タハリール・アル=シャーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タハリール・アル=シャームの旗

タハリール・アル=シャーム(ハヤート・タハリール・アッ=シャーム(HTS)アラビア語: هيئة تحرير الشام‎‎、翻字: Hayʼat Taḥrīr al-Shām、シャーム解放委員会、シャーム解放機構)は、シリア内戦で活動するサラフィー・ジハード主義反政府武装組織2017年1月28日、反政府武装勢力のアル=ヌスラ戦線、アンサール・アッ=ディーン、ジャイシュ・アッ=スンナ、リワ・アル=ハック、ヌールッディーン・ザンキー運動(2017年7月20日離脱)が統合して結成された。統合前の名称である「ヌスラ戦線」と呼ばれることも多い。イドリブに本部がある。

概要[編集]

前身のアル=ヌスラ戦線と同様に、アルカーイダシリア支部であるとみなされている[1]。しかしながら、公式にはアルカーイダの一部であることを否定しており、「独立組織で、以前の組織や派閥の延長ではない」としている[2]ロシアもタハリール・アル=シャームはシリアをイスラム帝国に変えるというアル=ヌスラ戦線の目標を引き継いでいると主張している[3]シリア軍や支援するロシア軍と戦闘を続ける一方で、アメリカ軍からの攻撃も度々受けている。また、 ISIL(イスラム国)や、 シリア解放戦線英語版(シャーム自由人イスラーム運動(アハラール・アル・シャーム・イスラム運動))など他の反政府武装勢力とも支配地域をめぐり度々衝突している。 2017年7月20日にはヌールッディーン・ザンキー運動が離反し、その後幾度も衝突が起きた。 2018年に入ると、攻勢を強めるシリア軍に対し、シリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動(アハラール・アル・シャーム・イスラム運動))とも連携して抵抗する動きも出てきた[4]。しかし、引き続きシリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動(アハラール・アル・シャーム・イスラム運動))との衝突も起きている。

出典[編集]

  1. ^ “Tahrir al-Sham: Al-Qaeda's latest incarnation in Syria”. BBC News. (2017年2月12日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-38934206 2018年4月24日閲覧。 
  2. ^ THOMAS JOSCELYN (2017年2月10日). “Hay’at Tahrir al Sham leader calls for ‘unity’ in Syrian insurgency”. Long War Journal. 2018年4月24日閲覧。
  3. ^ Desk, News (2017年2月22日). “Russia finds new jihadist coalition in Syria 'worrisome': Foreign Ministry”. Al-Masdar News. 2018年4月24日閲覧。
  4. ^ 青山弘之. “混濁続く「反体制派のスペクトラ」/シリア情勢2017:「終わらない人道危機」のその後(13)”. Yahoo!ニュース. 2018年4月24日閲覧。