花谷泰広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花谷 泰広
(はなたに やすひろ)
生誕 (1976-08-06) 1976年8月6日(42歳)
兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
出身校 信州大学教育学部野外教育専攻
著名な実績 キャシャール世界初登頂(2012年)
受賞 ピオレドール賞(2013年)

花谷 泰広(はなたに やすひろ、1976年8月6日 - )は日本登山家兵庫県神戸市出身。

概要[編集]

1995年兵庫県立神戸高等学校卒業、2001年信州大学教育学部卒業。高校時代より山岳部に所属、大学卒業後は富士山で登山ガイドを開始した。富士吉田市公認の富士山登山案内人として10年間富士山と関わる。2003年から2シーズン、富士山測候所において冬の強力を行った。

2004年インドヒマラヤ・ガンゴトリ山群メルー中央峰北東壁「シャークスフィン」登攀中に大怪我をして1年半にわたり登山を中断。2007年日本山岳ガイド協会の検定に合格、認定登攀ガイドとなり、「First Ascent」を主宰。2012年キャシャール南ピラー(ネパール)初登攀、その功績が評価され、2013年に第21回ピオレドール賞を受賞した。

現在、オーダーメイドガイド「First Ascent」主宰者。日本山岳ガイド協会認定登攀ガイド、国立登山研修所登山指導員、国際自然環境アウトドア専門学校講師、パタゴニアアルパインクライミングアンバサダー、PRO TREK アンバサダー、Team LA SPORTIVA アスリート、山の日アンバサダー。2017年より、北杜市の指定管理業者として甲斐駒ヶ岳 七丈小屋運営・管理人[1]

経歴[編集]

  • 1995年 - 兵庫県立神戸高等学校卒業。
  • 1996年秋 - ラトナチュリ(7,035m/ネパール)初登頂。
  • 1999年春 - マッキンリー[ウェストバットレス](6,194m/アメリカ)登頂。
  • 1999年 - ヨセミテでフリークライミングに触れる
  • 2000年春 - ガネシュヒマールⅡ峰(7,111m/ネパール)
  • 2001年 - 信州大学教育学部卒業。
  • 2001年秋 - チョ・オユー(8,201m/チベット)登頂。
  • 2002年 - トクヤラフ(ペルー)単独登頂。
  • 2003年夏 - メルー中央峰シャークスフィン(6,459m/インド)挑戦中、事故により靭帯断裂。
  • 2006年夏 - メルー中央峰シャークスフィン(6,459m/インド)登頂(馬目弘仁)
  • 2007年 - 山岳ガイド「First Ascent」を主宰。
  • 2008年夏 - ワンドイ南峰[南西バットレス](6,160m/ペルー)登頂
  • 2009年10月30日 - ネムジュン[西壁](7,137m、ネパール)初登頂(田辺治,角谷道弘,大木信介)
  • 2011年5月24日 - マッキンリー[ウエストバットレス](6,194m/アメリカ)登頂。(谷口けい,宮西広太郎,大木信介)
  • 2011年 - ヒルトナピーク縦走(カシンリッジ〜デナリ継続は断念)
  • 2012年11月11日 - キャシャール[南ピラー](6,770m/ネパール)初登頂。(馬目弘仁,青木達哉)
  • 2013年 - キャシャール初登頂が評価され、馬目弘仁,青木達哉とともに第21回ピオレドール賞受賞
  • 2014年 - テンギラギタウ(6943m)の西壁を目指すも断念
  • 2014年7月 - モンブラン[フレネイ中央稜](4,810m/フランス)登頂 (佐々木大輔)
  • 2014年 - ランダック(6620m)第二登・東面初登攀
  • 2015年 ランシャール(6224m)第二登(直前で他の隊が初登)
  • 2016年 ロールワリンカン(6664m)初登頂
  • 2018年 パンカールヒマール(6264m)初登頂

TV出演[編集]

  • NHK BS1『実践!にっぽん百名山』(毎週木曜 午後5時-5時30分) 2013年4月4日-現在
  • NHK総合 『グッと! スポーツ』 2018年10月23日回
  • NHK総合 『NHKスペシャル』 “冒険の共有” 栗城史多の見果てぬ夢2019年1月14日回

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]