マーヘル・アル=アサド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーヘル・アル=アサド
Maher al-Assad.jpg
渾名 'The Chief'[1]
所属組織 シリアの旗 シリア
部門 Flag of the Syrian Arab Army.svg シリア軍
親族 ハーフィズ・アル=アサド (父)
Bushra al-Assad (姉)
Bassel al-Assad (兄)
バッシャール・アル=アサド (兄)
Majd al-Assad (弟)
Riffat al-Assad (伯父)

マーヘル・アル=アサド(アラビア語: ماهر الأسد‎, Maher_al-Assad,1967年12月8日 -) は、シリアの軍人・政治家。前シリア大統領ハーフィズ・アル=アサドの三男として生まれた(四男マジドとの関係については、マジドが三男でマーヘルが四男との説もある)。現在のシリア大統領であるバッシャール・アル=アサドは実兄。宗教的にはイスラーム教アラウィー派に属す。

経歴[編集]

職業軍人としてのキャリアを歩み、現在は共和国防衛隊や秘密警察と共に治安部隊の核心を形成している精鋭部隊第4機甲師団の部隊長を務める。ハーフィズ・アル=アサド時代の1994年に後継者と目された長男のバースィル・アル=アサドが急死すると、一介の眼科医として過ごし、それまで政治や軍事への関与が殆ど無かった次男のバッシャールよりも、職業軍人である彼を後継者に推す声も多かったが、粗野な性格からバッシャールの方に白羽の矢が立ったと言われ、シリア内戦においても当初のデモの段階から武力による鎮圧を主導したとされる。現アサド政権内では政府閣内での役職は持たず、バース党内での役職などの詳細は不明だが、所属する第4機甲師団以外の軍部隊や治安機関にも大きな影響力を持つとされ、アサド政権・バース党体制の事実上の№2と目される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Chris Tomson (2017年6月30日). “Bashar Al-Assad’s brother promoted to Major General for Daraa military campaign”. al-Masdar News. 2017年9月12日閲覧。