平出和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平出 和也
(ひらいで かずや)
生誕 (1979-05-25) 1979年5月25日(41歳)
長野県諏訪郡富士見町
国籍日本の旗 日本
出身校東海大学
職業アルパインクライマー、山岳カメラマン
著名な実績8000メートル峰6座登頂
エベレスト4回登頂
身長169 cm (5 ft 7 in)
受賞日本スポーツ賞(2001)

第17回ピオレドール賞(2009)
日本スポーツ賞(2009)
第17回秩父宮記念山岳賞(2015)
第21回植村直己冒険賞(2017)
第12回ピオレドールアジア賞(2017)
第26回ピオレドール賞(2018)

第28回ピオレドール賞(2020)

平出 和也(ひらいで かずや、1979年5月25日 - )は、日本人アルパインクライマー、山岳カメラマン。登山界で最も名誉とされるピオレドール賞を日本人で最多の3度(2020年時点)受賞している[1]石井スポーツ所属[2]

概要[編集]

長野県諏訪郡富士見町出身で、同県辰野町小野で育つ。小中学校では剣道で長野県3位となった。

1995年4月、東海大学第三高等学校に入学すると陸上部に所属し、競歩の選手として活躍、全国大会で6位入賞。高校時代は訓練のため赤岳など日本の山を陸上スタイルで走って登っていた。1998年4月東海大学に入学、高校時代に引き続き1,2年時は陸上部で競歩に取り組み、日本選手権では10位となった。大学2年の秋に競歩への情熱が冷め[1]、3年時より陸上部を離れ山岳部に所属。4年生の春、チベット側からのヒマラヤ山脈遠征に加わった[1]

2001年に未踏峰クーラカンリ東峰(7,381m)に初登頂を果たし、日本スポーツ賞を受賞した。

2002年、カラコルム山脈パキスタン北部エリアを訪れ、未踏の山やルートへの想いを募らせた。ゴールデンピーク(7,027m)を目標に選んでパートナーを探して登山家に声をかけ、応じた谷口けいを2004年に北西稜の初登攀に成功した[1]

2008年7月、同じICI石井スポーツ所属のプロ登山家竹内洋岳からの誘いで8,000m峰ガッシャーブルムⅡ峰ブロードピークにサポート兼カメラマンとして参加し、連続登頂に成功。2008年10月のカメット峰 (7,756m/インド) 南東壁未踏ルート初登攀の功績によって、谷口けいと共に「第17回ピオレドール賞」を日本人として初受賞[3]。同功績により日本スポーツ賞も受賞。山岳スキー競技選手権アジア選手権団体リレー優勝、個人バーチカル5位、個人総合4位。

2013年5月、ミウラエベレスト2013隊に参画し三浦雄一郎の80歳でのエベレスト登頂を撮影した[4][5]。2014年、NHKテレビ番組「グレートトラバース」で日本百名山一筆書きに挑戦した田中陽希氏に撮影スタッフとして同行した。翌年、続編の日本二百名山一筆書きにも撮影スタッフとして同行している。

2015年12月、世界的な山岳登攀と独自の技法による撮影実績が讃えられ、第17回秩父宮記念山岳賞を受賞した。2017年2月には「誰にもまねできない冒険と撮影を両立している」として第21回植村直己冒険賞を受賞、2017年11月には同年の8月22日に達成したシスパーレ (7,611m/パキスタン) 北東壁未踏ルート登攀の功績によって平出の新たなパートナーでもある中島健郎と共に「第12回ピオレドールアジア賞」を受賞し[6]、翌2018年には同功績で2度目のピオレドール賞となる「第26回ピオレドール賞」を受賞した[7]。谷口けいは2015年に北海道の大雪山系で遭難死しており、平出はシスパーレ山頂の雪中に谷口の遺影を埋めた[1]

2019年7月にパキスタンカラコルムラカポシの未踏の南壁ルートから登頂し、翌2020年に同功績で3度目のピオレドール賞となる「第28回ピオレドール賞」を中島健郎と共に受賞した[8]

登山を始めた初期は「命をかければどんなルートも登れる」と思っていたが、カメット山頂近くで滑落してパートナーの命もかかっていることを自覚。慎重な性格で様々な忠告をしてくれた谷口には感謝している。未踏峰や新ルートへ挑み続けるのは、自ら課題を見つけて「答え合わせ」をすることに意義があると語っている。垂直に近い登攀ができるようになったのはと登山用具の進歩が大きいとしつつ、酸素の薄い高山を自ら荷物を担いで速攻登山するスタイルであるため、可能な限り1日20キロメートルのランニングと1時間ほどの水泳で鍛えている。撮影することは社会との接点であり、それに触発された若い登山家がアルパインクライミングに関心を持ち、支援者の層が広がるメリットもあるとしている[2]

実家のある富士見町にツリーデッキをつくり、遠征前に帰省して心身をリセットしたり、ブランコで子供を遊ばせたりしている[2]

経歴[編集]

  • 1979年5月25日 - 長野県諏訪郡富士見町に生まれる。
  • 1992年
    • 3月 - 辰野町塩尻市小学校組合立両小野小学校卒業。
    • 4月1日 - 塩尻市辰野町中学校組合立両小野中学校入学。
  • 1995年4月1日 - 東海大学第三高等学校入学。
  • 1998年4月1日 - 東海大学入学。
  • 2001年
  • 2003年7月 - クンヤン・チッシュ[西稜](7,852m/パキスタン)試登。
  • 2004年
  • 2005年
    • 8月 - ムスターグアタ[東稜](7,564m/中国新疆ウイグル自治区)登頂。山頂からスキー滑降(平出和也,谷口けい)。
    • 10月 - シブリン(未踏ルート/6,543m/インド)初登攀(平出和也,谷口けい)。
  • 2006年6月 - K2(パキスタン・中国チベット自治区)のベースキャンプへ自転車での挑戦、チベット横断。
  • 2007年7月 - シスパーレ[北東壁](7,611m/パキスタン)試登。
  • 2008年
    • 7月8日 - ガッシャーブルムII峰(8,035m/パキスタン)登頂(Amical German G-II Expedition 2008:竹内洋岳,平出和也,Gustafsson Eero Veikka Juhani)。
    • 7月31日 - ブロードピーク(8,047m/パキスタン)登頂(France Broad Peak Expedition 2008:竹内洋岳,平出和也,Eun Sun Oh,Gustafsson Eero Veikka Juhani,Nardi Daniele,Mario Penzari)。
    • 10月 - カメット峰[南東壁](未踏ルート/7,756m/インド)初登攀(平出和也,谷口けい)。この功績により第17回ピオレドール賞、及び日本スポーツ賞を受賞。
  • 2009年
  • 2011年
    • 5月26日 - エベレスト[南東稜](8,848m/ネパール)登頂。アドベンチャーガイズ隊のTV撮影隊として参加。
    • 11月 - ナムナニ(グルマランダータ)峰[南壁](未踏ルート/7,694m/チベット)初登攀。南峰から主峰、北西面へ初縦走(平出和也,谷口けい)。
  • 2012年
  • 2013年
    • 5月23日 - エベレスト[南東稜](8,848m/ネパール)サポートおよび撮影スタッフとして登頂(ミウラエベレスト2013隊:三浦雄一郎,三浦豪太,倉岡裕之,平出和也)。このとき同時登頂した三浦雄一郎はエベレスト登頂世界最高齢記録更新(80歳223日)[9][4][5]
    • 7月 - ディラン[西稜](7,266m)登頂(平出和也,谷口けい)。
    • 8月 - シスパーレ[南西壁](7,611m/パキスタン)敗退(平出和也,谷口けい)。
  • 2014年
    • 5月 - エベレスト(8,848m)Hero Project アメリカ隊撮影。
    • 10月 - カカボラジ[北稜](5,881m/ミャンマー)NHKスペシャル撮影。天候不良により撤退[10]
  • 2015年
    • 5月 - エベレスト(8,848m)Hero Project アメリカ隊撮影。
    • 10月29日 - アピ(7,132m/ネパール)登頂。(JAPAN API EXPEDITION TEAM:平出和也,中島健郎,三戸呂拓也)[11]
    • 12月5日 - 第17回秩父宮記念山岳賞受賞。世界的な山岳登攀と独自の技法による撮影実績が讃えられた。
  • 2016年
    • 5月19日 - エベレスト[北稜](8,848m/チベット)カメラマンとして登頂(Hero Project アメリカ隊:平出和也他)。
    • 9月21日 - ルンポカンリ[北壁](7,095m/チベット)登頂。北東稜を下降して縦走(平出和也,中島健郎)。
  • 2017年
    • 5月25日 - エベレスト[北稜](8,848m/ネパール)登頂(ICI石井スポーツ登山隊:奥田仁一,平出和也,荒川勉)[12][13]
    • 5月26日 - ローツェ(8,516m/ネパール)登頂。(ICI石井スポーツ登山隊:奥田仁一,平出和也,荒川勉)[12][13]
    • 6月 - デナリ(6,190m/アメリカ)NHKスペシャルデナリ大滑降(出演:佐々木大輔)カシンリッジを同行撮影。
    • 8月22日 - シスパーレ[北東壁](7,611m/パキスタン)新ルートから登頂(平出和也,中島健郎)。この功績により第17回ピオレドールアジア賞と第26回ピオレドール賞を受賞。
  • 2019年7月2日 - ラカポシ[南壁](7,788m/パキスタン)新ルートから登頂(平出和也,中島健郎)[14]。この功績によりピオレドール賞としては3度目となる第28回ピオレドール賞を受賞。

2020年時点ではK2西壁新ルートの無酸素登頂を次の目標にしている。2018年に偵察済だが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により現地入りできないため、日本国内でのトレーニングで準備中である[2]

エピソード[編集]

竹内は平出のことを2008年7月のガッシャーブルムII峰とブロードピーク登頂計画でのサポート兼カメラマンに指名した理由として、「映像などの記録を残したい」「何かあったときの為に身近な人がいてほしい(連絡等が円滑になる)」「強い。自分がだめになっても登山を続行できる」ことを挙げた。

2005年、インドのシブリン峰英語版で、谷口けいと未踏ルートの踏破に挑んだ際、荷物の選定を誤った(用具を増やし、食料・燃料を減らした)ことから、登頂には成功したが、足の指を3本切断することになった。この時の教訓は、2008年のカメット登頂に生かされた[15]

2010年11月7日、平出およびドイツ人パートナーのディビット・ゲットラー(David Göttler)はヒマラヤ山脈のアマ・ダブラムに遠征中、未踏ルートにこだわり北西壁新ルートを進んだ。その後、下降した二人は切立った山肌で身動きが取れなくなり、ヘリコプターで下るのも一つの方法と平出が案を出し、携帯電話にて救援要請。その要請を受け、Fishtail Air社の山岳救助のヘリコプターが出発。ヘリはまずゲットラーを救出、さらに平出の救出に向かった。しかし、聳え立つ巨大な6300mの氷壁でヘリはクラッシュを起こして1500メートル崖下に墜落。救援隊の二名、パイロットのSabin Basnyat(34歳)および 技術者のPurna Awale(34歳)が死亡した。ネパール軍はこの時点で現場の危険度を顧み、救助ヘリを出すことを拒否した。その後、死亡したパイロットの友人にあたるパイロットがFishtail Air社のヘリで平出を救出した。この事故においてゲットラー氏と平出の二人は救出されたものの、地元のネパールの救援隊員二名が死亡するという最悪の結果となった。死亡した救援隊員は過去にスイスで山岳救助の訓練を受けていたという。スイス国営放送は彼らの死を悼んで番組を作成し、救援隊員の訓練当時の姿、事故後に嘆き悲しむ残された妻子などの家族たち、葬式の模様が報道された[16][3]。平出は、この事故で登山を辞めることを考えたが、亡くなったパイロットの葬儀に出席した際、両親から「新しい命をもらったと思って登山を続けていって欲しい」と言われたとTBSテレビクレイジージャーニー』で語っている[15]

TV出演[編集]

  • 2010年10月31日 TBS系「情熱大陸」(MBS制作)服部文祥[17]
  • 2013年1月14日 NHK BSプレミアム世界の名峰グレートサミッツ」世界最高のクライマー"シルクロードの王"を撮る~中央アジアハン・テングリ
  • 2015年4月11日 NHKNHKスペシャル」「幻の山カカボラジ 全記録~アジア最後の秘境を行く~」[10]
  • 2015年7月25日 NHK「経済フロントライン」未来人のコトバ 山岳カメラマン平出和也さん[18]
  • 2017年1月2日 体感!グレートネイチャーSP▽ヒマラヤ造山帯~世界最深・カリガンダキ河をゆく
  • 2017年2月24日 TBS「クレイジージャーニー」平出和也
  • 2017年3月2日 TBS「クレイジージャーニー」平出和也
  • 2017年9月21日 TBS「クレイジージャーニー」2人の無謀なジャーニーが偉業達成SP!
  • 2018年2月3日 NHK BS1 「銀嶺の空白地帯に挑む~カラコルム・シスパーレ~」
  • 2018年7月29日 TBS系「情熱大陸」(MBS制作)「登山家 山岳カメラマン・平出和也」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 【フロントランナー】アルパインクライマー/山岳カメラマン 平出和也さん:高峰の難ルートに挑み続ける『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2020年11月14日(1面)2021年1月2日閲覧
  2. ^ a b c d 【フロントランナー】「課題見つけ、『答え合わせ』するのが楽しい」『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2020年11月14日(3面)2021年1月2日閲覧
  3. ^ a b Faust Adventurers Guild. “Hiraide Kazuya”. 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ a b 週刊アスキー. “ヒマラヤでは軽量化とバッテリー温存がキモ!最強山岳カメラマンのドローン活用術”. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ a b Miura Everest 2013. “プロジェクト”. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ 第12回ピオレドール・アジアは日本のシスパーレ北東壁隊が受賞 山と渓谷社 Climbing-net 2017年11月7日
  7. ^ 【速報】ICI石井スポーツ所属 平出和也 ピオレドール賞の受賞が決まりました! ICIスポーツ 2018年8月3日
  8. ^ 石井スポーツ所属 平出和也・中島健郎 が 2020 ピオレドール賞を受賞!(2019 年ラカポシ登山) 石井スポーツ
  9. ^ World Record Academy. “Oldest person to climb Everest: Yuichiro Miura breaks Guinness world record”. 2013年11月10日閲覧。
  10. ^ a b NHK. “NHKスペシャル 幻の山カカボラジ~アジア最後の秘境を行く~”. 2016年6月6日閲覧。
  11. ^ ICI石井スポーツ. “JAPAN API EXPEDITION 2015 動画公開”. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ a b ICI石井スポーツ. “ISG石井スポーツエベレスト&ローツェ登山隊”. 2017年12月8日閲覧。
  13. ^ a b 株式会社イード. “cyclestyle20170406”. 2017年12月8日閲覧。
  14. ^ CLIMBING-net. “平出和也と中島健郎が、カラコルムの名峰ラカポシ(7788m)を南面新ルートから登頂”. 2019年7月11日閲覧。
  15. ^ a b クレイジージャーニー 超絶無謀なアルパインクライマーの人生を変えた山”. gooテレビ番組(関東版). goo. 2018年8月12日閲覧。
  16. ^ ヘリ墜落事故に関する記録番組 "Die Bergretter im Himalaya (1/3) - Dokumentation" http://www.youtube.com/watch?v=EBJ6IKbNe1w なお、パイロットであったSabin Basnyatには2011年3月に国際ヘリコプター協会(Helicopter Association International = HAI)からEurocopter Golden Hour Award という賞が送られ、山岳救助に貢献した栄誉がたたえられた。この墜落事故についての英文記事 "Accidents in the Himalaya and helicopter rescues"
  17. ^ 毎日放送. “情熱大陸 服部文祥”. 2016年6月6日閲覧。
  18. ^ NHK. “経済フロントライン未来人のコトバ”. 2016年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]