白鳥哲汰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白鳥 哲汰
しらとり てった
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Tetta Shiratori
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
大学 駒澤大学経済学部
生年月日 (2001-08-24) 2001年8月24日(21歳)
出身地 埼玉県の旗埼玉県春日部市
身長 177cm
体重 58kg
自己ベスト
1500m 3分49秒92 (2019年)
5000m 13分46秒78(2020年)
10000m 28分14秒86 (2020年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

白鳥 哲汰(しらとり てった、2001年平成13年〉8月24日 - )は、日本陸上競技選手。埼玉県春日部市出身。駒澤大学経済学部在学中。陸上競技部に所属し、専門種目は長距離走

経歴[編集]

中学校は豊野中学校、高校は埼玉栄高校出身。

中学時代[編集]

中学3年次の全日本中学校陸上競技選手権男子3000mでは3位に入った。

全国都道府県対抗男子駅伝では埼玉チームの一員として中学生区間の2区出走し、8分44秒で区間11位。

高校時代[編集]

2018年の全国高等学校駅伝競走大会では2年次に、花の1区を出走。

井川龍人佐藤一世らといった強力なライバル達に競り勝ち、2年生ながら区間賞を獲得した。

3年次も1区に出走したが、調子が上がらず区間16位にとどまった。

大学時代[編集]

大学1年次[編集]

大学入学以降活躍できず、全日本大学駅伝のエントリーも無かったが、11月の東海大長距離競技会で、13分46秒78のタイムを出すと、12月には日体大長距離記録会で28分14秒86のタイムを出し、箱根駅伝のメンバー入りを果たす。

第97回箱根駅伝では当日変更で1区に入ったが、ペースの変化が激しいレースでリズムを掴めず。区間15位に終わったが、トップとの差は47秒にとどめた[1] 。チームは13年ぶりの優勝を果たした[2][3]

大学2年次

大学2年に入り、鈴木芽吹らとともに記録会を共にする。しかし、故障が再発しレースに出られない状況が続いた。全日本大学駅伝ではメンバー入りを果たすものの、出走することはできず。

第98回箱根駅伝では、当日変更で復路7区に出走した。順大・西澤侑真と抜きつ抜かれつの展開が続いたが、最後は西澤に先着し2位のまま襷リレー。だが、区間10位に終わりトップの青山学院・岸本大紀との差は大きく広がってしまう。その後駒澤大は8区でのアクシデントもあり先頭との差を詰めることができず、総合2連覇を逃した。

大学3年次

10月の第34回出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝はメンバー入りせず。

人物[編集]

父も第68回箱根駅伝で国士舘大学の選手として箱根駅伝の6区を走り区間13位で走っており(1時間3分58秒)、その後2010年に行われた第86回箱根駅伝では奇しくも11年後に息子が走る往路1区で白バイとして選手の誘導を行った。

戦績・記録[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2017 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 2区 区間11位 8分44秒
第68回全国高等学校駅伝競走大会 2区 区間9位 8分24秒
2018 第69回全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間賞 29分16秒
2019 クロスカントリー日本選手権 U20男子8km 4位 23分57秒
春の高校伊那駅伝 1区 区間賞 18分54秒 区間新記録
天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区 区間21位 20分50秒
第70回全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間16位 30分13秒
2020 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区 区間12位 19分55秒

大学三大駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2020年度)
第32回
(開催中止)
第52回
― - ―
出走なし
第97回
1区-区間15位
1時間03分47秒
2年生
(2021年度)
第33回
― - ―
出走なし
第53回
― - ―
出走なし
第98回
7区-区間10位
1時間04分12秒
3年生
(2022年度)
第34回
― - ―
出走なし
第54回
― - ―
出走なし
第99回

自己ベスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

https://komazawa-ekiden.com/team/team-1th/