バナ・アルアベド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bana al-Abed
バナ・アルアベド
生誕 2009年(7–8歳)
住居 シリアの旗 シリアアレッポ2016年12月19日まで
国籍 シリアの旗 シリア

バナ・アルアベド(Bana al-Abed 、アラビア語: البنا العبد‎‎、2009年 - )は、シリア人の女性である。シリアの都市アレッポに住んでいた幼少期に、英語が話せる母親の手を借りて街の様子を文書化し、Twitterで紹介していたとされる[1][2] 。そのつぶやきのほとんどは空爆破壊恐怖飢餓移住、彼女とその家族の死の見通し、平和な幼少期を過ごす為の彼女の憧れ、東部アレッポのアル・バブ地区について、そして平和のための一般的な呼びかけなどの問題を伝えていた[3]

2016年12月19日頃、家族とともにシリアを脱出してトルコに移り住んだ。22日にはトルコの大統領レジェップ・タイイップ・エルドアンと面会している[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]