アフリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アフリーン / エフリン
عفرين / Efrîn
Afrin / Efrin
アフリーン(2009年)
アフリーン / エフリンの位置(シリア内)
アフリーン / エフリン
アフリーン / エフリン
シリア国内の位置
座標: 北緯36度30分45秒 東経36度51分16秒 / 北緯36.512396度 東経36.854532度 / 36.512396; 36.854532
シリアの旗 シリア
アレッポ県
アフリーン郡
標高 270m (886ft)
人口 (2004)
 - 計 36,562人
 - 民族構成 クルド人、アラブ人人
 - 宗教 イスラム教スンニ派、キリスト教人
等時帯 EET (UTC+2)
 - 夏時間 +3 (UTC)

アフリーン(アフリン、Afrin, アラビア語: عفرين‎ / ‘Afrīn)、あるいはクルド語エフリンEfrîn)は、シリア(シリア・アラブ共和国)北西部の都市で、アレッポ県(県都アレッポ)に属する。アフリーンの人口は36,562人(2004年国勢調査)で[1]、アフリーンを中心とするアフリーン郡は、ジャンディレス(Jindires)、ラジョ(Rajo)、シャッラーン(Sharran)、シャイク・アル=ハディド(Shaykh al-Hadid)、マアバトリ(Maabatli)、カトマ(Katma)などの小さな町を含め合計366の町村からなっており郡全体の人口は49万人ほど。

アフリーンはシリア北西部からトルコ南部(キリス県)にかけて広がるクルド山地(アレッポ山地、ジャバル・アル=クルド)の中にあり、オロンテス川の支流アフリーン川の渓谷に位置する。アフリーン(エフリン)は「実りの多い創造物」「恩恵」を指すクルド語に由来する。

歴史[編集]

シリアのクルディスタンのエフリン地区。シリア領がトルコに向かって突き出している一帯に設立が宣言された

オスマン帝国が第一次世界大戦に敗れて以来、シリアからトルコ南部はフランス軍に占領されたが、最初の抵抗活動はアフリーンの北部でクルド人部族により始まった。アフリーンの町はフランス委任統治政府がこの地方の商業の中心地として建設した。

シリア内戦が起こると、2012年7月20日に政府軍がアフリーンから撤退し、クルド人の反政府武装勢クルド人民防衛隊(People's Protection Units, YPG)が占領した[2][3][4]。これ以来クルド人の統治が始まり、2014年1月27日にはシリアのクルディスタン(ロジャヴァ)のエフリン地区(Efrîn Canton)が置かれ、アフリーン(エフリン)はその中心地となった[5]

その後、2018年トルコ軍とアラブ系のシリア反体制派によって占領された(オリーブの枝作戦)。

脚注[編集]

  1. ^ General Census of Population and Housing 2004. Syria Central Bureau of Statistics (CBS). Aleppo Governorate. (アラビア語)
  2. ^ http://www.rudaw.net/english/kurds/4978.html
  3. ^ “Liberated Kurdish Cities in Syria Move into Next Phase”. Rudaw. (2012年7月25日). http://www.rudaw.net/english/news/syria/4999.html 2012年7月28日閲覧。 
  4. ^ “Kurdish muscle flexing”. Jerusalem Post. (2012年11月14日). http://www.jpost.com/Features/InThespotlight/Article.aspx?id=291764 2012年11月14日閲覧。 
  5. ^ Democratic autonomy has declared in Afrin canton in Rojava”. mednuce.com. 2014年9月20日閲覧。