アブー・バクル・アル=バグダーディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イブラーヒーム
إبراهيم
ISILカリフ
Mugshot of Abu Bakr al-Baghdadi, 2004.jpg
2004年2月2日、拘束直後のバグダーディー
在位 2014年6月29日 - 2019年10月26日
戴冠式 2014年7月4日
イラクの旗 イラクモスルヌーリ・モスク[1]

全名
出生 (1971-07-28) 1971年7月28日
イラクの旗 イラクサーマッラー
死去 (2019-10-26) 2019年10月26日(48歳没)
シリアの旗 シリアイドリブ県
ハーレム郡英語版バリシャ英語版
配偶者 サージャ・アル=ドゥレイミ
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

アブー・バクル・アル=バグダーディーアラビア語: أبو بكر البغدادي‎、1971年7月28日[2] -2019年10月26日 )は、サラフィー・ジハード主義組織ISILの指導者[3]カリフ(自称、イスラム社会を含め国際社会で承認する動きはない)。別名はアブー・ドゥアアラビア語: أبو دعاء‎)。

日本の公安調査庁のウェブサイトでは、2014年11月現在、アブ・バクル・アル・バグダディ・アル・フッセイニ・アル・クレシ(Abu Bakr al-Baghdadi al-Husseini al-Quraishi)と表記するとともに、本名としてイブラヒーム・アッワード・イブラヒーム・アリー・アル・バドリー・アル・サマッライ(Ibrahim Awwad Ibrahim Ali Al-Badri Al-Samarrai)の名を掲載している[4]

来歴[編集]

青年期[編集]

2004年6月4日のバグダーディー

1971年イラクサーマッラー生まれ。預言者ムハンマドの出身部族であるクライシュ族の血を引くブーバドリー族の出身[5][6]1994年から2004年までの10年間、バグダード西部のトブチで貧困生活を送っていた[7]

2013年7月にインターネット上で回覧された聖戦主義者フォーラムの記述によれば、バグダードのイスラーム大学(現在のイラク大学英語版)でイスラーム学の学士修士および博士号を取得している。一方で、取得したのは教育学の博士号だったという説もある[8]

元イラク副大統領のタリク・ハシミ英語版が得た情報によると、バグダーディーは2003年イラク戦争時にはバアス党の党員として活動していたとされる[9]が、モスクで聖職者をしていたとする説もある[10]

2004年2月にアメリカ合衆国に対する抵抗組織の設立に関与した容疑で拘束され、キャンプ・ブッカ英語版に収容される[11]。キャンプ・ブッカでの収容中に過激な思想の影響を受け、後のISILの主要メンバーとの人脈を築いたとされる[9]。12月に釈放されると、キャンプ・ブッカの仲間たちとともにアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーらの活動に加わる[11]。しかし、アメリカ陸軍のケネス・キング大佐は「バグダーディーは2009年まで収容されていた」と証言しているが、これを裏付ける記録は残っていない[12][13][14]。一方、イラク政府の公文書によると最初の妻との間に2000~08年にかけて息子2人、娘2人をもうけている[15]とされ、前述の拘束期間との間に整合性が取れない情報もある。

テロリスト[編集]

釈放後、2006年にはムジャーヒディーン諮問評議会に加わり、「イラク・イスラム国」ではアミール(指導者)のアブー・ウマル・アル=バグダーディーの下でウサーマ・ビン・ラーディンらアルカーイダ幹部との連絡役を務めていたという。アブー・ウマル・アル=バグダーディーが2010年に殺害されると、その後を受けて5月16日にアミールに就任し、同時に諮問評議会の幹部になった[11][16]

2011年5月、ビン・ラーディンが殺害されると声明を発表し、報復を宣言[17]。5月5日には2011年ヒッラ爆弾テロ事件英語版を引き起こし、死者24人、負傷者72人を出し、8月15日には自爆テロで70人殺害した[18]。その後、バグダーディーはウェブサイト上で「今後100の都市でテロを実行する」と表明[18]。これを受け、アメリカ合衆国国務省は10月4日、バグダーディーの拘束に繋がる有益な情報に対して1,000万ドル(約10億円)の報奨金を支払うと発表した[19][20]が、アメリカ軍のイラク撤退後にバグダードにて爆弾テロ事件英語版を引き起こし、60人以上の死者と160人以上の負傷者を出している[21]

自称カリフ[編集]

ISILが主張する支配領域

2013年4月8日、シリアの過激派組織アル=ヌスラ戦線との合併を宣言し、組織名を「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」と改称した[22]アルカーイダアイマン・ザワーヒリーは5月にISILの解散命令を出したが、バグダーディーは命令を無視してシリアへの介入を進め、シリア各地で残虐行為を働いたため、2014年2月にアルカーイダ側が「ISILとは無関係である」と発表し、アルカーイダと絶縁した[23]

6月29日、イラク・シリアにまたがるイスラム国家「イスラム国」の建国とカリフへの即位を宣言した[24]。「私はあなた方から支配権を担った。私はあなた方の中で最も優れているわけではない。私が正しい時には私を支援してくれ。私が悪かったなら私を正してくれ」「あなた方がアッラーとアッラーの使徒に従順であったように、私に従順であれ。私がアッラーとアッラーの使徒に逆らうような行為や態度を示すのなら、あなた方が私に従順である必要はない」と述べ、バグダーディーがシャリーアに従って行動する限り、支持するように呼びかけた[25]。しかし、「イスラム国」を国家承認する国家は存在せず、また、イスラム教を信奉する中東諸国・神学者・歴史学者からは「国家樹立は無効」と批判を浴びた[26][27]

11月8日、アメリカ合衆国及び有志国によるISILに対する空爆(生来の決意作戦)により、イラク北部のモースルにて死亡または負傷したとの報道がなされた[28]が、11月13日にISILからバグダーディー本人による音声メッセージが公表され生存が確認された[29]。メッセージの中でバグダーディーは、「ヨルダンレバノンを制圧し、パレスチナを解放する」と宣言した[29]。負傷後は、治療を受けるためシリアに移動したとされる[30]

モースルから逃亡するバグダーディーとトランプを描いたイランの反米宣伝カリカチュア

2015年1月20日、シリア人権監視団は、アメリカ空軍がイラク国境で実施した空爆でバグダーディーが負傷し、再びシリアに移動したと発表した[31]。4月21日、ガーディアンは3月18日に有志連合がイラク・シリア国境で実施した空爆で、バグダーディーが重傷を負ったと報道した[32]。負傷後はイスラエルの病院で治療を受け4月28日に死亡したと報じられた[33]が、5月14日にISILからバグダーディー本人による音声メッセージが公表された[34]。同月20日にはイラク大統領フアード・マアスーム共同通信記者との会見で、バグダーディーの容態について「有志連合の空爆で負傷したが、会話が出来ないほど深刻な状態ではない」と述べている[35]

12月26日、ISILは7か月振りにバグダーディー本人による音声メッセージを公表し、メッセージの中でイスラエルへの攻撃を示唆すると同時に、イスラム諸国による対テロ連合を主導したサウジアラビアを非難した[36]

2017年5月28日にシリアのラッカ近郊でISIL幹部の会合が行われたのを狙ってロシア軍が空爆を行い、その結果バグダーディーが死亡した可能性があると同国国防省が発表している[37]が、7月にアメリカのジェームズ・マティス国防長官やロシア政府自身がバグダーディーが死亡したとする情報に否定的な見解を示している[38][39]。9月28日にはシリアやイラクで戦う構成員を激励する、バグダーディー本人によるとされる録音メッセージがISIL系のメディアを通じて公開されたが、録音時期はわかっていない[39]

2018年に入っても、生存説が議論されてきたが[40]、2019年4月29日にインターネット上でバグダーディー本人とされる映像が公表された。

2018年頃から、アメリカやトルコ、イラクなどの関係者は、拘束した複数の幹部らからバグダーディーの所在に関する有力な情報を把握し始めた。この頃は、自身の居場所が検知されないよう、シリア北西部のイドリブ県などを転々とし、ぎっしりと野菜を積んで偽装したミニバスの車中で司令官らと組織の戦略について協議する状況にあった[41]

殺害[編集]

2019年10月26日にアメリカ軍のデルタフォースを含むエリート特殊部隊がシリア北西部イドリブ県ハーレム郡英語版バリシャ英語版において数週間監視下に置いていたバグダーディーに対する急襲作戦を行い、トンネル内に追い詰められたバグダーディーは自爆ベストを爆破させ、自分の子供3人を巻き添えに死亡した。15分後にDNA検査が行われ、バグダーディー本人であることが確認された。一連の作戦を映像で見守ったトランプ大統領は[42][43]翌27日にホワイトハウスでのテレビ演説で、バグダーディーの死亡を正式に発表した[44][45]

人物[編集]

デイリー・テレグラフは、10代の頃のバグダーディーは「暴力や過激思想とは無縁で、内気な宗教学者だった」と報じている[7]

ロイターによると、バグダーディーはイラク人の妻2人とシリア人の妻1人と結婚しているとされている[46]が、ガーディアンの報道では、2000年にサージャ・アル=ドゥレイミと結婚し、息子が1人いたが[7]ホムス県の火力発電所で交戦中に死亡した[47]。また、BBCの報道では、2014年にレバノンで拘束された4〜6歳と見られる少女は、バグダーディーの娘だとされている[48]。2019年10月にアメリカ軍に追い詰められた際には、自分の子供3人と共に最後を迎え、またこの軍事作戦により妻も死亡している[43]

2013年にシリア国内で拘束したアメリカ人女性、カイラ・ミューラー英語版(Kayla Mueller)を監禁、暴行、強姦して妻としていたとする証言が同時期に拘束されていたヤジディー教徒の少女から得られている。カイラ・ミューラーは脱出できないまま、2015年に行われた有志連合の爆撃に巻き込まれて死亡したものと推定されている。2019年、彼女の名前はバグダーディーを襲撃する作戦(カイラ・ミューラー作戦)の名前として用いられた[49][50]

2019年にアメリカ軍の作戦で死亡した際には、妻2人も同作戦に巻き込まれて死亡した。またトルコは翌月にかけてバグダーディーの姉と夫、バグダーディーの別の妻を拘束している[51]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Strange, Hannah. 'Islamic State leader Abu Bakr al-Baghdadi addresses Muslims in Mosul'. 5 July 2014. The Daily Telegraph , retrieved 2 March 2017
  2. ^ “Security Council Al-Qaida Sanctions Committee adds Ibrahim Awwad Ibrahim Ali al-Badri al-Samarrai to its Sanctions List” (プレスリリース), United Nations Security Council, SC/10405, (2011年10月5日), http://www.un.org/press/en/2011/sc10405.doc.htm 2014年7月20日閲覧。 
  3. ^ Wanted Abu Du’a Up to $10 MillionRewards for Justice(2013年8月2日閲覧)
  4. ^ 「イラクのアルカイダ」(AQI)”. 公安調査庁. 2015年2月4日閲覧。
  5. ^ 保坂修司 (2014年12月26日). “イスラム国 恐怖統治の実態”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/v4?id=isis0001 2014年12月26日閲覧。 
  6. ^ 世界はこのままイスラーム化するのか (幻冬舎新書) 島田 裕巳 (著), 中田 考 (著)
  7. ^ a b c Sherlock, Ruth (2014年11月11日). “How a talented footballer became world's most wanted man, Abu Bakr al-Baghdadi”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/iraq/10948846/How-a-talented-footballer-became-worlds-most-wanted-man-Abu-Bakr-al-Baghdadi.html 2014年12月27日閲覧。 
  8. ^ Beaumont, Peter (2014年6月12日). “Abu Bakr al-Baghdadi: The Isis chief with the ambition to overtake al-Qaida”. the Guardian. http://www.theguardian.com/world/2014/jun/12/baghdadi-abu-bakr-iraq-isis-mosul-jihad 2014年12月8日閲覧。 
  9. ^ a b “イスラム国「謎の指導者」 その過去は”. NHKニュース. (2015年1月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150101/k10014385981000.html 2015年1月2日閲覧。 
  10. ^ “Profile: Abu Bakr al-Baghdadi”. BBC News. (2014年7月5日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-27801676 2014年12月8日閲覧。 
  11. ^ a b c Martin Chulov (2014年12月11日). “Isis: the inside story”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2014/dec/11/-sp-isis-the-inside-story 2014年12月12日閲覧。 
  12. ^ McCoy, Terrence (2014年6月11日). “How ISIS leader Abu Bakr al-Baghdadi became the world's most powerful jihadist leader”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2014/06/11/how-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-became-the-worlds-most-powerful-jihadi-leader/ 2014年12月10日閲覧。 
  13. ^ Freeman, Colin (2014年6月11日). “Iraq crisis: the jihadist behind the takeover of Mosul - and how America let him go”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/iraq/10891700/Iraq-crisis-the-jihadist-behind-the-takeover-of-Mosul-and-how-America-let-him-go.html 2014年12月10日閲覧。 
  14. ^ Greenberg, Jon. “Actor James Woods: Obama ordered the release of Islamic State leader”. http://www.politifact.com/punditfact/statements/2014/aug/06/james-woods/actor-james-woods-obama-ordered-release-islamic-st/ 2015年2月24日閲覧。 
  15. ^ IS最高指導者の情報提供、報奨金倍増30億円に 米国務省 AFP通信(2016年12月17日)2016年12月25日閲覧
  16. ^ “Abu Bakr al-Baghdadi: Islamic State's driving force”. BBC News. (2014年7月31日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-28560449 2014年8月1日閲覧。 
  17. ^ Shadid, Anthony (2010年5月16日). “Iraqi Insurgent Group Names New Leaders”. The New York Times. http://atwar.blogs.nytimes.com/2010/05/16/iraqi-insurgent-group-names-new-leaders/?_php=true&_type=blogs&_r=0 2014年6月13日閲覧。 
  18. ^ a b “Terrorist Designation of Ibrahim Awwad Ibrahim Ali al-Badri” (プレスリリース), United States Department of State, (2011年10月4日), http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2011/10/174971.htm 2011年10月8日閲覧。 (webcitation)
  19. ^ Terrorist Designation of Ibrahim Awwad Ibrahim Ali al-Badriアメリカ国務省(2011年10月4日)2013年8月2日閲覧
  20. ^ イエメン武装勢力構成員 米が「テロブラックリスト」追加livedoor ニュース(2011年10月05日)2013年8月2日閲覧
  21. ^ Roggio, Bill (2011年12月27日). “Al Qaeda in Iraq claims Baghdad suicide attack, bombings”. The Long War Journal (Public Multimedia Incorporated (PMI)). http://www.longwarjournal.org/archives/2011/12/al_qaeda_in_iraq_cla_1.php 2011年12月29日閲覧。  (webcitation)
  22. ^ ISI Confirms That Jabhat Al-Nusra Is Its Extension in Syria, Declares 'Islamic State of Iraq And Al-Sham' As New Name Of Merged Group”. MEMRI (2013年4月8日). 2014年6月16日閲覧。
  23. ^ “シリアの武装集団ISILとは無関係、アルカイダがネットで声明”. Reuters. (2014年2月4日). http://in.reuters.com/video/2014/02/04/シリアの武装集団ISILとは無関係-アルカイダがネットで声明字幕・4日?videoId=276703720&videoChannel=200 2014年7月8日閲覧。 
  24. ^ Rana MOUSSAOUI (2014年6月30日). “シリアとイラクの武装勢力、イスラム国家樹立を宣言”. AFP. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3019144 2014年6月30日閲覧。 
  25. ^ アル=バグダーディー、自らの力を誇示Mardomsalari 2014年7月7日
  26. ^ “'They're delusional': Rivals ridicule ISIS declaration of Islamic state”. CBS News. (2014年6月30日). http://www.cbsnews.com/news/theyre-delusional-rivals-ridicule-isis-declaration-of-islamic-state 2014年7月4日閲覧。 
  27. ^ Strange, Hannah (2014年7月5日). “Islamic State leader Abu Bakr al-Baghdadi addresses Muslims in Mosul”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/iraq/10948480/Islamic-State-leader-Abu-Bakr-al-Baghdadi-addresses-Muslims-in-Mosul.html 2014年7月6日閲覧。 
  28. ^ “有志国連合がイラク北部で空爆、バグダディ師死亡の情報も”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年11月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/3031234 2014年11月9日閲覧。 
  29. ^ a b “Islamic State: 'Baghdadi message' issued by jihadists”. BBC News. (2014年11月13日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-30041257 2014年12月13日閲覧。 
  30. ^ “「イスラム国」指導者 シリアで治療と報道”. 日テレNEWS24. (2014年11月11日). http://www.news24.jp/articles/2014/11/11/10263120.html 2014年12月19日閲覧。 
  31. ^ Master. “Iraq: ISIS leader Baghdadi injured, stays in Syria”. Syrian Observatory For Human Rights. 2015年2月14日閲覧。
  32. ^ “イスラム国 バグダーディ指導者が空爆で負傷か 3月にと英紙、一時「生命の危機」”. イザ! (産経新聞). (2015年4月22日). http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/150422/wor15042208310008-n1.html 2015年4月25日閲覧。 
  33. ^ “ISIS Leader Al Baghdadi Dies in Israeli Hospital”. VETERANS TODAY. (2015年4月27日). オリジナルの2015年4月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/6AyPU 2015年4月29日閲覧。 
  34. ^ “「イスラム国」指導者が武装蜂起呼び掛け、負傷報道後初の声明”. ロイター. (2015年5月15日). http://jp.reuters.com/article/newsOne/idJPKBN0NZ2KS20150514 2015年6月16日閲覧。 
  35. ^ “バグダディ指導者「負傷」 「イスラム国」空爆で、イラク大統領が単独会見”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年5月21日). http://www.sankei.com/world/news/150521/wor1505210026-n1.html 2015年6月16日閲覧。 
  36. ^ “「イスラム国」指導者か 7カ月ぶり声明公開”. 日本経済新聞. (2015年12月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H0F_X21C15A2FF8000/ 2015年12月31日閲覧。 
  37. ^ “IS最高指導者、シリアで殺害か=バグダディ容疑者、ロシア空爆で”. 時事通信. (2017年6月16日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061600929 2017年6月16日閲覧。 
  38. ^ “マティス米国防長官、IS最高指導者の死亡説を否定”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2017年7月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3136651 2017年9月29日閲覧。 
  39. ^ a b “IS最高指導者の「肉声」公開 構成員に抵抗呼び掛け”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2017年9月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/3144790 2017年9月29日閲覧。 
  40. ^ IS最高指導者、生存か 空爆で負傷後、病院で治療中”. 朝日新聞 (2018年2月13日). 2018年5月27日閲覧。
  41. ^ 米軍急襲のIS指導者、側近が居場所特定の鍵に”. ロイター (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  42. ^ “IS最高指導者、米軍急襲で自爆 米大統領「最優先課題」達成”. ロイター. (2019年10月27日). https://jp.reuters.com/article/usa-trump-statement-idJPKBN1X606M 2019年10月28日閲覧。 
  43. ^ a b “IS最高指導者・最期の作戦「まるで映画」 トランプ氏が詳細明かす”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年10月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3251681 2019年10月28日閲覧。 
  44. ^ IS最高指導者のバグダディ容疑者死亡 米国が発表:朝日新聞デジタル”. web.archive.org (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  45. ^ “IS leader killed by US forces in Syria, Trump says” (英語). (2019年10月27日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-50200339 2019年10月27日閲覧。 
  46. ^ Bassam, Laila; Westall, Sylvia (2014年12月2日). “Lebanon detains wife of Islamic State leader”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2014/12/02/us-mideast-crisis-lebanon-baghdadi-idUSKCN0JG0HW20141202 2014年12月11日閲覧。 
  47. ^ IS最高指導者の息子死亡=シリア中部の作戦で時事通信 2018年7月4日
  48. ^ “Lebanon 'holding IS leader's daughter and ex-wife'”. BBC News. (2014年12月4日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-30330461 2014年12月8日閲覧。 
  49. ^ 米女性人道活動家、空爆で死亡ではなく「イスラム国」が殺害 逃亡した少女3人が証言”. christiantoday (2015年9月16日). 2019年10月29日閲覧。
  50. ^ IS急襲作戦名は米女性の名前、バグダディ容疑者の性的暴行被害者”. AFP (2019年10月29日). 2019年10月29日閲覧。
  51. ^ 「バグダディ容疑者の妻を拘束」トルコ大統領が発表”. 日本経済新聞 (2019年11月7日). 2019年11月16日閲覧。

関連項目[編集]