昂船洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香港における昂船洲の位置
昂船洲
北京条約の地図の中で、左上の“盎船洲”という島は昂船洲。

昂船洲(ゴンシュンチャオ、英語Stonecutters Islandストーンカッターズ島)はもともと香港九龍に属するであった。島はひっくり返した船のような形をしていたので、この島名がついた。日本の占領地時代、向島(むこうじま/むかいじま)と名乗っていた。だが、1990年代からの埋立によって、現在は九龍半島とつながっている。埋立地の北側は葵青8号コンテナターミナル葵青区へ編入されている。南側は中国人民解放軍海軍基地、深水埗区へ編入されている。

1860年清帝国アロー戦争に負け、北京条約によって九龍半島の南端(今界限街の南)と共にイギリスへ割譲された。かつて収容所、通信施設とイギリス海軍基地が置かれていた。日本占領時期、日本軍がイギリス軍の施設を利用した上に、血清をつくるための毒蛇の養殖場も置かれていた。[1]1997年香港返還の後、イギリス軍に代わり、中国人民解放軍の海軍が駐屯している。[2]

香港鉄路茘枝角駅の近くにの長順街からミニバス44Mで昂船洲へ行き、葵芳駅のそばにの葵涌広場からミニバス87Aでコンテナターミナル地区へ行くができる。[3]

関連項目[編集]

脚駐[編集]

  1. ^ 佐々淳行さんの遺骨収集 @ 昭和41年、香港。テレビドラマにしたい話
  2. ^ 香港005九龍城と九龍郊外: 香港人の生活が息づく「路上」
  3. ^ お気に入りのバス路線 緑色小巴44M/87A