フアード・マアスーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアード・マアスーム
محمد فؤاد معصوم
Fuad Masum 2014.jpg

イラクの旗 イラク共和国
第四共和政第2代大統領
任期 2014年7月24日
副大統領 ヌーリー・マーリキー (2014年 - 15年)
ウサマ・アル=ヌジャイフィー (2014年 - 15年)
アヤード・アラウィー (2014年 - 15年)

イラクの旗 国民議会
初代議長
任期 2010年6月14日 – 2010年11月11日
元首 ジャラル・タラバニ大統領

任期 1992年7月4日1993年4月26日

出生 (1938-01-01) 1938年1月1日(79歳)
イラク王国の旗 イラク アルビール県コヤ
政党 イラク共産党 (1964年)
クルディスタン民主党 (1964年 – 1975年)
クルディスタン愛国同盟 (1975年 – )
配偶者 ルナク・アブドゥルワヒード・ムスタファ (1968年 – )
子女 シレーン
ジュワーン
ショワーン
ゾザーン
シーラーン
ヴェイアーン

ムハンマド・フアード・マアスームアラビア語: محمد فؤاد معصوم‎、1938年1月1日[1] - )は、イラクの政治家。2014年から、同国の第7代大統領を務める。クルド人のベテラン政治家で[2][3]、2014年の国会議員選挙後に大統領に選出された[4]。非アラブ系の大統領は前任のジャラル・タラバニに次いで2人目である。マァスームマスームとも表記される。

生い立ち[編集]

アルビール県コヤ市で、フラーマーン地方のハバネン村出身の一家のもとに生まれた[5]。18歳までイラクのクルディスタン地域のさまざまな宗教学校で学んだ後、バグダッド大学で法学とシャリーアを修めた[6]。1958年にはカイロに遊学し、アズハル大学で高等教育を修了した[7]。1968年にバスラ大学教授の職を得て[6]、1975年にはアズハル大学からイスラーム哲学の博士号を取得した[6]

政治家としての経歴[編集]

共産党時代[編集]

1962年、マアスームはイラク共産党に入党した。1964年にはシリアを訪れてシリア共産党書記のハリード・バクダシュと会談したが[5]、その際のバグダシュのクルド人に対する姿勢に幻滅し離党、クルディスタン民主党 (PDK) に加わった[8]

クルディスタン民主党時代[編集]

1968年の時点で、マアスームはPDKのバスラ代表であった。クルド革命期にはカイロに移り、1975年まで当地の代表を務めた[5]

クルディスタン愛国同盟時代[編集]

1976年、マアスームはクルディスタン愛国同盟 (PUK) の共同設立者に名を連ねた[8]。1992年にはクルディスタンの初代首相に就任した[8]。2003年の有志連合国によるイラク進攻後はクルディスタン代表団の一員としてバグダッドに戻り、憲法制定委員会の委員となった[5]。2010年には国民議会の初代議長となった[6]

大統領職[編集]

2014年、マアスームは国会でイラクの第7代大統領に選出された[9]。大統領の選出投票でマアスームは211票を獲得した一方、2009年10月から2012年4月までクルド自治区の首相を務め、マアスームの最大のライバルとなったバルハム・サリフはわずか17票に留まった[9][10]。次期大統領が選出されたとき、国際連合潘基文事務総長はイラクを訪れ、ヌーリー・マーリキー首相とより包括的な政府の必要性について会談していた[11]。マアスームはこの役職を受け入れ、大統領として負う彼自身の「重大な安全保障上、政治的、経済的な課題」について言及した[12]

8月26日、マアスームは新しい首相にハイダル・アバディを任命したが[13] 、マーリキーはこれを憲法違反であると主張した。マーリキーの持つ権力は衰えていたが、マーリキーは新首相の任命がイラク国外からもたらされた陰謀である以上、権力の座に留まることが自らの責務であると述べた[14]。マーリキーはこの件を連邦裁判所に訴え出て、「国を守るため、最後まで主張を貫く」と断言した[15]。しかし、世界各国の指導者や自らの政党のメンバーからかけられる圧力の高まりに直面して、2014年8月14日に退陣を表明し、アバディに首相職を明け渡した。

人物[編集]

ルナク・アブドゥルワヒードと結婚しており、シレーン(1969年生)、ジュワーン(1970年生)、ゾザーン(1977年生)、シーラーン(1980年生)、ヴェイアーン(1983年生)の5人の娘がいる。一人息子のショワーン(1973年 - 1988年)は病気のため夭折した[16]

脚注[編集]

  1. ^ Iraq President's biography
  2. ^ Michael M. Gunter (4 November 2010). Historical Dictionary of the Kurds. Scarecrow Press. pp. 208–. ISBN 978-0-8108-7507-4. http://books.google.com/books?id=DoNSXwb8D9EC&pg=PA208. 
  3. ^ PressTV – Iraq Kurds nominate Masum as next president”. Press TV. 2014年7月24日閲覧。
  4. ^ “Moderate Kurd leader elected as Iraq president”. Iraq Sun. http://www.iraqsun.com/index.php/sid/224095839/scat/c31d0aaa23b24a75/ht/Moderate-Kurd-leader-elected-as-Iraq-president 2014年7月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d Who is Fuad Masum, the President of Iraq?”. 2014年7月24日閲覧。
  6. ^ a b c d Who is Fuad Masum, the new Iraqi President?”. BBC. 2014年7月24日閲覧。
  7. ^ Talabani's old time friend becomes candidate for Iraqi President | BAS NEWS”. Bas News. 2014年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月24日閲覧。
  8. ^ a b c Who is the new Iraqi president, Fuad Masum Hawrami?”. 2014年7月24日閲覧。
  9. ^ a b Iraq selects senior Kurdish politician Fuad Masum president”. World Bulletin (2014年7月24日). 2014年7月25日閲覧。
  10. ^ Iraq parliament elects Fuad Masum president: speaker”. InterAksyon (2014年7月24日). 2014年7月25日閲覧。
  11. ^ Iraq gets new president in Fuad Masum, UN chief Ban Ki-moon seeks more urgency”. The Times of India (2014年7月25日). 2014年7月25日閲覧。
  12. ^ Iraq elects Fuad Masum as president”. The Hindu (2014年7月25日). 2014年7月25日閲覧。
  13. ^ Madi, Mohamed (2014年8月11日). “Profile: Haider al-Abadi, Iraqi PM in waiting”. BBC. http://www.bbc.com/news/world-middle-east-28748366 2014年8月12日閲覧。 
  14. ^ Morris (2014年8月13日). “Maliki asserts ‘duty’ to cling to power in Iraq; Iran’s supreme leader weighs in”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/world/middle_east/maliki-asserts-duty-to-cling-to-power-in-iraq-irans-supreme-leader-weighs-in/2014/08/13/af649782-22dd-11e4-8593-da634b334390_story.html 
  15. ^ “Iraq's Incumbent PM Nouri Al-Maliki Grows More Isolated As He Clings To Power”. Huffington Post. (2014年8月13日). http://www.huffingtonpost.com/2014/08/12/iraq-maliki-isolated_n_5671154.html 2014年8月14日閲覧。 
  16. ^ Who is Dr. Fuad Masum? | Iraqi Dinar News Today”. Iraqi Dinar News Today. 2014年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月24日閲覧。
公職
先代:
ジャラル・タラバニ
イラクの旗 イラク大統領
2014年 - 現職
現職
先代:
(創設)
Flag of Kurdistan.svg クルディスタン地域首相
1992年 – 1993年
次代:
コスラト・ラスル・アリ
議会
先代:
アヤード・アル=サマーライー
イラクの旗 国民議会議長
2010年
次代:
ウサマ・アル=ヌジャイフィー