人民解放軍駐香港部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国人民解放軍駐香港部隊大廈(写真左側、白色のビルディング)
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会国家
国務院機関
国防部 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
中華人民共和国武装力量
中国人民解放軍の旗 中国人民解放軍
People's Armed Police Flag.svg 中国人民武装警察部隊
中国民兵
戦区
東部戦区 南部戦区 西部戦区
北部戦区 中部戦区
軍種
中国人民解放軍陸軍の旗 陸軍 中国人民解放軍海軍の旗 海軍 中国人民解放軍空軍の旗 空軍
中国人民解放軍ロケット軍の旗 ロケット軍
中央軍事委員会直轄独立部隊
戦略支援部隊
中央軍委聯勤保障部隊
中央軍事委員会直属院校
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学
作戦空間別戦力
陸軍 海軍陸戦隊 空軍空降兵

海軍 陸軍船艇部隊

空軍 海軍航空兵 陸軍航空兵

ロケット軍
海軍核潜艇部隊 空軍爆撃機部隊

戦略支援部隊航天系統部

戦略支援部隊網絡系統部
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
階級制度
人民解放軍 武装警察
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国家安全法 国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
国防交通法 国家情報法 ネット安全法
反テロリズム法 反スパイ法
現役士官法 予備役士官法
人民武装警察法
民兵工作条例
士官階級条例 軍政治工作条例

人民解放軍駐香港部隊(じんみんかいほうぐんちゅうホンコンぶたい、People's Liberation Army Hong Kong Garrisonピン音:Zhōngguó Rénmín Jiěfàngjūn Zhù Xiānggǎng Bùduì)は、香港防衛を担当する中華人民共和国本土から派遣されている部隊である。

概要[編集]

人民解放軍駐香港部隊の指揮権は中央軍事委員会にあり、駐留経費も中央政府が負担している。香港行政長官は必要時に中央政府の国務院を通じて、出動を要請できるに過ぎない。

司令部は香港島北部の中環(Central)地区の東寄り(湾仔(Wan Chai)寄り)にある中国人民解放軍駐香港部隊ビルにある。香港返還前は駐香港イギリス軍の司令部として、威爾斯親王大廈(Prince of Wales Building)と呼ばれていた。返還前日1997年6月30日に人民解放軍駐香港部隊へ移管された。

来歴[編集]

1993年頃から部隊の準備が開始され、1996年1月28日深圳に設置された。1996年12月30日に、駐香港部隊第8期全人代常務委員会第23次会議において「香港駐軍法」が制定された。駐香港部隊はこの駐軍法、香港基本法のほか、香港の法律を遵守しなければならない。返還に伴い、1997年7月1日の未明に主な部隊が香港へ進駐した。その際、7月1日午前0時までには進駐を完了させたい中国側と、6月30日午後11時59分までイギリス軍を駐留させたいイギリス側とで意見が対立したことから、6月30日に進駐するグループと、7月1日に進駐するグループの2組に分けて香港入りすることとなった。ただし、司令部ビルのみ前日に移行が行われている。現在でも深圳など本土側の基地が維持されている。1998年2004年2007年2002年2015年に閲兵式も行っている[1]

編制[編集]

駐香港部隊は省軍区と形式上同格であるが、その戦力は極めて小規模である。本土側の広東省にも基地があり、実質的に広州軍区に付属している。かつて鄧小平イギリス首相マーガレット・サッチャーに対して述べているように、香港駐留の意義は防衛上の理由よりも、香港に対する主権の回復を誇示することが大きい。

なお香港の軍事基地が手狭なことから、駐香港部隊は大型兵器を香港ではなく本土側に配備している。

陸軍[編集]

旅団步兵旅)相当で、総兵力は6千人。装備はおおむね小型武器装甲車に限定されており、戦車は配備されていない。

艦艇大隊[編集]

昂船洲に基地をおいている。南海艦隊の警備区域内になるが、指揮系統上は独立しているとみられている[2]

航空兵団[編集]

航空兵団航空兵團)は石崗飛行場に基地をおいている。

歴代司令員[編集]


歴代政治委員[編集]

香港への配慮[編集]

司令官以下、隊員は広州軍区から任命されることが多い。隊員には香港の公用語である広東語英語が話せることが求められている。また、中国本土と香港では自動車の進行方向が異なる(対面交通参照)ため、車両を運転する隊員はあらかじめ本土の専用教習所で訓練を受け、香港の左通行に慣れてから派遣されている。また、射撃訓練は事前に香港警察への通報が必要とされている。

隊員の外出は厳しく制限されている。外出する場合も軍服の着用は禁止されている。そのため、香港市民が隊員と出くわすことは滅多に無い。香港市民には国慶節など限られた日にのみ開放されている。更に、本土側の基地にいる部隊と香港の部隊が、定期的に入れ替わっている。

脚注[編集]

  1. ^ “特写:习近平视察并检阅驻香港部队”. 中国新聞網. (2017年6月30日) 
  2. ^ a b 「写真特集 今日の中国軍艦」『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 46頁、 NAID 40020406561
  3. ^ 中国人民解放军驻香港部队司令员调整 - 中国共産党新聞(2012年10月28日)

外部リンク[編集]