編集]

  1. ^ 全国高校駅伝、男子も仙台育英が優勝 最終7区で逆転 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ 仙台育英、男女同時優勝 全国高校駅伝(写真=共同)”. 日本経済新聞 (2019年12月22日). 2021年1月21日閲覧。
  3. ^ 【第104回日本選手権長距離】新記録樹立コメント・男子5000m 吉居大和(中央大):日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations”. 日本陸上競技連盟公式サイト. 2021年1月21日閲覧。
  4. ^ 中大3区スーパールーキー吉居は区間15位に終わる - 陸上 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2021年1月21日閲覧。
  5. ^ 【全日本大学駅伝1区】駒大1年・佐藤が区間新で区間賞「びっくり」!中大・吉居は2位、青学は4位発進 2021年11月7日(スポニチ)
  6. ^ 【全日本大学駅伝】9年ぶり出場の中大、8位でシード権確保 法大は9位 2021年11月7日(日刊スポーツ)
  7. ^ 中大・吉居大和が1区で驚異的な区間新!2位争いは駒大が制す/箱根駅伝 2022年1月2日(月陸Online)
  8. ^ 中大が6位で10年ぶりのシード権獲得!藤原監督「100点のレースをしてくれました」1区・吉居はMVP/箱根駅伝 2022年1月4日(月陸Online)
  9. ^ 1区は中大の吉居大和が区間賞 出雲駅伝 2022年10月10日(スポーツ報知)
  10. ^ 【出雲駅伝】中大3位 藤原監督「安堵半分。悔しさ半分」1区吉居大和が区間新2秒差の好タイム 2022年10月10日(日刊スポーツ)
  11. ^ 中大・吉居大和6区区間新 帯状疱疹で2日前まで走れず前日刺激で「走りたい」と直訴/全日本大学駅伝 2022年11月7日(月陸Online)
  12. ^ 「大会前に負荷をかけすぎて…」万全でないチーム状況も連続シード死守 ─第54回全日本大学駅伝対校選手権大会 2022年11月6日(中大スポーツ)
  13. ^ 全日本大学駅伝で2年連続シード権を獲得しました! 2022年11月8日(中央大学)
  14. ^ 【箱根駅伝】中大・吉居大和「花の2区」制し2年連続区間賞 駒大田沢、青学大近藤に勝った! 2023年1月2日(日刊スポーツ)
  15. ^ 中央大が総合2位、22年ぶりのトップ3…藤原監督「選手たちは良くやってくれた」 2023年1月3日(讀賣新聞オンライン)
  16. ^ 箱根駅伝2位と中央大・藤原監督の秘策がズバリ。3年前からは育成方針を転換「これが令和の指導法」 2023年1月10日(Web Sportiva)
  17. ^ 秩父宮賜杯 第55回 全日本大学駅伝対校選手権大会
  18. ^ 【全日本大学駅伝】中大エース吉居大和、3区で順位2つ落とす 苦しい前半区間…7位で4区へ 2023年11月5日(日刊スポーツ)
  19. ^ 16人中14人体調不良だった 吉居大和区間15位「頭が急に痛くなった」2024年1月3日 5時35分(スポーツ報知)