シリア民主軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シリア民主軍の旗

シリア民主軍(シリアみんしゅぐん、英語: Syrian Democratic Forces, SDF、アラビア語: قوات سوريا الديمقراطية‎、クルド語: Hêzên Sûriya Demokratîk)は、シリア反体制派グループ。約40の組織が参加している[1]

概要[編集]

シリア内戦下の2015年10月12日、シリアのクルド人民兵部隊クルド人民防衛隊(Kurdish People's Protection Units、YPG)を主体として結成。所属組織には、「ユーフラテスの火山」などそれまでYPGと共闘してきたクルド系、アラブ系、シリア語系キリスト教徒の組織が加わった[2]

トルコ政府は、YPGをトルコ・クルド人の非合法組織クルディスタン労働者党の一派とみなし、警戒している。シリア民主軍は政府軍を積極的に攻撃しない上に、アメリカから優先的に空爆による支援と武器の供給を受けているため、他の反体制派から反感を持たれている[2]

アサド政権打倒を最優先目標に掲げていたこれまでの反政府勢力と異なり、2013年以降急速に勢力を拡大したイスラム過激派組織ISIL討伐を主目標としている。主にユーフラテス川以東を活動地域とし、2015年10月以降、ロシア軍の支援(ロシア空軍のシリア空爆)の下、ISILを含めた反政府勢力に対し攻勢に転じているシリア軍とは活動拠点を異にすることで、相互に不干渉の姿勢をとり、衝突を避けていると思われる。

歴史[編集]

背景[編集]

シリア内戦では複数の勢力が複雑に対立し合う構造が続いていた。その中で、トルコクルド労働者党(PKK)の影響を受けた新興クルド人政党、クルド民主統一党(PYD)は、傘下の軍事組織クルド人民防衛隊(YPG)を駆使して、政府軍が撤退したクルド人の多い町々を支配した。シリア政府はダマスカスアレッポの防衛に集中するために、クルド人との直接対決を避け、PYDもポスト・アサド政権がクルド人の権利を保障するか不透明なため、アサド政権の打倒には慎重だった。これによってムスタファ・バルザーニジャラル・タラバニ率いるイラクのクルド勢力の影響を受けてきた古株の中小クルド政党は脇に追いやられ、PYD主導の政治勢力・ロジャヴァが成立した[3]

2014年、ISILがロジャヴァの支配下にある町コバニ(アラブ名:アイン・アル=アラブ)を攻撃したコバニ包囲戦で、YGPは防衛戦を繰り広げた。隣国トルコの国境沿いで、女性やボランティアの戦闘員がいたため、世界中のメディアに戦闘の様子が報道された。アメリカ軍の支援やイラククルドの援軍もあってYPGは勝利し、以降ISILに対して攻勢を仕掛けることとなる[3]

結成[編集]

PKKと対立関係にあるトルコ政府はPKKの影響を受けたPYD中心のロジャヴァの台頭を警戒していた。また、ロジャヴァの勢力が拡大し、アラブ人が多数を占める地域も支配するようになったため、クルド色を薄める必要性が出てきた。そこで、2015年10月にPYDと協力関係にある武装組織で連合組織「シリア民主軍」が結成された[3]

結成当初のシリア民主軍は約5万人の兵力を擁し、以下の武装組織が参加したとされる[4]

  • クルド人民防衛隊(YPG)・クルド女性防衛部隊(YPJ) - 兵力2万5,000人
  • シリア・アラブ同盟(SAC) - ハサカ県アラブ人組織。兵力1200人。有志連合から支援を受けていた。
  • 革命家軍:アレッポ県郊外、ラッカ県のトルコ国境地帯で活動。兵力は2500 - 3000人
  • ユーフラテスの火山作戦司令室 - 兵力4000 - 5000人
  • サナーディード軍 - ハサカ県のアラブ人部族の民兵。兵力は700人
  • ジャズィーラ旅団連合 - ハサカ県のアラブ人部族の民兵で、兵力は700人
  • シリア正教軍事評議会 - ハサカ県のシリア正教徒の民兵。兵力は1500人

2015年11月にはシリア空爆を行っていたロシア軍機がトルコ軍に撃墜され(ロシア軍爆撃機撃墜事件)、トルコとロシアの関係が悪化した。それに伴い、ロシア軍が親トルコの反体制派勢力に徹底的な空爆を行い、それに乗じてSDFが親トルコ勢力を攻撃し、勢力を拡大させていった[3]

マンビジ攻略と「ユーフラテスの盾」[編集]

2016年6月、SDFはアメリカ軍の支援を受けて、アレッポ県マンビジの攻略に乗り出した。マンビジはISILが支配する都市でトルコ国境に近いため、物資が豊富できれいな水や電力が供給されていた。外国人戦闘員が多く、ジハーディ・ジョンもかつてこの町にいたとされる。ISIL側はイラクでファルージャの攻防戦に追われており、SDF数千人とアメリカ軍特殊部隊員200人という圧倒的な戦力での攻撃にさらされたため、敵の快進撃を許した[5]。8月には残っていたISIL戦闘員が撤退し、シリア民主軍がマンビジ一帯を占領した[6]

しかし、SDFの台頭はクルドに警戒心を持つトルコ政府を刺激した。6月、トルコの大統領レジェップ・タイイップ・エルドアンは前年のロシア軍機撃墜を謝罪し、アサド政権打倒を棚上げしてロシアと和解した。そのうえで、親トルコのシリア反体制派勢力とトルコ軍による共同作戦「ユーフラテスの盾」を実行し、シリア北部のジャラーブルスアアザーズの間をISILから奪い取った。これによってISILはトルコ国境から排除され、ロジャヴァにとっては更なる西進(アフリーンの飛び地解消)は不可能になった[3]

ラッカとデリゾールの争奪戦[編集]

2017年6月6日、SDFはアメリカ軍特殊部隊の支援を受けてISILの「首都」ラッカに向けて進攻した。それと同日、アレッポに駐留していたシリア政府軍の部隊もロシア空軍の支援を受けてラッカへと進軍し、ラッカまで70kmの地点に展開した[7]

同月30日、SDFが先にラッカを包囲した。ISIL指導部は町から逃げ出し、残されたISIL戦闘員は各方面からSDFの攻撃に晒された[8]

SDFはISILが一部を支配するデリゾールも攻略を目指し、ラッカ攻略と並行して兵を進めた。デリゾールでは3年ぶりに政府軍が包囲網を突破しており、双方でどちらがISILの支配地を占領するかで競争が繰り広げられた。9月にはSDF部隊が初めてロシア空軍から空爆を受けたとされる[9]

同年10月17日にSDFはラッカの完全制圧を宣言した[10]。その3日後にはラッカの解放を正式に発表した[11]

一方、デリゾールは11月にシリア政府軍によって奪還された。[12]

「オリーブの枝」[編集]

2018年1月にはトルコ軍とその支援を受けたシリア反体制派がSDFの守るアフリーン郡を攻撃し、3月にはアフリーンがトルコ軍に占領された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “[地球を読む]シリアと北朝鮮/犯罪的脅威 グローバル…山内昌之(明治大学特任教授)”. 読売新聞朝刊. (2017年5月7日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170507-118-OYTPT50056/list_CHIKYUOYOMU 
  2. ^ a b 「シリア民主軍」結成、宗教・民族越えた「挙国一致の軍事力」 写真2枚 国際ニュース”. AFPBB News (2015年10月12日). 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e クルド・国なき民族のいま――シリア北部は「民主連邦」の実験場勝又郁子 / ジャーナリスト(2017年11月23日)
  4. ^ YPGが、米軍から弾薬をパラシュート投下で供与されたSACとともに、ダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点ラッカ市攻略に向け「シリア民主軍」を結成、近く有志連合と連携して作戦を開始(2015年10月11日)(2017年11月23日)
  5. ^ ISの息の根を止める、連合軍の「リトル・ロンドン」進撃作戦(2017年11月23日)
  6. ^ シリア・マンビジから敗走のIS、置き土産に「わな」(2017年11月23日)
  7. ^ シリア軍、イスラム国「首都」ラッカに向け進攻(2017年11月23日)
  8. ^ 米支援勢力、シリア・ラッカでISを包囲(2017年11月23日)
  9. ^ クルド部隊空爆、ロシア軍機か=東部で衝突懸念-シリア(2017年11月23日)
  10. ^ “シリア民主軍、ISの「首都」ラッカを「完全制圧」と発表”. AFPBB News (フランス通信社). (2017年10月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3147090 2017年10月17日閲覧。 
  11. ^ ラッカ解放 シリア民主軍が正式発表”. 毎日新聞 (2017年10月20日). 2017年10月20日閲覧。
  12. ^ 東部のIS要衝デリゾールを奪還 最終段階に(2017年11月23日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]