ネパール軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネパール軍
नेपाली सेना
ネパール陸軍軍用機
陸軍軍用機
派生組織 ネパール陸軍
武装警察官
本部 カトマンズ
指揮官
司令官
総人員
徴兵制度
国外活動 国際連合レバノン暫定駐留軍 (UNIFL)
財政
予算 9920万ドル
軍費/GDP 1.5%
テンプレートを表示

ネパール軍(ネパールぐん、ネパール語: नेपाली सेना)は、ネパール軍隊

概要[編集]

ネパールから派遣された国連軍兵士

陸軍航空隊を含むネパール陸軍から構成される。

内陸国なので海軍はないほか、独立した空軍はない(一方、陸軍と独立して「武装警察」があり、治安を担当している)。王制時代は王立ネパール陸軍 (Royal Nepal Army) と呼ばれていた。

2008年現在、ネパール陸軍は95,000人の兵員、各地方に置かれる6個師団および、航空旅団、空挺旅団、治安旅団の独立の3個旅団からなる。

志願兵制であり、軍への登録は18歳から可能である。2004年の統計で、ネパールの軍事予算は9920万ドルで、GDP比は1.5%である。武器、装備の多くはインドから輸入されている。1990年憲法では指揮権国王にあるとされたが、現在は首相国防大臣陸軍参謀総長からなる軍事評議会がおかれ、軍の最高指揮権は大統領にある。

また、今まで国軍と敵味方として戦ってきた毛沢東派のゲリラ組織、ネパール人民解放軍と合同するのか、しないのかも困難な課題として、制憲議会で議論されている。

陸軍の階級[編集]

  • Paramadhipati 大元帥(この地位は廃止された)
  • Field Marshal 野戦元帥
  • Pradhan Senapati 参謀総長
  • General 大将
  • Lieutenant General 中将
  • Major General 少将
  • Brigadier General 准将
  • Colonel 大佐
  • Lieutenant Colonel 中佐
  • Major 少佐
  • Captain 大尉
  • Lieutenant 中尉
  • Second Lieutenant 少尉
  • Subedar Major 准少尉
  • Warrant Officer 1 上級准尉
  • Warrant Officer 2 下級准尉
  • Sergeant 軍曹

参加した主な戦争[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]