ピオレドール賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピオレドール賞フランス語:Piolet d'Or)は、優秀な登山家に贈られる国際的なフランスの登山『モンターニュ(Montagnes)』と『グループ・ドゥ・オート・モンターニュ(Groupe de Haute Montagne)』が主宰している。1991年に創設。

候補者は両誌によってノミネートされ、両誌の編集者、前年の受賞者、その他招待者等から成る審査員達によって決定される。

ピオレドールは、フランス語で「金のピッケル(手斧)」と言う意味。

「登山界のアカデミー賞」の異名を持つ[1]

受賞者一覧[編集]

受賞年度はそれぞれの登攀が行われた年で、授賞式は翌年の春となる。

2013年[編集]

  • ウエリ・シュテック アンナプルナ南壁単独登攀
  • ラファエル・スロウィスキーとイアン・ウェルステッド K6西壁初登攀

2012年[編集]

この年はノミネートされた全隊が受賞した

2011年[編集]

  • マーク・リッチー、スティーブ・スウェンソン、フレディ・ウィルキンソン サセルカンリⅡ峰英語版登頂
  • ネイツ・マルチッチ、ルカ・ストラザー K7登頂

2010年[編集]

  • 岡田康横山勝丘 ローガン南東壁登攀
  • ショーン・ビラヌエバ、ニコラス・ファブレッセ、オリビエ・ファブレッセ、ベン・ディット、ボブ・シェプトン グリーンランド・ビッグウォール登攀
  • ダグ・スコット 生涯功労賞

2009年[編集]

2008年[編集]

2007年[編集]

中止

2006年[編集]

2005年[編集]

2004年[編集]

2003年[編集]

  • ワレリー・ババノフ、ユーリ・コレシェンコ ヌプツェ南壁初登頂

2002年[編集]

2001年[編集]

  • ワレリー・ババノフ メルー英語版中央峰シャークスフィン単独登攀

概要[編集]

The criteria for the award are stated in French and translate as:

The selection of potential laureates, as well as the conditions of awarding the trophy obey a strict ethic, which is in line with the founding values of the GHM. High technical level and commitment certainly constitute the principal criteria to which the GHM members feel so attached.

The originality in the choice of the objective and the innovative nature of the manner of conducting the ascent are equally important elements of appreciation. The practice of alpinism is in effect in perpetual evolution, and this dimension should not be forgotten. It's by the crossing of certain stages that were considered impassable that mentalities have evolved, and ascents reputed to be impossible have become commonplace…

Respect for the mountains that surround us, the beauty of movement, and the spirit in which people climb those mountains are also primary conditions for the awarding of the prize. We cannot in fact pass down to future generations summits mutilated in the name of a destructive climbing style without profoundly altering the spirit itself of this activity[2]

-->

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]. 14th Piolet d'Or. URL accessed June 25, 2006.

外部リンク[編集]