クルド人民防衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クルド人民防衛隊
Yekîneyên Parastina Gel
People's Protection Units Flag.svg
YPGの旗
創設 2011– 現在
忠誠 ロジャヴァ[1] (クルド民主統一党)
兵科 軽歩兵 ミリシア
規模 65,000[2]
モットー YPG dimeşe, erd û ezman diheje (YPG is marching, and the earth and sky [or heavens] tremble)
主な戦歴 シリア騒乱

Iraqi insurgency

指揮
総司令官 Sipan Hemo
報道官 Rêdûr Xelîl
報道官 Khebat Ibrahim
著名な司令官 Nujin Dirik (アレッポ方面司令官)
Giwan Ibrahim (カーミシュリー方面司令官)
Cemşîd Osman (ラース・アル=アイン方面司令官)
Roshna Akeed (ラース・アル=アイン方面司令官)
シリア内戦の現在の戦況

クルド人民防衛隊(人民保護部隊または 人民防衛部隊などと訳されることもある) (クルド語: Yekîneyên Parastina Gel, 発音 [jɑkinæjen pɑrɑstinɑ gæl]) (YPG) は 民主連合党 (PYD)の武装部門である。シリアの反体制派組織。シリア北部のクルド人地域ロジャヴァを本拠とする。[3][4] YPGはシリア内戦[3][5] において、当初守勢を取り、ロジャヴァ地域を支配しようとする非クルド人集団に対してのみ闘っていた。後にYPGは、主にアラブ人が住むISISが支配する領域に進出し始めた。例えば2015年6月の国境の町Tell Abyadがそうである。[6]

沿革[編集]

YPGの戦闘員
YPGが掌握しているロジャヴァ内の地域(2014年2月)
YPGが掌握しているロジャヴァ内の地域(2015年6月)

PYDは2004年アルカーミシュリー暴動の後にYPGを設立した。[3] PYDとクルド国民評議会(KNC)によるエルビル合意への調印(2012年)の後、YPGはクルド最高委員会の名目的な指揮下に入った。

コバニ制圧[編集]

2012年7月終わり、YPGは政府の治安部隊をコバニ市から追い出し、アムダ(Amuda)とアフリン(Afrin)を支配下に置いた。[7][8]

2012年12月までにYPGは部隊を八個旅団まで拡張した。それらはアルカーミシュリー(Al-Qamishli)市と ラース・アル=アイン市)、アフリン郡、アルマリキーヤ郡(Al-Malikiyah)とアルバーブ郡(Al-Bab)で結成された。[9]

YPGがコバニからジハード主義者集団を追放して以来、YPGとイスラミストの間に衝突が増えた[10]

ラース・アル=アイン制圧[編集]

2012年11月、自由シリア軍がラース・アル=アインを制圧。しかしクルド人、キリスト教徒が多数を占める同市ではアラブ人たる自由シリア軍の支配に反発が高まり、民衆と自由シリア軍が衝突する事態となった。一方YPGが「クルド人防衛」を名目としてラース・アル=アインに侵攻し、自由シリア軍と交戦。2月末、停戦合意が交わされ、町の南地区をYPGが、北地区を自由シリア軍が支配する事となった。

ティル・コチェル解放[編集]

2013年10月、YPGの戦士たちは、ISISとの激しい衝突の後、ロジャヴァにあるティル・コチェルの町を掌握した。

イラクの モースル と境を接しているティル・コチェルは、2013年10月23日に開始された「トゥルベスピイェ(Tırbespiyê)作戦」「ティル・エロ(Til Elo)殉教者作戦」の後取り戻された。

衝突は三日間続いた。YPGの戦士たちは5台の戦車を鹵獲し、続いて7つの村を掌握した。さらに10月24日夜間の大攻勢において2つの村とティル・コチェル国境検問所を掌握した。[11]

PYDの指揮官サーレハ・ムスリムは、ステルク(Stêrk)テレビに対し次のように答えた。

ティル・コチェルにおける進展は、西クルディスタンの政治経済状況の変化につながるだろう、またこの成功は、全西クルディスタンを通商封鎖下に置こうとする努力に対し、オルタナティブを創造する。

またサーレハは、ティル・コチェル国境検問所は通商封鎖に対する、新しい貿易上の選択肢であると述べた[11]

2014年には、ラッカ県のイスラム国と闘うために、YPGはそれまで対立していた自由シリア軍と共闘関係となった[12]。またYPGはFSA内の複数グループと、「ユーフラテスの火山」と称する作戦司令部を結成した。[13] 2015年2月には、レヴァント戦線とアレッポにおいて、司法協定を締結した。[14]

組織[編集]

YPGは自分たちを民主的な人民の軍隊だと考えており、内部選挙を指揮官任命の手段としている。[15]クルド人が圧倒的多数であるが、YPGに魅了されるアラブ人の数は増加している。その中には反政府勢力主流派から離脱した戦士も[16]地元の混住かアラブ人の村民同様、含まれている。それらの地域民衆は地域の安全の最良の保全者であると見なしている。[17]

多数の非クルド人クリスチャンもまたYPGの兵卒として闘っている。またYPGはアッシリア人のSutoroやSyriac Military Councilと親密な関係にある。

クルド女性防衛部隊(YPJ)[編集]

クルド女性防衛部隊 (YPJ)はYPGの女性部隊である。YPJは2012年に設立された。クルドメディアは、コバニ市における対ISISの戦闘でYPJの兵士は生命線であったと評した[18]

外国人義勇兵[編集]

YPGには非クルド人義勇兵が参加している。その人数は不明である。彼らの多くは南北アメリカヨーロッパオーストラリアから来ている。

2014年10月21日、YPGは外国人義勇兵募集用のFacebookページ「ロジャヴァの獅子達」を開設した。[19][20] あるアメリカ人は、この方法により志願したが、ISISが他の西洋人戦士に対するのと同様に、彼の首に懸賞金をかけたと主張した後、脱走しYPGを離れた。YPGと共に過ごした時に対し、彼は次のような主張と意見を述べている。「軍隊経験がなく、年齢制限もなく、また肉体的制限もかけず、誰でも連れて行くのは極めて危険である…かれらは人びとをそこへ連れて行き、銃を渡し、相棒よ幸運をと言うだけだ。」[21]また反社会主義を脱退の理由とする義勇兵もいる。しかし、著名義勇兵であるジョーダン・マトソンは、コバネでの激烈な戦闘が脱退の理由ではないかと述べている。マトソンは「ネット上の情報に基づいて、むちゃな行動に出た『インターネット・カウボーイ』たちの大半は、ここでの戦いが通常の派兵とは違うことに気付き、戦意を喪失したのかもしれない」と述べた[22]

アメリカ

2014年11月時点で、YPGと共に闘っている、少なくとも10名のアメリカ人義勇兵がいた。[23] ジョーダン・マトソンはアメリカ陸軍に歩兵として従軍していた。[24] ジェレミー・ウッダードはイラクとアフガニスタン両方で従軍していた。[25] 退役した陸軍軍人のブライアン・ウィルソン[26]は、ラアス・アル=アインに居る[25]

カナダ

少なくとも1人のカナダ人、元パトリシア王女カナダ軽歩兵連隊所属の兵士 ブランドン・グロソップが、「ロジャヴァの獅子」たちと従軍していることが知られている。[27]

オーストラリア

オーストラリアでは、シリア内戦に関わった者はすべて起訴するという豪当局の脅しにも関わらず、元労働組合員やオーストラリア労働党ノーザンテリトリー前支部長マシュー・ガーディナー英語版[28]ら豪州国内の革新勢力の数名がYPGに関与している。2015年2月26日に、YPGと共同行動をしている外国人義勇兵の初の死亡が公表された。[29]死亡した28歳のアシュリー・ジョンソンは、2014年10月に人道支援要員としてキャンベラからシリア内クルディスタンに渡った。彼は後に前線戦士としてYPGに従軍することを決意した。[30][31][32]

その他

イタリア人ひとり、[33] ギリシャ人 ひとりと、何十人もの非クルド トルコ人 (トルコとヨーロッパの移民社会両方から) もまたYPGの戦列に加わった。[23] これらのトルコ人戦士の多くは、マルクスレーニン主義共産党 (MLKP)のメンバーである。未確認情報だが、MLKPは2012年以来義勇兵をYPGに送っているとされる。少なくとも4名が2015年2月の、うち1名はラアス・アル=アインの戦い、3名はコバニ包囲戦で死亡している。MLKPはYPG内に左翼国際旅団をつくる意図を表明している。これはスペイン市民戦争において、スペイン第二共和制側で闘った、有名な 国際旅団 をモデルにしたものだ。[34]MLKPは2015年1月下旬にビデオを公開した。そこにはヨーロッパから来た、スペイン語やドイツ語をしゃべる数名の共産主義者義勇兵が、ジャジーラ郡の兵卒の中にいると主張するものであった。このような義勇兵グループは、6月10日より国際自由大隊として公式に再編成された。[35]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ PYD announces surprise interim government in Syria's Kurdish regions”. Rudaw (2013年11月13日). 2014年10月9日閲覧。
  2. ^ Will the Islamic State last through 2015?”. Today's Zaman. 2015年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c Gold, Danny (2012年10月31日). “Meet the YPG, the Kurdish militia that doesn't want help from anyone”. VICE. http://www.vice.com/read/meet-the-ypg 2014年10月9日閲覧. "A member of YPG’s central command … said that the YPG formed in 2004 shortly after the Qamishlo riots, when a number of Kurdish youth realized that they needed to be able to defend themselves more efficiently. They did not officially declare themselves until the revolution started in 2011." 
  4. ^ van Wilgenburg, Wladimir (2013年4月5日). “Conflict intensifies in Kurdish area of Syria”. Al-Monitor. http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2013/04/conflict-intensifies-syrian-kurdish-region.html 2014年10月9日閲覧。 
  5. ^ YPG Commander: Kurds Are Bulwark Against Islamic Extremism in Syria”. Rudaw (2013年7月22日). 2014年10月9日閲覧。
  6. ^ Pitarakis, Lefteris; Mroue, Bassem (2015年6月14日). “Thousands of Syrians flee into Turkey amid intense fighting”. AP. http://bigstory.ap.org/article/7f62663318e94589bf6097825914a088/kurds-nearing-key-islamic-state-held-syrian-border-town. "Thousands of Syrians cut through a border fence and crossed over into Turkey … fleeing intense fighting … between Kurdish fighters and jihadis." 
  7. ^ Ahmed, Hevidar (2012年7月25日). “Liberated Kurdish cities in Syrian Kurdistan move into next phase”. Rudaw (Erbil, Iraq). http://ekurd.net/mismas/articles/misc2012/7/syriakurd554.htm 2012年7月28日閲覧。 
  8. ^ “Kurds Give Ultimatum to Syrian Security Forces”. Rudaw. (2012年7月21日). http://www.ekurd.net/mismas/articles/misc2012/7/syriakurd541.htm 2014年10月9日閲覧。 
  9. ^ “The Kurdish Protection Units have formed a new brigade in the Al–Bab region”. Scientia Humana. (2012年12月4日). http://web.archive.org/web/20130108025429/http://scientiahumana.org/2012/12/04/the-kurdish-protection-units-have-formed-a-new-brigade-in-the-al-bab-region 2013年12月18日閲覧. "Kurdish Information Center" 
  10. ^ Kurds expel jihadists from flashpoint Syrian town: NGO”. AFP (2013年7月17日). 2015年2月13日閲覧。
  11. ^ a b “YPG takes control of Til Koçer”. Firat News Agency. (2013年10月27日). http://web.archive.org/web/20131209152741/http://en.firatajans.com/news/news/ypg-takes-control-of-til-kocer.htm 
  12. ^ FSA and YPG cooperate against ISIL militants in Syria's Tel Abyad”. ARA News (2014年5月12日). 2014年10月9日閲覧。
  13. ^ YPG and FSA form a joint military chamber to combat ISIS in Syria”. ARA News (2014年9月12日). 2014年10月9日閲覧。
  14. ^ “KURDISH YPG AND JABHAT AL-SHAMIYA AGREEMENT ON JUDICIARY COOPERATION IN ALEPPO”. Syrian Rebellion Observatory. (2015年2月5日). https://www.facebook.com/SyrianRebellionObservatory/photos/a.1648239072069399.1073741828.1648217982071508/1699722200254419/?type=1 
  15. ^ Ahmad, Rozh (2012年8月6日). “A rare glimpse into Kurdish armed forces in Syrian Kurdistan”. Rudaw (Erbil, Iraq). http://www.ekurd.net/mismas/articles/misc2012/8/syriakurd578.htm 
  16. ^ Meseguer, David (2013年2月9日). “Arabs join Kurdish militia in Aleppo”. Firat News Agency. http://en.firatajans.com/news/arabs-join-kurdish-militia-in-aleppo 2014年10月9日閲覧。 
  17. ^ Smith, Hannah Lucinda (2013年12月23日). “The Boy who Grew up to Betray his Village”. Asharq Al-Awsat. http://www.aawsat.net/2013/12/article55325141 2014年10月9日閲覧。 
  18. ^ Kurdish women turning Kobani into a living 'hell' for Islamic State” (2014年10月14日). 2014年12月2日閲覧。
  19. ^ The Lions of Rojava”. Facebook. 2014年11月15日閲覧。
  20. ^ Kobani Kurds Use Facebook To Recruit Foreign Fighters In Struggle Against IS”. Radio Free Europe Radio Liberty (2014年11月13日). 2014年11月15日閲覧。
  21. ^ Herridge, Catherine (2015年1月1日). “US vet says fighting in Syria was as easy as buying airplane ticket to Miami”. Fox News. http://www.foxnews.com/politics/2015/01/01/exclusive-us-vet-says-fighting-in-syria-was-as-easy-as-buying-airplane-ticket/ 2015年1月12日閲覧。 
  22. ^ “欧米出身の義勇兵、ISと戦うキリスト教系民兵組織へ”. AFP. (2015年1月1日). http://www.afpbb.com/articles/-/3040224?page=2 2015年8月10日閲覧。 
  23. ^ a b Western "comrades" join Kurds, Arabs, secularists, Yezidis, and Syriac Christians against Islamic State”. Your Middle East (2014年10月29日). 2015年2月13日閲覧。
  24. ^ Exclusive: American explains why he's fighting ISIL”. USA Today (2014年10月7日). 2014年10月23日閲覧。
  25. ^ a b The US volunteers who fight with Syria's Kurds”. BBC (2014年10月23日). 2014年10月23日閲覧。
  26. ^ A Divorced Father-of-Two from Ohio Is Fighting the Islamic State in Syria”. Vice News (2014年10月23日). 2015年2月13日閲覧。
  27. ^ Stewart Bell (2015年2月23日). “Second Canadian vet battling ISIS: Brandon Glossop felt need to go after Ottawa, Quebec attacks”. National Post. 2015年7月9日閲覧。
  28. ^ Matthew Gardiner confirmed to be fighting Islamic State with Kurds”. NTNews. 2015年7月9日閲覧。
  29. ^ Michael Safi, " Kurdish militia pays tribute to Ashley Johnston, killed fighting with its forces", The Guardian, 2 March 2015.
  30. ^ British Chinese volunteer fighting alongside Kurds against ISIS in Syria becomes a weibo hero”. South China Morning Post (2015年5月28日). 2015年7月9日閲覧。
  31. ^ Volunteers from China, US and UK join Kurdish forces to fight ISIS (photos)
  32. ^ 뺺֣л˲μӹ”. 2015年7月9日閲覧。
  33. ^ dal nostro inviato FABIO TONACCI (2015年4月14日). “Karim Franceschi: "Io, l'italiano di Kobane. Così ho combattuto l'Is nel nome di mio padre che sconfisse i fascisti"”. Repubblica.it. 2015年7月9日閲覧。
  34. ^ Demir, Arzu (2015年1月28日). “Preparations for international brigade in Rojava”. Firat News Agency. http://en.firatnews.com/news/news/preparations-for-international-brigade-in-rojava.htm 2015年2月11日閲覧。 
  35. ^ “Enternasyonal devrimciler: Her dilden devrimi savunuyoruz” (Turkish). Etkin Haber Ajansı. (2015年1月28日). http://www.etha.com.tr/Haber/2015/01/28/guncel/enternasyonal-devrimciler-her-dilden-devrimi-savun/ 2015年2月11日閲覧。 

外部リンク[編集]