關颯人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
關 颯人
せき はやと
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 關 颯人
ラテン文字 Hayato Seki
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 東海大学体育学部
生年月日 (1997-04-11) 1997年4月11日(21歳)
生誕地 長野県の旗長野県茅野市
身長 178cm
体重 57kg
自己ベスト
1500m 3分42秒08 (2017年)
3000m 7分55秒44 (2017年)
5000m 13分35秒81 (2017年)[1]
10000m 28分23秒37 (2017年)
ハーフマラソン 1時間03分12秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

關 颯人(せき はやと、1997年4月11日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走茅野市立東部中学校佐久長聖高校卒業、東海大学体育学部在籍。[2]

来歴・人物[編集]

中学時代から全国レベルで活躍した。 佐久長聖高校3年時に全国高校駅伝のエース区間1区で区間賞を獲得。高校卒業後、全国高校駅伝1区でしのぎを削った羽生拓矢(八千代松蔭高校卒)や鬼塚翔太(大牟田高校卒)らとともに東海大学に進学[3]。初年度から日本学生個人選手権5000mで優勝、U20世界選手権10000mに日本代表として出場するなど活躍。区間賞を狙い出場した出雲駅伝では、各校のエースが集う3区で見事区間賞を獲得し、鮮烈な大学駅伝デビューを果たした[4][5]。翌月の全日本大学駅伝は胃腸炎の影響により欠場[6]第93回箱根駅伝では復帰を果たし、エース区間の2区を任された。1区を走った鬼塚翔太から先頭と1秒差の好位置でタスキを受けたが、先の胃腸炎の影響による走りこみ不足もあり、先頭集団のハイペースについていくことができず、区間13位に沈んだ[7]

成績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2013 第18回全国都道府県対抗男子駅伝 2区(3.0km) 区間3位 8分33秒
2015 第66回全国高等学校駅伝競走大会 1区(10.0km) 区間賞 29分08秒
2016 第21回全国都道府県対抗男子駅伝 5区(8.5km) 区間賞 24分21秒 ジュニアA優秀選手賞獲得
2016 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m 優勝 14分05秒28
2016 U20世界陸上競技選手権大会 10000m 9位 28分57秒76
2017 第101回日本陸上競技選手権大会 1500m 予選1組6位 3分46秒49
2018 第23回全国都道府県対抗男子駅伝 7区(13.0km) 区間5位 38分11秒

大学駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2016年度)
第28回
3区-区間賞
24分50秒
第48回
― - ―
出走なし
第93回
2区-区間13位
1時間09分33秒
2年生
(2017年度)
第29回
6区-区間賞
29分58秒
第49回
4区-区間6位
40分42秒
第94回
― - ―
出走なし
3年生
(2018年度)
第30回
4区-区間2位
18分06秒
第50回
2区-区間4位
32分15秒
第95回

出典[編集]

  1. ^ 大会結果 - 東海大学陸上競技部中長距離競歩ブロック”. 東海大学陸上競技部中長距離競歩ブロック. 2017年7月26日閲覧。
  2. ^ [1]選手紹介 - 東海大学陸上競技部中長距離競歩ブロック
  3. ^ [2]【箱根への道】東海大、悲願初Vへ!超高校級ルーキー続々:箱根駅伝:スポーツ報知
  4. ^ [3]新人、区間賞狙う…関颯人(東海大1年) 箱根駅伝2017 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  5. ^ [4]【出雲駅伝】東海大ルーキー・関が3区区間賞でトップに 青学大は2位 スポーツ報知
  6. ^ [5]【全日本大学駅伝】東洋大、補欠登録の服部弾馬を1区に 青学大は変更なし
  7. ^ [6]【箱根駅伝】往路15位東海大、不振1年軍団:箱根駅伝:スポーツ報知

関連項目[編集]

外部リンク[編集]