ダグ・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダグ・スコット(Doug Scott 、本名Douglas Keith Scott 、1941年5月29日 - )は、イギリス登山家。1975年にエベレスト南西壁の初登攀に成功したことで知られる。

1994年に大英帝国勲章(CBE)を受章、1999年には王立地理学会から金メダル(創立者メダル)を受賞している[1]

経歴[編集]

12歳でクライミングを始めた。20歳で教師になり、休暇中にクライミングの海外遠征を行った。アルプスの他に、アトラス山脈ティベスティ山脈クルディスタンヒンドゥークシュなどに遠征した。 クライミングに時間を割くために1971年に教師の職を辞して、徐々にプロの登山家として生計を立てるようになる。72年春、秋のエベレスト南西壁遠征隊に参加するが、いずれも敗退。75年に3度目の挑戦で南西壁の初登攀に成功した。70年代後半からは高所登山においても軽装備、少人数のスタイルに移行した。

主な登攀歴[編集]

77年オーガ(バインター・ブラック、7,285m)初登頂では、下山中に頂上直下で滑落して両足をくるぶしの位置で骨折し、仲間に助けられ両膝を使って8日かけてベースキャンプまで下山した[2]。その間、悪天候に見舞われ5日間は嵐、最後の4日間は食料が尽きていた[3]。さらに鎮痛剤なしで数日間救助を待たなければならなかった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2014年4月2日閲覧。
  2. ^ a b ヒマラヤン・クライマー p80-81
  3. ^ ビヨンド・リスク p256

参考文献[編集]

  • ダグ・スコット著『ビッグ・ウォール・クライミング―その歴史・技術・用具』(山と渓谷社,1977年)
  • ダグ・スコット著『ヒマラヤン・クライマー―世界の山岳探求に捧げた半生』(山と渓谷社,1992年)ISBN 978-4635538084
  • ニコラス・オコネル著『ビヨンド・リスク―世界のクライマー17人が語る冒険の思想』(山と溪谷社,1996年)ISBN 978-4635178082