東海大学陸上競技部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海大学のユニフォームと襷

東海大学陸上競技部(とうかいだいがくりくじょうきょうぎぶ)は東海大学の体育会陸上競技チーム、関東学生陸上競技連盟に加盟する。神奈川県平塚市の湘南キャンパスに拠点を置き、選手は短距離、中長距離競歩、投擲、跳躍など各ブロックに分かれて競技分野ごとに活動する。

概要[編集]

1960年に同好会として発足し、2010年に創部50周年を迎えた。日本学生選手権は2002年第71回大会、2004年第73回大会、2007年第76回大会で男子優勝を飾った。日本選手権は男子4×400mリレーを4度制するなど複数の選手が優れた成績を残している。1982年高野進が男子400m日本新記録を樹立した。2003年に末續慎吾世界選手権男子200mで、2008年に末續と塚原直貴北京オリンピック男子4×100mリレーでそれぞれ銅メダリストに輝くなど、出身者がオリンピック世界選手権など国際大会の日本代表として活躍している。2013年現在は短距離コーチを高野進、駅伝監督を両角速が務める。札幌、清水、阿蘇の各キャンパスにも陸上競技部がある。

主な出身者[編集]

短距離[編集]

長距離[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

日本選手権優勝[編集]

  • 男子走幅跳 [4]
    • 田川茂(1996年)
  • 男子三段跳 [5]
    • 植田恭史(1977年)
  • 男子やり投 [6]
    • 天野雅教(1986年)
  • 男子4×100mリレー [7]
    • (1990年)
  • 男子4×400mリレー [8]
    • (1977年, 1978年, 1985年, 2003年)
  • 女子4×400mリレー [9]
    • (1998年)


駅伝[編集]

駅伝には中長距離競歩ブロックに在籍する選手が出場する。箱根駅伝は初出場の1973年第49回大会から2012年第88回大会まで40回連続出場を記録。2005年第81回大会で往路優勝を果たした。出雲駅伝伊達秀晃佐藤悠基らが出場した2005年第17回大会から2007年第19回大会まで3年連続優勝を飾っており[10]2017年第29回大会でも10年ぶりの優勝を果たした。全日本大学駅伝は2003年第35回大会で優勝している。襷の色は、白紺のツートーン。ユニフォームは以前は白地に紺十字のユニフォームを使用していたが、陸上部全体の連帯感を出すため2003年度より水色ユニフォームに統一したが、建学75周年の2017年度より深青色に東海大学の『T』のロゴマークに刷新された。

脚注・参考文献[編集]

外部リンク[編集]