イスラム革命防衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イスラム革命防衛隊
سپاه پاسداران انقلاب اسلامی
Seal of the Army of the Guardians of the Islamic Revolution.svg
革命防衛隊の記章
創設 1979年5月5日
所属政体  イラン
兵種/任務/特性 地上軍
航空軍
海軍
ゴドス軍(特殊部隊)
バスィージ(民兵組織)
人員 12万-12万5千人
所在地 テヘラン
主な戦歴 レバノン内戦イラン・イラク戦争対テロ戦争シリア内戦、イラク内戦
テンプレートを表示

イスラム革命防衛隊(イスラムかくめいぼうえいたい、ペルシア語:سپاه پاسداران انقلاب اسلامی、ラテン文字転写:Sepah-e Pasdaran-e Enghelab-e Islami)は、イラン軍隊組織のひとつ。

概要[編集]

イラン・イスラム革命後、旧帝政への忠誠心が未だ残っていると革命政権側から疑念を抱かれた正規軍(ペルシャ語:ارتش、Artesh)であるイラン・イスラム共和国軍への平衡力としてアーヤトッラー・ホメイニーの命令により、1979年5月5日に創設された。正規軍とは別に独自の陸海空軍、情報部、特殊部隊(ゴドス軍、後述)、弾道ミサイル部隊等を有し、戦時には最大百万人単位で大量動員できる民兵部隊「バスィージ(ペルシャ語:بسيج、Basij)」も管轄している。さらに多数の系列企業を持っている[1](建設・不動産や石油事業を営む複合企業ハタム・アルアンビアなど[2])。

革命防衛隊は国防省ではなく革命防衛隊省の統制下にある。当初、隊の任務は名前通り革命を防衛し、イスラムシャリーアと道徳の執行において法学者[3]を援助することとされ、法学者に直属する組織として計画された。12人の議員から成る革命会議は、3万人の隊員を指揮し、革命防衛隊総司令官には、アーヤトッラー・ラフティ、その参謀長には、ハーシェミー・ラフサンジャーニーとゴラームアリー・アフロウズが任命された。

この控えめな始まりから、革命防衛隊は次第に勢力を拡大し、イラン・イラク戦争中の1986年には隊員数は35万人にまで膨れ上がり、海・空軍組織をも獲得し、正規軍と並立した軍事組織として整えられた。総司令官は、2007年9月1日に前任のヤフヤー・ラヒーム・サファヴィーen:Yahya Rahim Safavi)からモハンマドアリー・ジャアファリーに引き継がれた[4]

英語圏での多くのメディアでは「Islamic Revolutionary Guards」、または単に「Revolutionary Guards」と呼ばれている。アメリカ合衆国のメディアでは「Islamic Revolutionary Guard Corps(IRGC)」、イギリスでは「Iranian Revolutionary Guard(IRG)」と呼ばれる。

規模[編集]

軍事演習に参加した、革命防衛隊の海軍コマンド部隊
  • 革命防衛隊:約12万5,000人
    • 陸軍:約10万人
    • 空軍:4,000〜5,000人
    • 海軍:約2万人(うち海兵隊:5,000人)
      • 艦艇:フリゲート3隻、コルベット2隻、小型艇1,500艇ほど
    • 特殊作戦部隊(クアトアル・ゴドス):約1万5,000人
    • 民兵・義勇兵部隊「バスィージ」
      • 正規将兵:約9万人
      • 予備役将兵:約30万人
      • 戦時には1,100万人程度まで拡大できる余地がある。

(イランの正規軍の規模)

  • 総兵力:約42万人
    • 陸軍:約35万人
    • 海軍:約1万8,000人(含む海兵隊2,600人)
    • 空軍:約5万2,000人

編成と装備[編集]

装備については不明な部分が多い。

陸軍[編集]

数個機甲師団と十数個歩兵師団、いくつかの独立旅団。1つの独立空挺旅団。

小火器はH&K G3のコピー、中国製を含むAK-47CQ 311を主に使用。

海軍[編集]

  • 沿岸戦闘艇部隊
    • スェーデン製のボガマール・マリン級(Boghammar)の高速パトロール艇x40艇以上
    • ホウドン級高速ミサイル艇x10艇
  • 英フリゲートx3、米コルベットx2、掃海艇x5、輸送艦艇x13
  • P-3F海洋哨戒機x5、電子戦機x3、掃海ヘリRH-53Dx3、対潜ヘリSH-3Dシーキングx約10
  • 沿岸ミサイル部隊
  • 海兵隊:約5,000名

空軍[編集]

Shahed285 ヘリコプター

航空機部隊を率いるハジザデ司令官は2016年10月1日、爆撃能力も持つ無人航空機の量産に成功したと発表した。2011年に領空侵犯したアメリカ製を撃墜・回収し、技術を転用したとしている[5]

弾道ミサイル部隊[編集]

SRBM(短距離弾道ミサイル)1〜2個旅団、MRBM(中距離弾道ミサイル)2個旅団程度などを保有しているとみられる。

シャハーブ1と2で12~18基の発射機、シャハーブ3用の発射機6基を保有していると思われる。これらの弾道ミサイルを先制攻撃から守る地下基地を各地に建設している[6]

2017年6月7日に首都テヘランで発生したテロ事件への報復として、革命防衛隊は6月18日、シリア北東部デリゾール県にある「テロリストの拠点」に弾道ミサイル6発を撃ち込んだ。攻撃はイラン西部のケルマンシャー州クルディスタン州から、移動式発射台で行われた。新型ミサイル「ゾルファガール」(射程750km)と「ギヤーム」(射程800km)が投入された[7][8]

ゴドス軍[編集]

ゴドス軍の活動区域

国外での特殊作戦のために、イラン・イラク戦争中に特殊部隊ゴドス軍(نیروی قدس、ニールーイェ・ゴドス、日本など国外では「コッズ部隊(Quds Force)」と表記されることが多い)を創設した。兵力は5千人から1万5千人と推定されている。司令官はガーセム・ソレイマーニー将軍。

任務は、イランが支援する各国のイスラム教シーア派系武装組織(ヒズボラハマースイラクのシーア派民兵等)に対する軍事訓練や活動の調整、敵国(イスラエルアメリカイラク)に対する破壊工作、国外のイラン反体制派の排除である。元CIA工作員のロバート・ベアによれば、ゴドス軍の構成員は通信傍受を警戒して、電話などの通信機器では無く伝令を使って互いに交信しているとされる[要出典][9]。 西側の情報によれば、1979年〜1996年に70人以上の反体制活動家が暗殺された。著名なテロ行為の中には、元イラン首相シャープール・バフティヤール(1991年8月、パリ)と、クルディスタン民主党指導者サーディフ・シャラーフ=キンディ(1992年9月、ベルリン)の暗殺がある[要出典]

また日本でも無関係でなく、1988年に出版されたサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』に対し、ホメイニーがラシュディと出版に関わった者への死刑を宣告するファトワーを発した際、同書を邦訳した筑波大学助教授の五十嵐一が、1991年に大学の構内で何者かにより殺害される事件が発生した(悪魔の詩訳者殺人事件)。未解決のまま時効となったものの、ゴドス軍による犯行であるとする説が提示されている[10]

ゴドス軍が最初に関与したと疑われているテロ活動は、1983年レバノンの首都ベイルートで起きた米海兵隊宿舎爆破事件である。また、1994年アルゼンチンブエノスアイレスにあるユダヤ文化センター爆破テロや、1996年サウジアラビアのフバルで起きた、アメリカ兵19人が死亡したフバルタワー爆破事件もゴドス軍の犯行若しくは支援があったと言われている[要出典][9]

2007年に発表された戦略国際問題研究所の報告書によれば、各国にあるイラン大使館にはゴドス軍のための特別かつ極秘の「部門」が設置されており、大使館職員との接触が禁止されているという。また駐在大使もゴドス軍がどういう活動をしているのか把握していないとされる[要出典][9]

2011年7月には、イラク駐留アメリカ軍のブキャナン報道官がイラクで活動するシーア派武装組織カターイブ・ヒズブッラーによる攻撃が、ゴドス軍が支援によって増加していると語った。2007年2月のインタビューで当時のブッシュ大統領もゴドス軍がイラク国内のテロ組織にIEDを供給したと主張していた[要出典][9]

また、アル=カーイダとの関係も指摘されている。2001年に始まったアメリカ軍主導のアフガニスタン空爆以降、イランに逃亡したウサーマ・ビン=ラーディンの息子サアド等、アフガンから逃亡してきた複数のアル=カーイダ幹部と接触していたとされる。この際、サアドが同組織ナンバー2にあたるアイマン・ザワーヒリーとゴドス軍との間の交渉を仲介したとされる[11]

また、西側情報当局とアフガニスタン情報機関によれば、ターリバーン指導部が国際治安支援部隊との戦闘に備えるため、支援を求めてゴドス軍幹部と接触したと主張している[要出典][9]

イラン政府は革命防衛隊がアサド政権の支援のためシリア内戦に介入していることを認めており[12]、ゴドス軍も派兵されているとの報道もある[13]。シリアとイラクにまたがって活動するISILに対して、イラク側でのシーア派民兵の作戦にも関与している。イラク政府のアバディ首相は「スレイマニ氏との協力は秘密でも何でもない」と語っている[14]。2015年10月7日には、シリア国内で活動中だったホセイン・ハメダニ英語版ゴドス軍副司令官兼シリア派兵イラン軍司令官がISILからの攻撃を受け戦死している[15]

バスィージ[編集]

イラン・イラク戦争時、兵員不足に悩まされたイランは、イスラム革命防衛隊の傘下で大量の義勇兵を前線に送り込んだ。同戦争における彼らの活躍を目にして、イラン指導部は、民兵部隊を制度化し、バスィージ(サーズマーネ・バスィージェ・モスタズアフィーン)を創設することに決めた。

バスィージは、軍事部隊と宗教宣伝部隊に2分される。軍事部隊は、地域的特徴で編成され、350〜420人ずつの800個までの大隊を含む。大隊は、志願制により12歳から60歳までの男性で編成される。婦人大隊(200人以下)も存在し、彼女らは、出版社、啓蒙及び慈善施設の重要ポストを占め、宗教宣伝部隊を構成している。

毎年11月26日、バスィージの総合演習がイラン全土で行われている。この日、約150万人の参加者中から、軍事訓練、身体的発達、クルアーン及びホメイニーの教えの知識における数千人の優秀者が選抜され、バスィージのエリートに編入される。彼らは、教育センターで新しい民兵を教育し、マスコミで働き、外交使節団の構成下で国外に派遣され、外交団と民間勤務の緊急補充員となる。シリア騒乱でアサド政権を支援するイラン義勇兵の徴募・派遣もバスィージが担当している[16]

普段は市民として暮らすバスィージ隊員は、体制批判を監視する秘密警察としての側面も持つ。こうした情報提供者を含めると500万人規模という報道もある[17]。またその強力な組織力・動員力故に、イランの選挙で保守派の票田ともなっている。

歴史[編集]

イスラム革命防衛隊の主な役割は国家安全保障にあり、法執行機関として国内の治安維持と国境警備を担当している。また、大規模なミサイル部隊も保有している。革命防衛隊の作戦は従来型の戦闘ではなく非対称型の戦闘方法に主眼を置いている。それには密輸やホルムズ海峡の掌握と抵抗作戦が含まれる。正規軍とは異なったやり方で作戦を進めることで、より正統的な作戦方法をとる正規軍とは補完的な関係にある。

イラン・イラク戦争時の革命防衛隊の人海戦術攻撃はあまり知られていない。1982年にイラクのバスラ近郊で行なわれたラマダン作戦と呼ばれる、双方合わせて8万人が戦死し20万人が戦傷したこの戦闘では、欧米諸国の軍事援助を受けたイラクの近代兵器の前に、銃を手にした12-80歳までの戦闘訓練をほとんど受けたことのない民兵達を中心とする10万人の隊員が徒歩でイラクへの地雷原を越えて進み、化学兵器の攻撃を受けながら何の戦闘指揮も受けないまま突撃を行った末に次々と倒れ、結果約4万5,000人が捕虜となった。

その他[編集]

米国によるテロ支援組織指定[編集]

2007年8月、『ワシントン・ポスト』は、ブッシュ政権が革命防衛隊を「テロ組織」に指定するか検討中と報道した。同年10月25日、米政府は革命防衛隊のアルクッズ(エルサレム)部隊をテロ支援組織に指定した。この指定を受けると自動的に、アメリカは2001年9月23日制定の大統領令13224号に基づき「テロあるいはテロリストへの資金提供に関わったとされる個人および組織に対する海外取引の全面凍結措置」が実施された。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ WSJ:西側企業に立ちはだかるイランの革命防衛隊
  2. ^ 「イラン2期目のロウハニ政権(下)特権財団 経済牛耳る」『日本経済新聞』朝刊2017年5月24日国際面
  3. ^ 原語においてはここでは「ファギーフ」とされており、これをどう訳すかについては議論がある(これについてはウラマーを参照)がここでは関係ない。しかしながらウラマーをどう訳すかという問題とは別に、イランにおけるシーア派十二イマーム派オスーリー派においては19世紀以降位階制ともとれる状況が発生しており、例えばペルシア語の「アーホンド」は日本語で言う「坊主」に近い言葉となっている。このような点から、イスラームにおけるウラマーのあり方をすべて「聖職者」ととるのは、キリスト教における信徒と聖職者の厳然たる境界を思い起こさせるもので必ずしもふさわしいとは言えない。ただ、現代イランにおけるウラマーやファギーフ(法学者)については、学術的にも「聖職者」の語は必ずしも失当とはいえない。
  4. ^ Wikipedia contributors (2007-09-25). “Army of the Guardians of the Islamic Revolution”. Wikipedia, The Free Encyclopedia. http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Army_of_the_Guardians_of_the_Islamic_Revolution&oldid=157602150 2008年1月26日閲覧。. 
  5. ^ 産経新聞:イラン、新型ドローン量産に成功 米の偵察機回収し技術転用
  6. ^ 産経新聞:地下の秘密基地を初放映 イラン、ミサイルも
  7. ^ “イラン、シリア領にミサイル/米・サウジをけん制”. 『日本経済新聞』朝刊. (2017年6月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19HA0_Z10C17A6FF1000/ 
  8. ^ イラン、米・サウジけん制/テロ報復「イスラム国」拠点にミサイル『読売新聞』朝刊2017年6月20日(国際面)
  9. ^ a b c d e [1][リンク切れ]
  10. ^ 『ザ・パージァン・パズル』小学館、2006年
  11. ^ http://www.jamestown.org/programs/gta/single/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=866&tx_ttnews%5BbackPid%5D=239&no_cache=1
  12. ^ 産経新聞:イラン防衛隊幹部がまた戦死 戦闘中2人
  13. ^ 産経新聞:イラン系部隊2000人参戦か シリア政権支援で、一部報道
  14. ^ 毎日新聞:2015年3月26日
  15. ^ シリア派兵イラン軍司令官、IS攻撃で死亡 東亜日報 2015年10月12日付
  16. ^ 読売新聞』朝刊2016年10月30日 イラン義勇兵 シリアへ/遺族「聖廟守ると話していた」
  17. ^ 【流浪の果てにイランのアフガン難民2】言動・思想を監視毎日新聞』朝刊2017年9月20日

参考文献[編集]

  • 宇垣大成 (2007), “高飛車なアフマディネジャド政権VS米国 分析:イラン軍事力の実像”, 軍事研究 42 (4): 68-79, ISSN 0533-6716