市田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市田 宏
いちだ ひろし
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 市田 宏
愛称 Hiroshi Itida
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 旭化成
大学 大東文化大学
生年月日 (1992-06-16) 1992年6月16日(27歳)
生誕地 鹿児島県の旗鹿児島県鹿児島市
身長 163cm
体重 48kg
自己ベスト
5000m 13分39秒31(2018年)
10000m 28分23秒58(2018年)
3000mSC 8分50秒13(2016年)
ハーフマラソン 1時間02分24秒(2018年)
マラソン 2時間12分23秒(2019年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

市田 宏(いちだ ひろし、1992年6月16日 - ) は、鹿児島県鹿児島市出身の陸上競技選手。専門は長距離走鹿児島市立吉野中学校鹿児島実業高校大東文化大学卒業。現在旭化成陸上部に所属。双子の兄である市田孝とは中学校から実業団まで同じチームに所属している。左利き

経歴・人物[編集]

中学時代[編集]

双子の兄・とともに世代トップ選手として活躍。中学3年生の時には、全日本中学校選手権ジュニアオリンピックで3000mに出場し、いずれの大会でも孝が優勝、宏が準優勝とワンツーフィニッシュを決めるなと圧倒的な強さで名を馳せた。孝・宏と同い年の双子の長距離選手で、後に台頭することになる村山謙太紘太兄弟は、全国大会での2人のワンツーフィニッシュを見て「(当時無名であった自分たちより)3000mで1分速い。しかも自分たちと同じく双子。」と衝撃を受けたと語っている[1]。また、中学3年時には孝とともに鹿児島県代表として全国都道府県対抗男子駅伝競走大会に出場し、中学生区間の6区で区間賞を獲得した。(孝はもう1つの中学生区間2区で区間2位)[2]

高校時代[編集]

兄の孝とともに地元鹿児島の鹿児島実業高校に進学。高校3年時には全国高校駅伝で6区を担当し区間賞を獲得。1区で区間2位と好走した孝とともに、チームの全国高校駅伝初優勝に貢献した。強力な留学生を要する学校を抑えての、日本人のみのチームでの優勝であった[3]

大学時代[編集]

大学も孝とともに大東文化大学に進学。大東文化大学は箱根駅伝4度の総合優勝実績がありながら、2人の入学直前の第87回箱根駅伝には予選会を通過できなかったため出場ができていないなど低迷していた。そのような状況下で、孝とともにダブルエースとしてチームを支え、2人が大学2年時に大東文化大学は3年ぶりに箱根駅伝本戦に返り咲いた。そして3年時、4年時には大東文化大学はシード権を獲得するまでに復活した。個人としては、3大会出場した箱根駅伝ですべて区間順位一桁の好走を見せた(2年時:1区5位、3年時:1区8位、4年時:5区4位)[4]。また、3年時の第90回大会では1区を宏、2区を孝が担当し、双子でのタスキリレーが見られた。

実業団[編集]

2015年4月に兄の孝、鹿児島実業高校時代のチームメイトである吉村大輝流通経済大学卒)・有村優樹明治大学卒)、市田兄弟らと同じく鹿児島県出身の大六野秀畝(明治大学卒)、村山謙太紘太兄弟とともに旭化成に入社した。同年11月に九州実業団毎日駅伝で実業団駅伝デビューした際には、孝は2区を、弟の宏は3区を担当し、実業団でも双子でのタスキリレーが実現した。宏は孝から先頭でタスキを受け取ると、自身も首位を維持。旭化成はその後も先頭を譲ることなくゴールし、兄弟ともに旭化成の3年ぶりの優勝に貢献した[5]。 2016年2月、この年から開催されることになったクロカン日本選手権に孝とともに出場し、7位でゴール。箱根駅伝で山の神として名を馳せた神野大地青山学院大学)を2位に抑え、初代クロカン日本一の栄冠を手にした孝と2人揃って入賞し、団体の部で優勝を果たした[6][7]。2017年1月のニューイヤー駅伝では6区にエントリーされ、エース区間の4区にエントリーされた孝とともにニューイヤー駅伝デビュー。4区の孝、5区の村山謙太と連続区間賞の良い流れで、先頭でタスキを受けると、従来の区間記録を更新する快走で後続を突き放し、チームの18年ぶり優勝を決定づけた[8]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2007 第14回全国中学校駅伝大会 2区(3.0km) 区間3位 9分14秒 5位から1位に浮上
2007 第34回全日本中学校陸上競技選手権大会 3000m 2位 8分37秒75 兄・孝が優勝
第38回ジュニアオリンピック陸上競技大会 3000m 2位 8分26秒47 兄・孝が優勝
2007 第15回全国中学校駅伝大会 4区(3.0km) 区間2位 9分05秒 20人抜き
2008 第13回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 6区(3.0km) 区間賞 8分53秒
2010 第63回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 3000mSC 5位 9分04秒89
2010 第61回全国高等学校駅伝競走大会 6区(5.0km) 区間賞 14分40秒 鹿児島実業高校
初優勝
2016 第99回日本陸上競技選手権大会 クロスカントリー(12km) 7位 36分36秒
2017 第72回びわ湖毎日マラソン マラソン 17位 2時間15分15秒 初マラソン
2017 第101回日本陸上競技選手権大会 3000mSC 12位 9分06秒97
2018 第20回記念長野マラソン マラソン 3位 2時間14分42秒
2018 第66回全日本実業団選手権 10000m 13位 28分51秒97 日本人2位
(兄・孝が日本人首位)
2018 第72回福岡国際マラソン マラソン 46位 2時間24分05秒
2019 第68回別府大分毎日マラソン マラソン 15位 2時間12分23秒
2019 第74回びわ湖毎日マラソン マラソン 49位 2時間19分05秒
2019 第103回日本陸上競技選手権大会 5000m 11位 13分58秒11
10000m 22位 29分58秒44

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 区間 区間順位 記録 備考
2015年度
(入社1年目)
第52回九州実業団対抗毎日駅伝大会 3区 区間6位 29分41秒 旭化成優勝
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
旭化成7位
2016年度
(入社2年目)
第53回九州実業団対抗毎日駅伝大会
出走なし
旭化成2位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間賞 36分32秒(区間新) 旭化成優勝
2017年度
(入社3年目)
第54回九州実業団対抗毎日駅伝大会 3区 区間9位 38分45秒 実業団混成チーム
より出場
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間賞 35分49秒(区間新) 旭化成優勝
2018年度
(入社4年目)
第55回九州実業団対抗毎日駅伝大会 6区 区間賞 32分16秒 旭化成優勝
第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間賞 36分14秒 旭化成優勝

出典[編集]

  1. ^ 『箱根駅伝2015 陸上競技マガジン1月号増刊』ベースボール・マガジン社、2014年 より
  2. ^ [1]第13回 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会|大会別データ|大会記録|天皇盃 第21回 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会[ひろしま男子駅伝]
  3. ^ [2]鹿児島実 初優勝
  4. ^ [3]箱根駅伝公式Webサイト ‐ 市田 宏
  5. ^ [4] 【動画】『九州実業団駅伝ハイライト』元日号砲!ニューイヤー駅伝 − スポーツナビ
  6. ^ [5] <クロスカントリー>市田孝が初優勝 日本選手権 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
  7. ^ [6] 第99回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走大会 試合結果・トピックス 陸上部 旭化成株式会社
  8. ^ [7] ニューイヤー駅伝inぐんま 第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 日本実業団陸上競技連合

外部リンク[編集]