クルディスタン労働者党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クルディスタン労働者党
Partiya Karkerên Kurdistanê (PKK)
創立 1978年 (1978)
Paramilitary Wing 人民防衛軍 (HPG) and 自由女性部隊 (YJA-STAR)[1]
政治的思想 社会主義[2]
民主国家連合[3][4][5][6][7]
コミュナリズム[3]
フェミニズム[8][9]
政治的立場 極左[10]
国際連携 クルディスタンの共同体
公式サイト
人民防衛軍
Hêzên Parastina Gel (HPG)
創設 1984年 (1984)[11]
活動期間 1984–現在
目的 トルコ系クルド人の権利[12]
活動地域 トルコ, イラク, シリア, 西欧諸国
主義 社会主義[3]
民主国家連合
現況 ISISとの戦闘。[13][14]

トルコとの休戦(2013年より)
規模 15,000人以上もの戦闘員 (2014年)[15]
年間収入 500万ユーロ[16]
ウェブサイト www.hezenparastine.com/eng/
自由女性部隊
Yekîneyên Jinên Azad ên Star (YJA-STAR)
活動地域 トルコ, イラク, シリア, 西欧諸国
主義 社会主義[3]
フェミニズム
民主国家連合
現況 ISISとの戦闘。[13][14][17]
トルコとの休戦(2013年より)
ウェブサイト www.yja-star.com/ku/

クルディスタン労働者党(クルディスタンろうどうしゃとう、トルコ語:Kürdistan İşçi Partisi, クルド語:Partiya Karkerên Kurdistan, PKK)は、クルド人の独立国家建設を目指す武装組織。旧称はクルド人民会議(KONGRA-GEL)。同組織は2002年4月にクルド労働者党(PKK)からクルディスタン自由民主会議(KADEK)に改称し、さらに2003年11月15日に現名称となった。これらの改称はテロリスト集団認定を法的に回避することが目的だったといわれている。トルコではこれを踏まえ、PKK/KONGRA-GELと併記する。

クルド人はトルコの人口の10~25パーセントを占め、何十年も抑圧されてきた。[18]1984年から2013年まで、PKKはクルド人の文化的・政治的権利と民族自決権を求めてトルコに対する武装闘争を行った。グループは1978年にアブドゥッラー・オジャランの率いるクルド人学生集団によって創立された。PKKの当初のイデオロギーは革命的社会主義とクルド民族主義の融合であり、クルディスタン地域における独立したマルクス・レーニン主義国家の樹立を目指していた。

しかし、1999年のPKK指導者アブドゥッラー・オジャランの逮捕と収監以降、オジャランはマルクス・レーニン主義を放棄し[19]、完全独立国家樹立の公式な要求を撤回する一方、党組織に彼の新しい政治綱領である「民主的連邦主義」(これにはコミュナリズムであるリバタリアン社会主義の原理に強く影響を受けている)の新綱領を取り入れるように指導した。2007年5月には、PKKの元メンバーらがトルコ、イラン、イラク、シリアのクルド人の包括的組織であるクルディスタン社会連合(KCK)の結成を援助した。2005年の3月20日[20]、オジャランは民主連邦制の必要性について述べ、語るようになった。

「クルディスタンの民主的連邦主義は国家システムではない。人民による国家なき民主的システムなのだ…それは自身の権力を人民から得るとともに、経済を含むあらゆる領域での自立に適応する」

2013年には、PKKは停戦合意を表明するとともに、戦闘員を徐々にイラク北部のクルディスタン地方に撤退させ始めた。これは、長年無権利状態に置かれたクルド人マイノリティと、トルコ政府の間のいわゆる「和平プロセス」の一環であった。

2014年、PKKはシリアとイラクのクルド人居住地域におけるISISとの戦闘に600の部隊を動員して参加し、そのことによって世界各国にPKKのテロ組織としての地位を再考させることとなった。

現在の指導者はムラト・カラユラン(Murat Karayılan)。

概要[編集]

ロンドン2003年2月15日の反戦運動英語版で、クルディスタン労働者党の旗を掲げるクルド人支持者
クルディスタン労働者党の兵士

かつてはトルコがPKKと交戦することがクルド人に対する民族弾圧であるとの指摘を受け、トルコのEU加盟への障害の一つとなっていたが、現在ではPKKはアメリカやEUなどによってテロ組織認定をされている。一方、インド、中国、ロシア、スイス、エジプトなどの国々ではPKKはテロ組織として認定されていない[21][22][23]

資金源の大半を、不法な麻薬取引とヨーロッパに住むクルド人による献金で得ていたとされる。かつての支援国は旧ソ連ギリシャ。現在の拠点はイラク北部のクルディスタン地域シリアアルメニアと見られている。

PKKという名称は通例、その軍事部門であり、かつてクルディスタン民族解放軍(ARGK)と呼称された人民防衛軍(HPG)を指す場合にも用いられる。 訓練キャンプがイラク北部のカンディール山脈等に存在する。[24]

略史[編集]

PKKは、1973年にアンカラで「アンカラ民主・愛国主義教育協会」として結成され、1978年に現在の組織名となった。当時はトルコ国内で学生運動が盛んだったため、メンバーの大半が学生であった。アブドゥッラー・オジャランを党首とし、活動地域をアンカラ周辺からクルド住民が多く住むトルコ東南部へと移動した。 同地でクルド人に対する宣伝活動を展開し、特に多くのクルド青年の心を引きつけたとされる。そして、1980年代[25]にトルコ東南部でテロ活動を起こし、標的はトルコ人だけではなく、親トルコ派のクルド人もテロの対象とされた。また、PKKはクルド民族主義だけではなく左翼組織だったため、右派のクルド民族主義組織(たとえばトルコ・ヒズボラ)とも抗争を繰り広げた。

このため、クルド人の間にも多くの犠牲者が出て、トルコ・クルド人の間からの支持を減らした。その後、活動拠点を国境問題を巡ってトルコと対立していたシリアレバノン北部に移動し、軍事キャンプを設立し、テロ活動をトルコ東部から南部・北部にまで拡大した。しかし、冷戦終結と共に最大の支援国であったソ連が崩壊、またトルコ軍の激しい掃討作戦により組織が弱体化した。最終的にはシリアからも追放され、1998年にはオジャラン党首がトルコ・アメリカ・イスラエルの情報機関の連携によりケニアで逮捕された。

その後は政治部門に当たる数多くの小政党を作り、トルコの地方議会などでPKK寄りのクルド人政治家を出した。現在では、PKKと関係のあると見られる政党は厳しく制限・監視されている。

活動[編集]

2013年停戦[編集]

2012年終盤にトルコ政府は、停戦をめぐってオジャランと秘密会談を始めた。[26] 会談を進展させるため、トルコ政府高官が、北イラクにいるPKK指導者たちに、獄中のオジャランからの手紙を届けた。[27] 2013年3月21日、停戦が発表された。[28]4月25日、PKKがトルコ領を離れることが発表された。指揮官であるムラート・カラユランは、「進行中の準備の一環として、撤退は2013年5月8日に始まる。私たちの撤退中のゲリラ部隊は、攻撃、作戦行動、空爆の際は反撃権を行使する。また撤退は直ちに中止される」と述べた。[29] 半ば自治をしくイラクのクルド人地域は、北方の隣人の考えを歓迎した。[30] 平和民主党(BDP)は、進行中の撤退を不安に思う市民に説明するために、トルコのクルド人地域中で集会を開いた。党首のピナル・ユルマズは「5月8日は期待と恐怖の日だ」と説明した。「私たちは政府をまったく信用していない。多くの人びとが、もしもゲリラたちが一旦行ってしまったら、トルコ軍が再度私たちを叩き潰すのではないかと心配している」と述べた。[28]

PKKの戦士集団は、計画された通り、トルコ南部国境からイラク北部国境を越え撤退した。[26]しかし、バグダードのイラク人指導者たちは、自分たちの領内に武装集団を受け入れるつもりはないと宣言した。 「イラク政府はどのような政治的かつ平和的な合意も歓迎する。しかしイラクの治安と安定を損なう可能性がある武装集団を領内に受け入れることはない」と公式声明は述べた。[30] バグダードとクルド自治区は既に一定の石油生産地域をめぐって反目しあっているため、北イラクにおける武装クルド勢力流入の見込みは、緊張感を高める恐れがあった。[30]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Why is the world ignoring the revolutionary Kurds in Syria?”. The Guardian. 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ Hozat, Bese (2013年11月25日). “Bese Hozat: PKK is a social system today”. 2015年6月18日閲覧。
  3. ^ a b c d Jongerden, Joost. “Rethinking Politics and Democracy in the Middle East (PDF)”. 2013年9月8日閲覧。
  4. ^ Öcalan, Abdullah (2011) (PDF). Democratic Confederalism. ISBN 978-0-9567514-2-3. http://www.freedom-for-Öcalan.com/english/download/Öcalan-Democratic-Confederalism.pdf 2013年9月8日閲覧。. 
  5. ^ Öcalan, Abdullah (2005年4月2日). “The declaration of Democratic Confederalism”. 2013年9月8日閲覧。
  6. ^ Bookchin devrimci mücadelemizde yaşayacaktır” (Turkish) (2006年8月26日). 2013年9月8日閲覧。
  7. ^ Wood, Graeme (2007年10月26日). “Among the Kurds”. The Atlantic. http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2007/10/among-the-kurds/306448/ 2013年9月8日閲覧。 
  8. ^ Sule Toktas (1970年1月1日). “Waves of Feminism in Turkey: Kemalist, Islamist and Kurdish Women’s Movements in an Era of Globalization | sule toktas”. Academia.edu. 2014年8月14日閲覧。
  9. ^ Campos, Paul (2013年1月30日). “Kurdistan's Female Fighters”. The Atlantic. 2014年8月14日閲覧。
  10. ^ Halliday, Fred (24 January 2005). The Middle East in International Relations: Power, Politics and Ideology. Cambridge University Press. p. 247. ISBN 9780521597418. http://books.google.com/books?id=isHOVSHz_4gC&pg=PA247&dq=pkk+%22far+left%22&hl=en&sa=X&ei=hi8aUvqpKZHY9QTp4oDQAw&ved=0CFEQ6AEwBw#v=onepage&q=pkk%20%22far%20left%22&f=false 2013年8月25日閲覧。. 
  11. ^ Terrorist Organization Profiles – START – National Consortium for the Study of Terrorism and Responses to Terrorism”. Start.umd.edu. 2014年8月14日閲覧。
  12. ^ Howard, Michael (2005年5月13日). “Radical firebrand who led bloody nationalist war”. Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/international/story/0,3604,1482808,00.html 2008年8月1日閲覧。 
  13. ^ a b War against Isis: PKK commander tasked with the defence of Syrian Kurds claims 'we will save Kobani'”. The Independent. 2015年6月25日閲覧。
  14. ^ a b BREAKING: HPG operation in Sinjar; 20 ISIS dead”. 2015年6月25日閲覧。
  15. ^ TCA The PKK Redux: Implications of a Growing Threat - ウェイバックマシン(2008年7月5日アーカイブ分)[リンク切れ], 15 November 2007
  16. ^ “PKK revenues reach 500 mln euros”. Today's Zaman. (2008年3月12日). http://www.todayszaman.com/newsDetail_getNewsById.action?load=detay&link=136169 2008年11月13日閲覧。 
  17. ^ ANF – Ajansa Nûçeyan a Firatê”. 2015年6月25日閲覧。
  18. ^ Kreyenbroek, Philip G.; Sperl, Stefan, eds (2005). The Kurds: A Contemporary Overview. Routledge. p. 58. ISBN 1134907664. 
  19. ^ Abdullah Öcalan, "Prison Writings: The Roots of Civilisation", 2007, Pluto Press. (p. 243-277)
  20. ^ Declaration of Democratic Confederalism in Kurdistan
  21. ^ http://www.turkishny.com/headline-news/2/34389-rus-aydn-pkk-teror-orgutu-ckmaza-girdi#.VSbO8ZN0ptE
  22. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_designated_terrorist_organizations
  23. ^ http://web.archive.org/web/20070929131855/http://tagblatt.ch/index.php?artikelxml=jsp&artikel_id=1245738&ressort=tagblattheute/schlagzeilen
  24. ^ Terrorist Organization Profile – START – National Consortium for the Study of Terrorism and Responses to Terrorism. Start.umd.edu. Retrieved on 15 July 2013
  25. ^ 1984年反政府武装闘争路線に転換
  26. ^ a b “Peace at the end of a long PKK struggle?”. Al Jazeera. (2013年5月9日). http://www.aljazeera.com/programmes/insidestory/2013/05/20135985316524633.html 2013年5月10日閲覧。 
  27. ^ Planned PKK pullout heats up Turkey politics”. 2015年6月25日閲覧。
  28. ^ a b “Kurds dare to hope as PKK fighters' ceasefire with Turkey takes hold”. The Guardian. (2013年5月7日). http://www.guardian.co.uk/world/2013/may/07/kurds-pkk-turkey-peace-talks 2013年5月10日閲覧。 
  29. ^ PKK sets date for withdrawal from Turkey”. 2015年6月25日閲覧。
  30. ^ a b c “Baghdad opposes PKK armed groups in Iraq”. Al Jazeera. (2013年5月9日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/05/201359133815629930.html 2013年5月10日閲覧。 

外部リンク[編集]