イラン・イスラム共和国軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イラン・イスラム共和国軍
نيروهای مسلح جمهوری اسلامی ايران
派生組織 イラン陸軍
イラン海軍
イラン空軍
イラン防空軍
指揮官
最高司令官 最高指導者アリー・ハーメネイー[1]
国防軍需大臣 ホセイン・デフガーン
総人員
徴兵制度 有り
関連項目
歴史
テンプレートを表示

イラン・イスラム共和国軍(イラン・イスラムきょうわこくぐん)は、イラン・イスラム共和国の国軍である。


概要[ソースを編集]

人質救出訓練を行う、イラン軍第65特殊空挺連隊の兵士

イラン・イスラム共和国軍は旧イラン帝国軍を継承しており、軍制はアメリカイギリスの影響を強く受けている。共和国軍への平衡力として、別の軍事組織、イスラム革命防衛隊が存在する。

憲法に従えば、防衛武装力の基盤と原理は、イスラムの信仰と教義であり、イラン・イスラム共和国軍とイスラム革命防衛隊は、この目的のために創設されている。それ故、国境警備だけではなく、イスラムの使命、言い換えればジハード、並びにアッラーフの法の勝利のための闘いも担っている。

1987年に採択されたイラン・イスラム共和国軍法によれば、共和国軍は、イラン・イスラム共和国の独立、領土保全及び国家体制、カスピ海、ペルシャ湾、オマーン海峡の領海、国境河川における国家利益の擁護、並びに要請により侵略者の攻撃又は占領からの領土の擁護を目的としたイスラム国民又はイスラム以外の困窮した人民への軍事援助を使命とする。

構成[ソースを編集]

軍事演習に参加した、イラン軍海兵隊の狙撃手

イラン・イスラム共和国軍の最高司令官は最高指導者であり[1]、国家安全保障最高評議会と全軍最高司令部を経て共和国軍が編制されている。また全軍最高司令部の下には革命防衛隊が編制されているが、革命当初から国軍とは対立的な関係にある。イラン共和国軍は統合参謀本部の下に陸海空軍部隊が編制されている。革命後には軍政機関も革命防衛隊の革命防衛省と国軍の国防省があったが、ラフサンジャーニー政権の下で国防軍需省に統廃合された。

対外軍事協力[ソースを編集]

戦歴[ソースを編集]

準軍事組織[ソースを編集]

徴兵制度[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 最高指導者が軍の最高司令官を務めることは、現行のイラン・イスラム共和国憲法第110条の4「最高指導者の義務と権限は、以下の通り。(中略)4. 軍の最高司令官」 (وظایف و اختیارات رهبر: ... ۴- فرماندهى کل نیروهاى مسلح) によって、明確に規定されている。قانون اساسي ايران (ペルシア語)、正文ではない参考英訳
    尚、駒澤大学法学部の西修助教授(当時)による和訳は、1989年の改憲を反映しておらず、英語からの重訳であることに留意されたし。但し、改憲前の1979年憲法にも、最高指導者が軍の最高司令官を務める規定はある。

参考文献[ソースを編集]

  • 防衛法学会『新訂 世界の国防制度』(第一法規出版、平成3年)